お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

CT(歯科用)による診断について|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

CT(歯科用)による診断について

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

当院では「歯科用CT」を導入しております。

ここ何年かで急速に普及してきている歯科用CTですが、現在ではこれがないと治療に踏み切れないことが多いというくらい、診査・診断に必要なものとなっております。

以前もこのブログでお話した「親知らずの抜歯(特に下の親知らず)」や「インプラント処置」のほかにも「歯周病の状態の確認」、「根っこの先の膿の病気の大きさの確認」などいろいろなところで役立っております。

普通のレントゲン写真では二次元の情報しか得ることができません。
虫歯治療であればこの情報だけで治療を進めることも可能ですが、歯科治療は「歯」だけの治療ではありません。
「歯」を支える「あごの骨」の状態や、「骨の中にできた膿の大きさ」をはっきりと確認するにはどうしても普通のレントゲンでは限界があります。

そこでちからを発揮するのが「CT」です。
CTは三次元で情報を得ることができるので、普通のレントゲン写真では見えないところも見ることができるのです。
普通のレントゲンでは小さな膿の病気にしか見えなかったが、CTで確認したらものすごく広範囲に渡って骨が溶かされていたなんていうことも結構あるのです。

ふかい歯科クリニックでは「患者様の歯をできるだけ残すこと」を理念としていますが、ただやみくもに全ての歯を残す治療を行うわけではありません。
レントゲンやCTを使ってきちんと審査・診断をおこなったうえで「残せる」と判断した場合は全力で残す治療をおこないますが、残念ながら「残せない」とか「今は残せたとしても長くはもたない」と判断した場合には患者様に説明したうえで抜歯を選択することもあります。

「何ヶ月も根の治療をしたうえに結局その歯を抜かれた」というような経験をされたかたも少なからずいると思います。
そういった「無駄な治療」をしないためにもCTによる診断は有効になります。

ふかい歯科クリニックでは治療前の診査・診断にとくにちからを入れております。