お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

虫歯は放置し続けるとどうなってしまうのか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯は放置し続けるとどうなってしまうのか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「虫歯を放置することでどんな問題が起こるのか」です。
虫歯になっても歯科医院に行くのが嫌で放置し続ける人がいます。

痛みの有無だけでいうなら、虫歯が進行して神経が死ぬことで痛みは治まります。
しかし、痛みが治まったからといって虫歯がなくなったわけではないのです。
では虫歯を放置すると最終的にどうなるのか?虫歯の進行に合わせてそれを説明していきます。

1. 虫歯になりたての状態

いわゆる初期段階の虫歯で、この時点の虫歯を治療しない人は放置というより気付かないケースが大半です。
と言うのも、初期段階の虫歯には痛みもないですし、歯が多少変色する程度の自覚症状しかないからです。
ちなみに、虫歯になりたての状態なら削らずに治療することも可能です。

本来初期段階の虫歯に気付くことは難しいですが、歯科医院で定期検診を受けている人なら発見可能です。
初期段階ではまだ歯の表面しか虫歯になっていないので痛みはないですが、
ここから進行することで虫歯の穴は深くなり、やがて痛みを感じるようになってしまいます。

2. 象牙質まで進行した状態

象牙質まで虫歯が進行すると痛むようになり、多くの人がこの時点で虫歯であることに気付きます。
さて、なぜ虫歯が象牙質まで進行すると痛むようになるからですが、
象牙質は歯の表面と違ってエナメル質に覆われておらず、刺激に対して非常に敏感な箇所だからです。

逆に言えば、初期段階の虫歯が痛まないのはエナメル質によって痛みという刺激から守られているからです。
象牙質まで進行した虫歯の痛みもつらいですが、ここで放置すると虫歯の痛みはさらに激しくなります。
これは虫歯が進行して歯髄…いわゆる歯の神経にまで虫歯に侵されてしまうからです。

3. 神経まで進行した状態

虫歯が進行して神経に到達すると、痛みどころかズキズキした激痛を感じるようになります。
ここまでの痛みで虫歯に気付かないことはあり得ないため、
虫歯が神経まで到達した状態でも治療を受けない人は明らかに虫歯を放置しています。

そして、いつまでも治療をしなければ神経は虫歯によって死んでしまいます。
神経が死ぬことで痛みを感じなくなるため、中にはこれをプラスに考える人もいます。
しかしそれは大きな間違いで、ここで放置することで虫歯は本当の怖さを見せるのです。

4. 虫歯菌が全身に回る

神経を破壊しても虫歯は進行を続け、やがて血液にまで侵入していきます。
血液は血管を通っているため、虫歯が血液に侵入することで虫歯の菌が全身に回ってしまうのです。
そして、虫歯の菌が全身に回ることで思わぬ大きな病気を引き起こす危険性が生まれます。

例えば、虫歯の菌が心臓に回れば心筋梗塞、脳に回れば脳梗塞の要因になります。
しかも、実際にこうした事態に陥って死亡したという事例もあるのです。
つまり、虫歯を放置し続けることで虫歯が悪化するだけでなく、命にかかわる問題にまで発展するのです。

5. 放置することで起こる問題

上記で説明したとおり、虫歯を放置し続けることで最終的に大きな病気を招く危険性があります。
さらに、虫歯の放置はそれ以外にも様々な問題を引き起こします。
例えば、虫歯を放置することで歯がボロボロになり、治療を希望しても治療不可と判断されることがあります。そうなると抜歯せざるを得らなくなり、結果的に歯を失うことになってしまいます。

また、虫歯の治療は進行すればするほどつらいものになりますし、
それに比例して治療期間も長くなり、治療期間が長くなることで治療費にも影響してきます。
虫歯の菌は治療しない限りなくならないため、放置することでこのような様々な問題が起こるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を放置することでどんな問題が起こるのかについてまとめます。

  1. 虫歯になりたての状態 :放置というよりも、この時点では虫歯であることに気付くことが難しい
  2. 象牙質まで進行した状態 :痛みを感じる状態。放置することで虫歯が神経に進行して激痛を招く
  3. 神経まで進行した状態 :放置すると神経が死んで痛みがおさまるが、やがて虫歯の菌が全身に回る
  4. 虫歯菌が全身に回る :心臓に回ることで心筋梗塞、脳に回ることで脳梗塞が起こる危険性がある
  5. 放置することで起こる問題 :大きな病気に繋がる、歯を失う、治療が大掛かりになる、治療期間が長引く

これら5つのことから、虫歯を放置することでどんな問題が起こるのかが分かります。
まず知っておかなければならないことは、虫歯は治療しない限り治らないということです。
そして、放置することで結果的に自分自身つらい目に遭ってしまうということです。

虫歯が進行すれば症状が酷くなり、それによって簡単な治療では治らなくなります。
大きな治療は患者さんの身体にも負担を掛けますし、治療が大掛かりな分治療期間も長くなるでしょう。
また最も怖いのは、ここでお伝えしたように心筋梗塞や脳梗塞を招く要因になるということです。