お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

虫歯になりやすくて困っているので、歯を磨く以外でも予防方法があれば知りたいです|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯になりやすくて困っているので、歯を磨く以外でも予防方法があれば知りたいです

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯を磨く以外の虫歯の予防方法の紹介」です。
唾液の質などの問題で、他の人に比べて虫歯になりやすい人がいます。

そういった人の場合、歯磨きだけで虫歯を予防するのは難しいでしょう。
歯磨きは虫歯予防において必須なのは事実ですが、予防方法としてはあくまで基本だからです。
それ以外にも虫歯の予防方法があるので、歯磨きをあわせて実践することで予防効果がより高まります。

1. 定期検診を受ける

虫歯になりやすいなりにくい関係なく、虫歯を予防には歯科医院での定期検診は欠かせません。
虫歯菌が潜むプラークをお口のクリーニングによって除去できますし、
歯磨きでは対応できない歯石も除去することが可能です。
また、正しい歯磨きの方法の指導も受けられるため、それによって毎日の歯磨きの精度も高まります。

さらに、定期検診ではお口の状態を確認するため、虫歯があった際にはその時に発見できます。
特に初期段階の虫歯は痛みもないため、自分で虫歯だと気付くことはまずありません。
その点、歯科医院で定期検診を受けていれば初期の虫歯も発見でき、早期治療ができるのです。
つまり、お口を綺麗にして虫歯を予防するだけでなく、虫歯があった際に即治療できるメリットがあるのです。

2. セラミック治療を受ける

虫歯治療をした歯が再度虫歯になる…そうやって同じ歯が何度も虫歯になって悩んでいる人も多いでしょう。
この場合、起こっているのは二次虫歯というもので、詰め物や被せ物に生じる隙間がそもそもの要因です。
二次虫歯が起こりやすいのは銀歯で、銀歯はプラークが付着しやすく歯との接着の相性も悪いため、
詰め物や被せ物と歯との間に隙間が生じやすく、高い確率で二次虫歯を招いてしまいます。

そこでおすすめなのが銀歯ではなくセラミックを選択することで、いわゆるセラミック治療です。
多くの人はセラミックに対して、見た目を美しくするための詰め物や被せ物というイメージが大きいでしょう。
確かにそれは事実ですが、セラミックはプラークが付着しにくい特徴もありますし、
何より歯との接着の相性もよく、二次虫歯を予防しやすいと言われているのです。

3. 日常生活を見直す

虫歯も言ってみれば細菌による感染症に等しく、虫歯菌に感染することで起こる病気です。
つまり、身体の免疫力が低下して細菌に感染しやすい状態になるほど、虫歯にかかるリスクは高くなるのです。
逆に言えば、身体の免疫力が高ければ細菌に感染しにくくなり、虫歯にかかりにくくなるわけです。
ではどうすれば身体の免疫力を高くできるのか?…それは日常生活を見直して生活習慣を改善することです。

例えばストレスや疲労、これらはいずれも身体の免疫力低下に繋がりますし、睡眠不足も同様です。
また、喫煙するとニコチンによって免疫機能が狂わされてしまうため、この場合も身体の免疫力が低下します。
日常生活におけるこうした点…具体的には免疫力低下に繋がる行為をしていないか考えてみてください。
それらを改善することで身体の免疫力を高く保ち、虫歯菌に感染しにくい身体にすることが可能です。

4. デンタルフロスを使用する

「歯磨き以外の予防方法」がテーマですが、もしデンタルフロスを使用していないなら歯磨きも不充分です。
と言うのも、ブラッシングだけの歯磨きの場合、除去できるプラークはおよそ6割程度でしかないからです。
いくら丁寧に磨いてもブラッシングだけの歯磨きなら、プラークのおよそ4割がお口の中に残っているのです。
そこで効果的なのがデンタルフロスの使用で、これによってプラークの除去率が2割高まります。

しかもデンタルフロスは歯と歯の間を磨くためのものですし、
ここは最も虫歯が発生しやすい箇所でもあるのです。
つまり、デンタルフロスを使用することで最も虫歯が発生しやすい箇所を綺麗にでき、
なおかつプラークの除去率を2割も高めることができるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を磨く以外の虫歯の予防方法の紹介についてまとめます。

  1. 定期検診を受ける :クリーニングによってプラークや歯石を除去、さらに初期段階の虫歯も発見できる
  2. セラミック治療を受ける :二次虫歯の予防に効果的。セラミックはプラークが付着しにくく接着もしやすい
  3. デンタルフロスを使用する :プラークの除去率を2割高め、最も虫歯が発生しやすい箇所を綺麗にできる

これら4つのことから、歯を磨く以外の虫歯の予防方法が分かります。
まず、二次虫歯に悩まれている人はセラミック治療を受けることでそのリスクが格段に減るでしょう。
そして、どんな虫歯においても欠かせないのが歯科医院の定期検診です。

もちろん、絶対に虫歯にならない方法というのはないですし、いくら予防しても虫歯になることはあります。
しかし、デンタルフロスを使用した精度の高い歯磨き、歯科医院の定期検診、
最低でもこれら2つを徹底していれば、虫歯だけでなく歯周病もほぼ予防できます。