お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病はどのように予防するのでしょうか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病はどうやって予防するのか」です。
日本人が歯を失う要因、そのトップに長年君臨しているのが歯周病です。

つまり、歯を守るためには歯周病をいかに予防できるかが重要になってきます。
とは言え、歯周病を予防できている人は少なく、実に日本人の成人の7割が歯周病と言われているのです。
そこで、ここでは歯周病を予防するための方法をいくつか紹介していきます。

1. 歯周病とは

そもそも歯周病とはどんな病気かを説明しておきます。歯周病は歯の周り、すなわち歯肉の病気です。
プラークや歯石に含まれる歯周病菌に感染することで引き起こされ、歯肉に炎症を起こさせます。
そして、進行することで徐々に顎の骨を溶かしていくのです。
ちなみに顎の骨は歯を支える役割を果たしており、顎の骨が溶けることは歯が支えをなくすことを意味します。

歯周病が進行すると歯が抜けると言いますが、これは顎の骨が溶かされたことで歯が抜け落ちるからです。
歯が抜けるという点から高齢の人がなる病気に思われがちですが、
口の中の状態次第では若い年代でも歯周病になりますし、子供ですら例外ではないのです。
正確に言うなら、歯肉と歯がある時点でその人は歯周病になる条件を満たしているわけです。

2. 歯磨きで予防する

虫歯と同じで、歯周病の予防の基本は毎日の歯磨きです。
そもそも歯周病を引き起こす歯周病菌はプラークに潜んでいますし、
歯磨きによってこれを完全に除去できれば歯周病は防げます。
しかし、実際に歯周病になる人が多いことから分かるように、歯磨きだけでは予防は難しいのです。

まず、目に見えないプラークを完全に除去すること自体が難しいことです。
また、プラークは時間が経つと石灰化して歯石へと変化します。
そして、歯石になってしまうと歯磨きでは除去できないのが問題です。
このため、歯磨きは歯周病予防のあくまで基本と捉えておき、さらなる予防策を実践することが必要です。

3. 定期検診を受けて予防する

完全に歯周病を予防しようと思うなら、ぜひ歯科医院の定期検診を受けてください。
定期検診では口の中のチェックとクリーニングを行います。
このクリーニングによってプラークはもちろん、歯磨きでは対処できない歯石も除去できます。
また、口の中をチェックすることで仮に歯周病になってしまっても初期段階で発見することができるのです。

さらに毎日の歯磨きの精度を高めるため、正しい歯磨きの方法の指導も行います。
口の中をクリーニングしてプラークや歯石を除去する、口の中をチェックして歯周病をいち早く発見する、
正しい歯磨きの方法を知ることでより効果的な歯磨きができる、定期検診を受けることでこの全てが叶います。
ちなみに、歯科医院で定期検診を受けることは虫歯予防にも効果的です。

4. 生活習慣を改善して予防する

歯周病は生活習慣病と呼ばれる一面も持っています。
日常生活が原因で歯周病が直接引き起こされることはないものの、
歯周病になりやすい、悪化しやすい身体になり得ることは確かです。
と言うのも、歯周病は細菌によって感染する病気ですし、予防するには身体の免疫力も重要です。

そんな中、日常生活でストレスや疲れを溜めてしまえば身体の免疫力は低下します。
身体の免疫力が低下すれば細菌にも感染しやすくなるため、当然歯周病にもなりやすいのです。
また、日常生活に関してもう1つあげると、タバコを吸うことも歯周病の引き金になります。
喫煙者はプラークが付着しやすく、歯周病になるリスクが非喫煙者の5倍ほども高くなるのです。

5. 歯周病は人にうつる

説明の中で何度も出てきましたが、歯周病は細菌の感染によって起こる病気です。
と言うことは、歯周病は風邪と同じで人から人にうつってしまうこともあるのです。
正確には「歯周病がうつる」ではなく、「歯周病菌がうつる」と表現した方が的確ですね。
具体的には歯周病菌は唾液を介してうつるため、それに該当する行為は要注意です。

例えば食器の共用や口うつしの食事で唾液が混ざりますし、その点で考えれば母子感染もあり得ます。
また、恋人同士のキスでも歯周病菌がお互いの口の中を行き来することになります。
このため、今回紹介した歯周病の予防方法はできるだけ家族や恋人と一緒に実践してください。
お互いが完全に予防できれば、こうした行為の際に歯周病をうつしあってしまう心配もなくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病はどうやって予防するのかについてまとめます。

  1. 歯周病とは :歯周病菌によって引き起こされる。歯肉に炎症を起こして顎の骨を溶かしてしまう
  2. 歯磨きで予防する :予防の基本。プラーク全てを除去するのは難しいので、他の予防方法とあわせるべき
  3. 定期検診を受けて予防する :歯磨きで対処できない歯石も除去できる。初期段階の歯周病も発見できる
  4. 生活習慣を改善して予防する :ストレスや疲れで身体の免疫力が低下すると、歯周病になりやすくなる
  5. 歯周病は人にうつる :唾液を介して歯周病菌は人にうつる。家族や恋人同士で一緒に予防するといい

これら5つのことから、歯周病はどうやって予防するのかが分かります。
歯周病を予防するためには、ここで挙げた予防方法を複数実践するのが効果的です。
特におすすめなのは定期検診を受けることで、丁寧な歯磨きと定期検診を欠かさなければ、
それだけ歯周病になるリスクは激減するでしょう。