お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯を失う原因の1位が歯周病ってホント?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯を失う原因の1位が歯周病ってホント?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯を失う原因の1位が歯周病なのは本当なのかについて」です。
日本人の歯を失う原因、その1位は圧倒的な割合で歯周病だと言われています。

歯を失う原因はいくつかあるものの、それらと比較にならないくらい歯周病で歯を失う人が多いのです。
そうなると、今度はなぜ歯周病で歯を失う人がそんなに多いのかが気になってくるでしょう。
そこで、実際に歯周病で歯を失う人が多い原因について考えていきます。

1. 歯周病で歯を失う理由

そもそもなぜ歯周病になると歯を失うのかを最初に説明しておきます。歯周病は文字どおり歯の周り、
つまり歯肉の病気であり、歯肉に炎症を起こして顎の骨を溶かす症状をもたらします。
さてここで顎の骨という部位が登場しましたが、この顎の骨は歯を支える役割を担っているのです。

言わば家で例えれば柱を埋める土台とイコールであり、
顎の骨が溶けることはこの例で言えば土台を失うことになるのです。
当然柱は不安定になって崩れてしまい、歯もこれと同じで支えを失うことで抜け落ちてしまうのです。

2. 早期治療が難しい

歯周病で歯を失うことにはなるものの、あくまでそれは歯周病が進行した場合の話です。
つまり、初期段階で歯周病を発見して治療すれば歯を失うような事態にはならないのです。
しかし、歯周病はそのように初期段階で発見して早期治療することが難しいのです。

なぜなら初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がなく、虫歯の痛みのような分かりやすい症状がありません。
このため自身が歯周病であることに気づきにくく、知らない間に重症化しているケースが多いのです。
重症化してから治療を受ける人が多い分、治療不可となって歯を失ってしまう事態に至るのです。

3. 危機感を持つ人が少ない

歯周病は虫歯に比べて軽視されやすく、危機感を持つ人が少ないというのも問題です。
そこまで歯周病が軽視されがちな理由は2つあります。
1つは、歯周病は歯を失う病気であることから高齢の人だけがなる病気と勘違いしやすいことです。

歯周病は歯肉と歯があれば起こり得る可能性があるため、大人はもちろん子供でさえも注意が必要です。
もう1つの理由は痛みがないことです。虫歯のような痛みがない分、積極的に治療を受ける人が少ないのです。
これら2つの理由から歯周病に危機感を持つ人が少なく、多くの人が歯周病を重症化させてしまうのです。

4. 予防が不充分

歯周病の予防には歯磨きが効果的ですが、それはあくまで基本です。
これは虫歯にも言えることですが、完全に予防するなら歯科医院の定期健診は欠かせません。
定期健診ではブラッシングでは除去できない歯石もとってもらえますし、口の中の状態もチェックします。

これによって予防効果はもちろんですが、初期段階の歯周病も発見することができます。
また正しい歯磨きの方法も指導してもらえるため、ブラッシング効果を高めることもできるのです。
3ヶ月、もしくは半年に1回の割合で受ければこの上ない歯周病予防になるでしょう。

5. 日常生活の中でも進行する

歯周病は生活習慣病とも言われており、日常生活の中では歯周病に影響することが多々あります。
例えば、喫煙する人はそれだけで歯周病になるリスクが5倍以上も高まり、
さらに歯周病自体も重症化しやすいというデータが明らかになっています。

また、疲労やストレスの蓄積も身体の免疫力が低下するため、歯周病を引き起こしやすくなる要因になります。
つまり、歯周病は単に口の中を綺麗にすれば予防できるわけではないのです。
その点から考えると、いかに歯周病が身近な病気なのかが分かります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失う原因の1位が歯周病なのは本当なのかについてまとめます。

  1. 歯周病で歯を失う理由 :顎の骨が溶かされることで歯が支えを失い、抜け落ちてしまう
  2. 早期治療が難しい :初期段階の歯周病は自覚症状がほとんどなく発見が難しく、早期治療が困難になる
  3. 危機感を持つ人が少ない :痛みがないことで虫歯に比べて軽視されやすく、治療に積極的になれない
  4. 予防が不充分 :歯科医院で定期健診を受けない限り、予防として不充分。だから患ってしまう人が多い
  5. 日常生活の中でも進行する :喫煙や疲労なども歯周病と関係しており、実は歯周病は身近な病気

これら5つのことから、歯を失う原因の1位が歯周病なのは本当なのかについて分かります。
少なくとも日本人においては、歯を失う原因の1位が歯周病だと言うのは事実です。
早期発見が困難なことから重症化するケースが多く、さらに歯周病に危機感を持つ人が少ないのも問題です。

また、予防すると言っても歯磨きだけでは不充分で、徹底予防するなら歯科医院での定期健診が必要です。
定期健診を受ければ予防はもちろん、いざ歯周病になった時も早期発見と早期治療が容易になるでしょう。
つまり定期健診を受けるかどうか、これが歯周病で歯を失うかどうかの重要なポイントになります。