お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病と虫歯の違いって何ですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病と虫歯の違いって何ですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

歯周病と虫歯の違いを挙げるなら、症状や治療方法が違うのは言うまでもありません。
ただし、何がどう違うのかとなるとそこまで詳しく知らないという人も多いでしょう。
症状を知ることはその病気の怖さを知ることであり、怖さを知ることは予防意識を高めることに繋がります。
そこで、ここでは歯周病と虫歯の具体的な違いについて分かりやすく説明していきます。

歯周病の症状

歯周病になると歯肉が炎症を起こし、それが腫れや変色となってあらわれます。
また、歯と歯茎の溝のことを歯周ポケットと呼びますが、歯周病になることでこれが深くなっていきます。
深まった溝には細菌が繁殖して溜まり、これが口臭をもたらす要因にもなります。

さらに症状が進行すると、歯肉の腫れだけでなく顎の骨が溶かされてしまいます。
顎の骨は歯を支える役割を持っているため、顎の骨が溶けることは歯が支えを失うことを意味します。
当然歯は不安になってグラつくようになりますし、最終的には歯は抜け落ちてしまうのです。

虫歯の症状

虫歯になると、虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされていきます。
歯の表面が虫歯菌に侵された初期段階では痛みはないものの、
虫歯菌が進行して象牙質にまで達すると痛むようになり、多くの人がこの時点で虫歯に気付きます。

また、ここで治療を行わないと痛みは激痛に変化します。これは、神経が虫歯菌に侵されたせいです。
神経を破壊しても進行はまだ続き、ついには顎の骨や血液中にまで虫歯菌が侵入してしまいます。
顎の骨に侵入すると炎症を起こして膿みを出し、血液中に侵入することで全身に虫歯菌が回ります。

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は、進行の度合いによって大きく異なります。
初期段階であればプラークや歯石を除去して細菌を取り除き、口腔内を綺麗にすることで歯周病は治ります。
また、患者さん自身もプラークコントロールできるよう正しい歯磨きの仕方も指導します。

一方、歯周病がある程度進行するとこれだけでは完治できず、場合によっては歯肉を切開することもあります。
これは歯周外科手術と呼ばれるもので、中期段階や重度段階の歯周病において必要な治療です。
ただし、重度の段階になると治療不可となる場合もあり、その際は抜歯しなければなりません。

虫歯の治療方法

虫歯の治療方法は、ほとんどの人が「削って詰め物を入れる」というイメージを持っているでしょう。
確かにそれは正解ですが、完全な初期段階なら削らずに治療することも可能です。
また、削ると痛いイメージもあるでしょうが、象牙質まで進行していなければ例え削っても痛みはありません。

虫歯の治療も歯周病同様に、進行の度合い次第で治療内容は大きく変わります。
仮に虫歯菌が神経まで進行していれば、その際は削るだけでなく神経の除去や消毒も必要です。
余程初期段階であれば別ですが、虫歯は治療しない限り自然に治ることはありません。

歯周病の自覚症状

歯周病は痛みのような分かりやすい自覚症状がありません。
この点だけ見ると虫歯に比べて気楽に思えますが、
自覚症状がないということは自身が歯周病であることに気付きにくいということにもあるのです。

最も、歯周病も全く自覚症状がないわけではありません。初期段階では歯肉の腫れや変色が起こりますし、
口腔内に細菌が増殖していることでそれが口臭となってあらわれます。
中期段階になれば歯茎が退縮して歯が長くなったように見えますし、歯もグラつくようになるのです。

虫歯の自覚症状

最も分かりやすい自覚症状は痛みで、これを感じた時には少なくとも象牙質まで虫歯菌が進行しています。
また、同じくらいの時期では熱いものや冷たいものがしみるようになります。
本来歯は刺激に敏感なのですが、歯の表面のエナメル質が歯を刺激から守っているのです。

しかし、虫歯菌が進行したことでエナメル質に穴があき、刺激に敏感な象牙質が露出してしまうのです。
このため、熱いや冷たいといった刺激に過剰に敏感になり、それが痛みやしみを生むのです。
さらに痛みの度合いにも変化があり、痛みが激痛に変化した時は神経が虫歯菌に侵されたことを意味します。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の違いについてまとめます。

  1. 歯周病の症状 :歯肉が炎症を起こし、やがて顎の骨が溶かされて歯が抜け落ちてしまう
  2. 虫歯の症状 :歯が溶かされて象牙質や神経まで虫歯菌に侵される。最終的には血液にも虫歯菌が回る
  3. 歯周病の治療方法 :基本はプラークや歯石の除去。進行の度合い次第では歯周外科手術を行う
  4. 虫歯の治療方法 :初期段階なら削らずに治療可能。進行の度合い次第では神経の除去や消毒が必要
  5. 歯周病の自覚症状 :歯肉の腫れ、変色、口臭がする、歯が長くなったように見えるなどがある
  6. 虫歯の自覚症状 :痛み、熱いものや冷たいものがしみるなどがあり、痛みはやがて激痛に変化する

これら6つのことから、歯周病と虫歯の違いが分かります。
症状から治療方法まで歯周病と虫歯の違いをズラリと挙げていきましたが、これらには共通点もあります。
その一つが予防方法で、どちらも毎日と歯磨きと歯科医院での定期検診が最大の予防策になるのです。

歯の病気は全身の病気と違ってどうしても軽視されがちです。
このため、「たかが虫歯」、「たかが歯周病」と思っていた人もいるかもしれません。
しかし、どちらも進行すると痛み程度では済まないほど深刻な事態を招く怖い病気です。