お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

虫歯ってそもそもどういう状態?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯ってそもそもどういう状態?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「虫歯とはどんな状態なのか」です。
「虫歯とはどんな状態なのか?」と聞かれたら、大抵の人は「歯が痛くなる病気」と答えます。

確かに症状としては間違いないですが、虫歯は一言では表現できないほどの特徴や症状があります。
また、虫歯の進行状況によって自覚症状も異なりますし、歯が痛む以上の怖さも持っています。
そこで、ここでは虫歯をテーマにして症状などの細かい点を分かりやすく解説していきます。

1. 虫歯とは

虫歯とは、虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされる病気です。
虫歯菌は他の細菌とともにプラークの中に存在しており、糖分を吸収することでより多くの酸を出します。
甘いものを食べると虫歯になるというのは、虫歯菌のこの特徴が根拠となって言われていることです。

虫歯菌は歯科医院で治療しない限り生き続け、虫歯をどんどん進行させていきます。
正確には虫歯の進行はC1からC4の4段階に分けられており、進行に応じて症状もまた異なります。
以下の項目で、虫歯の進行別の症状や治療方法を説明していきます。

2. C1段階の虫歯

C1段階の虫歯は歯の表面のエナメル質が虫歯菌に侵された状態です。これが虫歯の初期段階であり、
痛みもありません。元々エナメル質は歯を刺激から保護する役割を持っているため、
虫歯菌に侵されてもそれが刺激となることはないのです。

治療するためには虫歯を取り除く必要があるため、該当する箇所を削ります。
この時、削る範囲がエナメル質内で済む時は削っても痛みはないですし、麻酔も必要ありません。
削った後は消毒して詰め物を入れて処置します。

3. C2段階の虫歯

C2段階の虫歯はエナメル質の奥にある象牙質まで虫歯菌に侵された状態です。
刺激に敏感な象牙質に虫歯菌が到達することで、C1段階の時と違って痛みを感じます。
ほとんどの人は痛みによって虫歯に気付くため、このC2段階で歯科医院に行くことが多いでしょう。

治療内容自体はC1段階とそう変わらないものの、削る範囲が広くなりますし、
象牙質まで削る必要があることで治療にも痛みを感じます。
多くの人が連想する虫歯治療は、このC2段階の虫歯治療です。

4. C3段階の虫歯

C3段階の虫歯は歯の神経まで虫歯菌に侵された状態です。
神経に虫歯菌が侵されると痛みどころか激痛を感じるようになり、常に歯が痛んで苦しい状態です。
とは言え、C2段階で痛みという自覚症状があるため、放置しなければC3段階に至ることはまずありません。

やはり歯を削ることが治療の基本ですが、C3段階の虫歯治療はそれだけでは終わりません。
と言うのも、神経が虫歯菌に侵されていることで神経の除去、さらにその箇所の消毒や洗浄が必要です。
これを根管治療と言い、C2段階以前の虫歯治療と比べると大掛かりなものになります。

5. C4段階の虫歯

C4段階の虫歯は歯がボロボロの状態になり、一言で例えるなら末期の状態です。
ここまでくると、既に神経も破壊されているため痛みすら感じません。
虫歯菌を除去するために治療は必要ですが、C4段階になると歯を残すことができない可能性が高いです。

その場合は治療不可と判断されて抜歯を行い、その後は入れ歯やインプラントなどの選択肢になります。
痛まないことでC4段階の虫歯を軽視する人がいますが、それは大きな間違いです。
治療しない限り虫歯菌は生き続けますし、何よりここで放置すると虫歯は本当に怖い一面を発揮します。

6. 虫歯を放置することの問題

虫歯を放置し続ければ、上記で説明してきたようなC1段階からC4段階まで進行します。
ではC4段階以降はどうなるかですが、ここからが虫歯の本当に怖いところです。
放置することで生き続けている虫歯菌は、やがて血液に侵入していきます。

血液に侵入するということは血管に侵入することを意味するため、
虫歯菌は血管を通じて全身に回ります。
そして、それが原因で脳梗塞や心筋梗塞といった命にかかわる病気を引き起こすこともあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯とはどんな状態なのかについてまとめます。

  1. 虫歯とは :虫歯とは、虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされる病気
  2. C1段階の虫歯 :エナメル質が虫歯菌に侵された状態。痛みがないので気付きにくい
  3. C2段階の虫歯 :象牙質が虫歯菌に侵された状態。痛みを感じ、ほとんどの人がこの段階で治療を受ける
  4. C3段階の虫歯 :神経が虫歯菌の侵された状態。激痛を感じる上、治療も大掛かりになる
  5. C4段階の虫歯 :末期状態。歯を残せない可能性も高いが、治療しなければ虫歯菌は生き続ける
  6. 虫歯を放置する問題 :虫歯菌はやがて血液に侵入し、血管を通じて全身に回ってしまう

これら6つのことから、虫歯とはどんな状態なのかが分かります。
このように虫歯は進行することでより深刻な症状をもたらします。
一方、初期段階の虫歯なら痛みもないですし、治療も簡単なものですむでしょう。
その意味でも、歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけ、予防と早期発見を大切に考えてください。