お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯磨きすると歯茎から血が出てくるのはなぜ?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯磨きすると歯茎から血が出てくるのはなぜ?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯磨きした時に歯茎から出血する原因」です。
歯磨きしていたら歯茎から出血した、そんな時には真っ先に歯周病の可能性を疑ってください。

とは言え、実際に出血したのは歯磨きしたことがきっかけのわけですし、
歯茎からの出血と歯周病の関連性がよく分からないという人も多いでしょう。
そこで、ここではなぜ歯周病になると歯茎から出血するのか、さらに歯周病がもたらす症状を解説します。

1. 歯周病になると歯茎から出血する理由

歯周病になると歯茎が炎症を起こしますが、この時歯茎は細菌から身を守るための動きを見せます。
それは、細菌をやっつけるために戦ってくれる白血球を集めることで、
それによって歯茎の該当する箇所に無数の毛細血管が集まります。

この毛細血管は非常に細いため、ちょっとした刺激で破れてしまいますし、血管が破れることで出血もします。
そしてこの場合、歯磨きが刺激となることで毛細血管が破れて出血してしまうのです。
もし鏡で出血した箇所を見た時、本来の歯茎よりも赤く腫れているなら炎症を起こしている証拠です。

2. 歯周病の症状

歯周病になるとまず歯茎が炎症を起こします。歯磨きで歯茎から出血するのはこの影響ですし、
歯磨きに限らず食事の際に同じように歯茎から出血することもあります。
そして歯周病が進行すると顎の骨が次第に溶かされていきます。

顎の骨は元々歯を支えているため、溶かされることで歯が不安定になってグラつきます。
やがて顎の骨が一定以上溶かされてしまうと、歯は支えを失って抜け落ちてしまうのです。
歯周病は歯を失う要因と言われますが、それは歯が支えを失って抜けてしまうことが理由です。

3. 歯周病の自覚症状

歯磨きした時に歯茎から出血するのも自覚症状の一つですが、それ以外にも歯周病の自覚症状はあります。
まず歯茎が炎症を起こすため、歯茎をチェックする習慣のある人は歯茎の変色や腫れに気付くでしょう。
また、進行することで顎の骨が溶かされていきますが、それにともなって歯茎が退縮します。

その影響で歯の根元が露出して歯が長くなったように見えますし、
歯の根元は刺激に敏感なため、熱いものや冷たいものを食べた時にしみるようになります。
さらに歯周ポケット内に汚れが溜まるため、歯茎の膿みなども合わさって口臭がするようになります。

4. 歯周病を治すには

これは歯科医院で治療するしかありません。
本当に初期段階ならプラークを除去して歯周病菌を駆除することによって治りますが、
そもそも目に見えないプラークを歯磨きで完全に除去するのは難しいでしょう。

歯科医院で口の中をクリーニングして、プラークはもちろん、
歯周ポケット内の清掃や歯石の除去、さらには患者さんによるプラークコントロールで治療します。
ただし、ある程度進行してしまうとそれだけでは治らず、歯周外科手術などが必要になることもあります。

5. 出血した後の歯磨きの方法

歯茎から出血することで歯磨きすることに躊躇してしまうかもしれませんが、歯磨きは必要です。
特に歯周病の場合は口の中で細菌が繁殖しているため、できるだけ綺麗にしなければなりません。
とは言え、ゴシゴシと磨ければ同じように出血してしまうため、歯磨きの方法を考える必要があります。

基本はやわらかい歯ブラシを使用することで、さらに磨き方も優しくマッサージするように磨いてください。
それでも歯茎から出血することはありますが、その歯磨きの方法を繰り返せばやがて出血しなくなるでしょう。
もちろん歯周病の場合は治療が必要なので、仮に出血がおさまっても必ず歯科医院に行ってください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯磨きした時に歯茎から出血する原因についてまとめます。

  1. 歯周病になると歯茎から出血する理由 :歯茎が炎症を起こしたことで毛細血管が集まっているため
  2. 歯周病の症状 :歯茎が炎症を起こし、進行すると顎の骨が溶かされて歯が抜け落ちてしまう
  3. 歯周病の自覚症状 :歯磨きや食事による歯茎からの出血、歯が長くなって見える、口臭がするなど
  4. 歯周病を治すには :歯科医院で治療する。基本は口の中のクリーニングとプラークコントロール
  5. 出血した後の歯磨き方法 :歯磨きは必要なので、やわらかい歯ブラシで優しく磨く

これら5つのことから、歯磨きした時に歯茎から出血する原因が分かります。
ちなみに歯周病以外の可能性を考えると、強く歯磨きしすぎたことで歯茎を傷つけてしまった、
喫煙の影響で歯茎が出血しやすい状態だった、歯ぎしりの影響による歯茎の炎症などが考えられます。

しかし、可能性として最も高いのは歯周病です。歯周病なら歯科医院で治療しなければならないですし、
正確な原因を知りたい場合も歯科医院で診察を受けるのが確実です。
このため、歯磨きして歯茎から出血した時はまず歯科医院で診察してもらうことを第一に考えてください。