お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

タバコはなぜ歯周病に悪いと言われるのでしょうか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

タバコはなぜ歯周病に悪いと言われるのでしょうか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

歯周病において、喫煙者と非喫煙者とを比較したデータを紹介します。
喫煙者の場合、非喫煙者に比べて歯周病になるリスクが5倍以上高まります。
喫煙者の場合、非喫煙者に比べて歯肉の老化が著しく、実年齢より10年以上も老化しています。
これらのデータから分かることは、タバコがいかに歯周病に悪影響を及ぼしているかということです。
最も、単にデータだけでは実感しにくいため、具体的にどう悪影響を及ぼすのかを考えていきます。

1. 歯周病に気付けない

歯周病は痛みなどの自覚症状はないものの、歯肉の腫れや出血など、
歯周病であることを予感させる兆候はいくつか確認できます。
しかし、タバコを吸うことでそんな兆候を見逃しやすくなってしまうのです。

これは、タバコを吸う人は炎症の症状が少ないという特徴があるからです。
このため、タバコを吸っていると上記で挙げたような歯肉の腫れや出血が見た目では分かりません。
こうして歯周病の兆候が目立たなくなることで、自身が歯周病であることに気付けないのです。

2. 歯周病になりやすくなる

歯周病になりやすいというよりは、病気になりやすいと表現した方が的確です。
タバコを吸うと身体の免疫力が低下するため、病気になりやすい体質になってしまいます。
ちなみに、歯周病も細菌の感染によって引き起こされる病気の一つです。

免疫力の低下と聞くと「風邪を引きやすい」、「病気になりやすい」とイメージしますが、
歯周病もまた一つの病気のため、免疫力が低下することは歯周病になりやすいことにもなるのです。
タバコを吸うことによる免疫力の低下は、身体だけでなく口腔内にも影響するのです。

3. プラークや歯石が付着しやすくなる

プラークや歯石の中には無数の細菌が潜んでおり、歯周病を引き起こす歯周病菌もこの中に存在します。
ちなみに、プラークとは歯の表面についたヌルヌルで、時間が経つことで石灰化して歯石へと変化します。
プラークは誰の歯にも付着しますが、タバコを吸うことでより付着しやすくなってしまうのです。

これは、タバコを吸うことで歯にタールが付着することが関係してきます。
歯にタールが付着した状態になると、プラークもまた付着しやすくなるという特徴があるからです。
そして、プラークや歯石が付着することは、それだけ歯周病になるリスクを高めることになるのです。

4. 治癒が遅くなる

タバコの煙には一酸化炭素が含まれており、これが組織への酸素の供給を妨げます。
また、ニコチンは血管を収縮させるため、これによって栄養が行き届きにくくなります。
つまり、タバコを吸うことで口腔内が栄養不足の状態となり、治癒の早さに影響してくるのです。

具体的には傷が癒えにくくなり、治療してもなかなか治らない、
治ったとしても再び歯肉の状態が悪くなってしまうことが多いのです。
最も、「治療しても治らない」ではなく「治るのが遅い」という意味なので、治療することは必要です。

5. 将来への影響

タバコを吸うことは歯周病を引き起こしやすくなり、さらに治りも遅く、進行も早める要因になります。
つまり、タバコは歯周病の天敵といえるほど様々な悪影響があるのです。
それが最もよく実感できるのが、将来の歯の残本数です。
喫煙者と非喫煙者を比較した場合、喫煙者の歯の残本数は非喫煙者に比べてデータでは3本も少ないのです。

歯周病の進行で歯が失われることを考えると、
喫煙するとしないとでは将来の歯の残本数に影響してくることは明らかです。
さらに言えば、歯を失った時の対処としてインプラント治療が挙げられますが、
タバコを吸うことで傷の治りが遅いため、いざインプラント治療を行う際にも支障が出てしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、タバコはなぜ歯周病に悪いのかについてまとめます。

  1. 歯周病に気付けない :喫煙すると歯肉の腫れや出血が抑えられ、歯周病の兆候に気付きにくい
  2. 歯周病になりやすくなる :喫煙すると身体の免疫力が低下するため、歯周病にもなりやすくなる
  3. プラークや歯石が付着しやすくなる :タールが原因でプラークや歯石が付着しやすくなる
  4. 治癒が遅くなる :ニコチンなどによって充分な栄養が供給されず、傷の治りも遅くなってしまう
  5. 将来への影響 :喫煙者と非喫煙者とでは、将来の歯の残本数に明らかな違いがある

これら5つのことから、タバコはなぜ歯周病に悪いのかが分かります。
何が悪いかといえば、全てというのが答えです。免疫力の低下などで歯周病になりやすくなり、
ニコチンなどによって治りも遅くなり、歯周病自体の進行も早まってしまうのです。

逆に言えば、タバコを吸わないことで歯周病になりにくく、
さらにはなったとしても普通に治療できる上、進行を遅くすることもできるわけです。
その点では、タバコを吸わないことも歯周病対策として有効だと言えますし、
いくら口腔内をケアしていても、タバコを吸うだけで歯周病のリスクを高めてしまうのです。