お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

総入れ歯になった場合、噛み方にコツなどはあるのでしょうか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

総入れ歯になった場合、噛み方にコツなどはあるのでしょうか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「総入れ歯になった際の噛み方のコツ」です。
総入れ歯は天然の歯とは全く異なるため、今までと同じ感覚で食事してしまうと思わぬトラブルを招きます。

このため総入れ歯になった際は、何よりもまず総入れ歯での食事に慣れなければなりません。
そこでポイントとなるのが「噛み方」です。ここでは総入れ歯の噛み方をテーマにして、
正しい噛み方とその理由、その他食事における注意点もいくつかお伝えしておきます。

1. 噛み方について

総入れ歯で噛む時は、「前歯で噛み切って奥歯で潰す」が基本です。
また、奥歯を使う時は片側だけでなく「両側の歯で噛む」を意識してください。
総入れ歯を使いたての頃、ほとんどの人は前歯だけしか使わないクセがあります。

これは、総入れ歯を使用するまでは前歯だけが残った状態になっている人が多いのが原因です。
歯を失った際は当然残った歯を使って噛みますから、必然的に前歯だけを使うことになります。
その時のクセが総入れ歯になっても残っており、どうしても前歯だけで噛んでしまいがちになるのです。

もし前述した噛み方をしなかった場合、総入れ歯がグラついて外れてしまう可能性があります。
これはシーソーの原理と同じであり、前歯だけで噛むことで奥歯が、
片側だけで噛むことで反対側が浮き上がってしまうのです。

2. 食べ方について

総入れ歯は天然の歯に比べて咬合力が弱く、その力は天然の歯のおよそ3割しかありません。
このため、噛み方だけでなく食べ方にも注意する必要があるのです。
まず食べ物自体は小さく切ること…理想は一口大くらいの大きさにすることです。

また、噛む力が弱いため一度にたくさん口に入れてはいけません。
口に入れ過ぎてしまうと、咬合力が弱いことで噛むのが困難になってしまうのです。
さらに総入れ歯はあまり硬いものを食べることができないため、調理方法も重要になってきます。

例えば歯ごたえのある野菜などは、そのまま食べずに煮てやわらかくするなどの工夫が必要です。
特に最初の頃は不慣れなせいもあって、少しでも硬いとうまく食べることができないでしょう。
このため最初はやわらかいものから慣らしていき、それから少しずつ硬いものにも挑戦していきましょう。

3. 食べものの温度について

総入れ歯はその仕様上、天然の歯に比べて温度が感じにくくなっています。
これは義歯床の部分の割れを防ぐため、分厚くなっていることが原因です。
この分厚さの影響で味覚を感じにくく、さらに熱も感じにくくなるのが総入れ歯の特徴です。

このため、本来なら口にできないほど熱いものも平気で食べられてしまうのです。
もしこうした熱すぎるものを食べてしまえば火傷の原因になりますし、
食べものに限らず飲みものにおいても全く同じことが言えます。

元々熱いものの飲食が好きな人は、食べものの温度には充分注意してください。
ちなみに、自費によるオーダーメイドの入れ歯ならこれに対処した素材で作られたタイプのものも存在します。
味覚や熱さの感覚を天然の歯に近いものにしたいなら、オーダーメイドの総入れ歯にするのも一つの方法です。

4. どうしても噛みにくい時には

総入れ歯は慣れるまでに時間が掛かりますし、具体的な期間も個人差があるため一概に断言できません。
しかし、どうしてもうまく噛めないと悩んでいる人は、一度歯科医に相談してみることをおすすめします。
なぜなら、歯科医の診察を受けることで噛みにくい問題が改善できる場合もあるからです。

例えば、噛み合わせの悪さが原因で噛みにくかった場合は、総入れ歯を微調整することで問題が解決します。
また、総入れ歯にはいくつか種類がありますし、それぞれ特徴も異なります。
特に自費の総入れ歯なら、保険適用の入れ歯と材質や仕様そのものが異なります。

そういった総入れ歯にすることで噛みにくい問題が改善される可能性もありますし、
あくまで可能性である以上、まずは歯科医に相談して診察を受けてみることが大切です。
ただし自費の入れ歯は保険適用のものに比べて高額になるため、予算も考慮する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、総入れ歯になった際の噛み方のコツについてまとめます。

  1. 噛み方について :基本は「前歯で噛み切って奥歯で潰す」と「両側の歯で噛む」
  2. 食べ方について :総入れ歯は咬合力が弱い。食材は一口大の大きさにして、食べる時はよく噛むこと
  3. 食べものの温度について :総入れ歯は熱を感じにくいため、熱すぎるものを食べないように注意する
  4. どうしても噛みにくい時には :歯科医に相談する。噛み合わせの調整などで改善されることもある

これら4つのことから、総入れ歯になった際の噛み方のコツが分かります。
総入れ歯での噛むコツはそれほど難しいわけではありません。
厄介なのは、天然の歯で噛んでいた頃のクセがどうしても出てしまうことにあります。
このため、最初の頃は「前歯で噛み切って奥歯で潰す」、「両側の歯で噛む」を強く意識してください。
この基本にさえ慣れてしまえば、後は硬すぎるものや熱すぎるものに注意すれば問題なく使用できます。