お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病はどうやって治すのでしょうか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病の治療方法」です。
歯科関連においては、症状よりも治療方法が気になるという人の方が多いでしょう。

治療方法を知っておけば、いざ歯科医院に行った時も余計な緊張をしなくてすみますし、
何より口をあけている時にどんな治療を行っているか知りたい気持ちもあるでしょう。
そこで、ここでは歯周病の治療方法について説明していきます。

1. 初期段階の治療

初期段階の歯周病なら、口の中を綺麗にして細菌を除去することで治せます。
具体的にはプラークや歯石の除去、さらには患者さんによるプラークコントロールです。
プラークコントロールというのは口の中のプラークを除去することで、簡単に言えば歯磨きです。

ただし、単に歯磨きするだけでは充分なプラークコントロールにならず、歯周病を治すことはできません。
このため歯科医が正しい歯磨きの方法を指導して、より精度の高い磨き方を患者さんに教えます。
それにあわせてデンタルフロスなども使用し、口の中の清潔の維持を目指します。

2. 中期段階の治療

やはり基本はプラークや歯石の除去、患者さんによるコントロールです。
ただし、中期段階まで進行するとこれらだけでは完治しないこともあるのです。
その場合、歯肉の切開をする歯周外科手術を行います。

初期段階と比べると、歯周外科手術を行うか行わないかだけの違いに思えます。
確かに治療方法だけで言えばそのとおりなのですが、そもそも歯周外科手術が大掛かりな治療になります。
また、治療期間においても初期段階なら約2ヶ月なのに対して、中期段階だと3ヶ月~1年ほどになります。

3. 重度段階の治療

治療方法そのものは中期段階とそうは変わりません。
プラークや歯石の除去、患者さんによるプラークコントロール、さらには歯周外科手術も行います。
問題は歯を残せるかどうかで、状態次第ではこれらの治療を行っても歯が残せない可能性があるのです。

あくまで歯科医の判断になりますが、その場合は抜歯することになります。
抜歯後は義歯や仮歯で対処できますが、天然の歯を同じ感覚を取り戻したいならインプラント1択でしょう。
ただしインプラントは治療費も高額ですし、だからと言って入れ歯だと天然の歯とは程遠くなってしまいます。
ちなみに治療期間も長く、重度段階の場合は完治までに1年以上掛かることもあります。

4. 歯周病の予防方法

最終的に歯を失ってしまう…そんな歯周病の怖さを知ると、今度はどう予防するかが気になってきます。
歯周病予防の基本は歯磨きでプラークを除去することですが、それだけでは不充分です。
目に見えないプラークを全て除去するのは難しいですし、歯石にあるといくら磨いても除去できません。

このため、毎日の歯磨きに加えて歯科医院で定期検診を受けることをおすすめします。
定期検診では口の中のクリーニングを行うため、プラークだけでなく歯石も除去できます。
また、仮に歯周病になってしまったとしても、初期段階で発見できるため簡単な治療ですむのです。
理想は3ヶ月に1回、それが無理なら半年や1年に1回受けるだけでも大きな効果があります。

5. 最先端の歯周病治療

ここでは一般的な歯周病治療を説明してきましたが、
中には最先端の治療方法を導入している歯科医院もあります。
例えば、歯周病によって溶かされた顎の骨を再生させることができるエムドゲインや、
退縮して下がった歯肉を再生させる歯肉移植といった治療方法もあるのです。

歯周病になった場合、大抵の人は虫歯と同じで一般歯科で治療を受けます。
しかし、歯科医の資格の中には歯周病専門医というものもあるのです。
歯周病専門医がいる歯科医院で治療を受ければ、
従来の歯周病よりも高度な治療を受けられますし、高いレベルの歯科医による治療を受けられます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の治療方法についてまとめます。

  1. 初期段階の治療 :プラークや歯石の除去、患者さんによるプラークコントロール
  2. 中期段階の治療 :初期段階の治療に加え、必要であれば歯周外科手術も行う
  3. 重度段階の治療 :治療方法は中期段階までとほぼ同じ。状態によっては抜歯が必要になることもある
  4. 歯周病の予防方法 :歯科医院で定期検診を受けるのがおすすめ
  5. 最先端の歯周病治療 :歯科医の中には、歯周病専門医の資格を所持している医師もいる

これら5つのことから、歯周病の治療方法が分かります。
治療方法の基本は口の中のクリーニングがメインですし、歯周病自体にも痛みなどはありません。
そのせいか、歯周病は虫歯に比べて軽視する人が多いのです。

しかし、歯周病は顎の骨を溶かして歯を失くす怖い病気ですし、若い人でも歯周病にはなり得ます。
実際に日本人の成人の7割が歯周病だといわれていますし、歯を失くす要因の1位も歯周病なのです。
このため歯周病に対してもっと危機感を持ち、
治療方法はもちろん予防方法にも目を向けなければならないのです。