お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

噛み合わせが悪いと、どのような悪影響があるのでしょうか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

噛み合わせが悪いと、どのような悪影響があるのでしょうか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響」です。
噛み合わせが悪いというのは深刻な問題で、できるだけ早く改善しなければなりません。

最も、噛み合わせの悪さは病気というわけではないため、中には気にしないという人もいるでしょう。
しかし、噛み合わせが悪いとそれが原因で様々な悪影響があるのです。
ここでは、噛み合わせの悪さによって起こる問題とその理由について説明していきます。

1. 虫歯になりやすい

虫歯の要因である虫歯菌はプラークの中に存在していますが、プラークを除去するための基本は歯磨きです。
しかし、噛み合わせが悪いと歯磨きの精度が落ちてしまい、虫歯になりやすくなってしまうのです。
と言うのも、噛み合わせが悪い人の多くが歯並びも悪い特徴があるからです。

歯並びが悪ければ当然歯磨きがしにくくなり、うまく磨けない箇所が出てきます。
そうなるとその箇所はプラークが溜まりやすくなりますし、歯石ができてしまうこともあるでしょう。
つまり、噛み合わせが悪い人は歯磨きしてもお口の中のプラークを除去しきれないのです。

2. 歯科治療がやりにくい

「噛み合わせが悪い人の多くは歯並びも悪い」と上記で説明しましたが、これもそれに関係してくる問題です。
歯並びが悪いと歯磨きがしにくいのと同じで、歯科治療もまたやりにくくなるのです。
歯並びが悪いことで本来見えるはずの箇所が見えなくなり、虫歯を見逃してしまう可能性もあるでしょう。

また、歯が斜めに生えていると治療がしづらくなり、歯が割れてしまう事故も起こり得ます。
さらに、歯の向きによっては神経に近い箇所を治療しなければならなくなり、治療で痛むこともあるのです。
いくら治療技術に長けた歯科医でも、歯並びが悪い人の治療は精度が落ちてしまいます。

3. 頭痛や肩こりが起こる

噛み合わせの悪さと頭痛や肩こり、これらは一見無関係に思えますがそうではないのです。
まず噛む時には筋肉を使いますが、その筋肉の中には広頸筋や側頭筋が含まれます。
そして、噛み合わせが悪いことで筋肉のバランスが悪くなり、これらの筋肉に悪影響を及ぼしてしまいます。

広頸筋は首から肩にかけてつながっており、広頸筋のバランスが悪くなることで肩こりが起こります。
一方側頭筋は顎の関節から頭の横にかけてつながっており、
噛み合わせが悪くなることで側頭筋が緊張を起こし、その影響で頭痛を引き起こしてしまうのです。

4. 顎関節症へのリスクが高まる

顎関節症自体は噛み合わせの良し悪し関係なく起こる症状ですが、
噛み合わせが良い人に比べて噛み合わせが悪い人の方が起こりやすいというデータがあります。
さらに、噛み合わせが悪い人が顎関節症になってしまうと悪化しやすい傾向があるのです。

これは、噛み合わせが悪いことで顎関節に大きな負担をかけているのが理由だと言われています。
また、顎関節症が悪化すると口が開けにくくなりますし、顎にも痛みを感じるようになってしまいます。
顎関節症によって全身のバランスが崩れれば、今度は腰などに負担がかかって腰痛になることもあるのです。

5. コンプレックスを抱えてしまう

噛み合わせの悪さによってコンプレックスを抱えてしまうのは、決して珍しいことではありません。
噛み合わせの悪さが歯並びの悪さによるものなら、人前で笑顔を見せることに躊躇してしまいますし、
歯の位置がズレていることで顎の形が不自然になれば、それは顔の輪郭の変形を招きます。

笑顔が見せられないことも顔の輪郭が変形することも、いずれも自身のコンプレックスに繋がります。
さらに年齢によっては発音もしづらくなり、そうなれば会話することすら怖くなってしまうでしょう。
もちろんこれは身体の問題ですが、コンプレックスを抱えることで心の問題にもなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響についてまとめます。

  1. 虫歯になりやすい :歯並びが悪ければ歯磨きの精度が落ちるため、虫歯になりやすくなる
  2. 歯科治療がやりにくい :歯並びが悪ければ本来見える箇所が見えなくなり、歯科治療に影響を及ぼす
  3. 頭痛や肩こりが起こる :噛む筋肉のバランスが崩れることで、頭痛や肩こりを引き起こす可能性がある
  4. 顎関節症へのリスクが高まる :噛み合わせが悪い人は顎関節症になりやすく、さらに悪化しやすい
  5. コンプレックスを抱えてしまう :歯のズレや顔の輪郭の変形など、コンプレックスに繋がることが起きる

これら5つのことから、噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響が分かります。
このように、噛み合わせの悪さは全身の健康に悪影響があるのです。
さらに問題なのは、実際に噛み合わせの悪さが原因で体調不良を招いた時、その要因に気付けないことです。

頭痛や肩こりを訴える患者さんに対して、噛み合わせをチェックする医師などまずいないですし、
まさかその要因が「噛み合わせの悪さ」にあるとは想像もできないでしょうからね。
こうした事態を防ぐため、噛み合わせの悪さを自覚している治療で改善することをおすすめします。