お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

今回は歯周病をテーマにしたお話をしていきます。
歯の病気と言えば虫歯を真っ先に連想しがちですが、現状で深刻なのは意外にも歯周病の方です。
日本人の成人のおよそ7割が歯周病を持っていると言われていますし、
歯を失う要因として常にトップに君臨しているのも歯周病なのです。
そこで、歯周病は実際にどんな症状が起こるのかを説明し、誰もが気にする痛みについても触れていきます。

痛みの有無と自覚症状

歯周病になっても痛みはなく、これは進行した場合も同じです。
痛みがないことは苦痛がない点で気楽なものの、自覚症状に乏しくなるという問題を生みます。
虫歯の場合、歯が痛むことで「自分は虫歯」だと気付きます。
しかし、歯が痛まなければ虫歯だと気付かず、知らず知らずの間に虫歯が進行してしまう結果になるでしょう。

歯周病はこの悪い例どおりのことが起こりやすく、明確な自覚症状がない分歯周病だと自覚しにくいのです。その結果、気付いた時には重度の段階になっていたというケースは珍しくありません。
ただし、一切何の自覚症状もないというわけではなく、「口臭がする」、「歯磨きや食事で歯肉から出血する」、
「歯肉が腫れている」、「歯が長くなって見える」などの細かい自覚症状はあります。

初期段階の症状と治療

初期段階の歯周病は歯肉が腫れて変色します。綺麗なピンクの歯肉が赤や紫に変色するため、
普段鏡を見る機会の多い人なら異変に気付くでしょう。痛みはないので日常生活に支障はないものの、
細菌の増殖や歯肉から出る膿みなどによって口臭がするようになってしまいます。

この時の治療方法は簡単です。細菌が潜むプラークや歯石を除去して口腔内をクリーニングし、
患者さんにも正しい歯磨きの方法を指導してプラークコントロールをしてもらう、これだけで治ります。
初期段階の歯周病ならこのように簡単な治療で終えることができるものの、
目立つ自覚症状がないことでこの時点で歯周病だと気付きにくいのが問題です。

中期段階の症状と治療

歯周病になると顎の骨が溶かされてしまいますが、中期段階になるとそれが症状としてあらわれます。
顎の骨は歯の根の骨でもあり、言わば歯にとって支えの役割を果たす骨なのです。
その骨が溶かされることで歯は不安定になり、グラつきや動くといった症状をもたらします。

また、顎の骨が溶かされるとその影響で歯肉が退縮する傾向があるため、
歯肉が全体的に下がってきて歯の根元が露出します。このため、歯が長くなったように見えるのです。
この段階の治療も基本はプラークや歯石の除去と、患者さんによるプラークコントロールです。
ただしそれだけでは症状が治まらないこともあり、その場合は歯肉を切開する歯周外科手術を行います。

重度の症状と治療

重度になると顎の骨は大量に溶かされてしまうため、歯はグラつくどころか抜け落ちてしまいます。
冒頭で「歯周病は歯を失う要因のトップ」とお話し点から分かるとおり、
現状たくさんの人が歯周病を重度の段階まで進行させてしまっているのです。

この段階になると、治療したとしても歯を残せると断言することはできません。
状態次第では抜歯が必要になりますし、溶かされた顎の骨の再生や失った歯の対処など、
全く別の治療も考えなければなりません。また、治療期間も1年以上と相当長くなってしまいます。

予防方法

歯周病を予防するのに必要なことは毎日の歯磨きはもちろんですが、
それだけでなく歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけることです。
と言うのも、歯科医院の定期検診は歯周病対策においていくつか利点があるからです。

まず、歯磨きでは除去できない歯石も除去できる点で、口腔内をより清潔に保てます。
さらに、自覚症状が乏しいことで気付きにくい初期段階の歯周病も、
定期検診を受けていれば確実に発見して治療できるのです。
これらの点から、歯周病予防や発見を徹底するなら歯科医院の定期検診は欠かせないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の痛みの有無と症状についてまとめます。

  1. 痛みの有無と自覚症状 :歯周病に痛みはないが、それは自覚症状に乏しくて気付きにくい問題でもある
  2. 初期段階の症状と治療 :歯肉が腫れて変色する。プラークや歯石の除去などで治療可能
  3. 中期段階の症状と治療 :歯がグラつくようになり。状態次第では歯肉を切開する歯周外科手術が必要
  4. 重度の症状と治療 :歯が抜け落ちる。治療しても歯を残せるとは限らず、抜歯に至ることもある
  5. 予防方法 :毎日の歯磨きだけでなく歯科医院で定期検診を受けるべき。症状の早期発見にも繋がる

これら5つのことから、歯周病の痛みの有無と症状について分かります。
虫歯のように痛みがないことから、どうしても歯周病は軽視されがちです。
しかし、歯周病は進行することで歯を失ってしまう怖い病気です。

自身の歯を守るためには徹底的に予防しなければならないですし、
もし歯周病になってしまっても初期段階で確実に発見して治療しておくことが大切です。
このため、歯周病対策においては歯科医院の定期検診を受けることが重要なポイントになるのです。