お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

妊娠すると歯が弱くなるのは本当ですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

妊娠すると歯が弱くなるのは本当ですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「妊娠すると歯が弱くなるのか」です。
「妊娠すると歯が弱くなる」…そう聞いたことのある女性は多いのではないでしょうか。

そして、その理由として「赤ちゃんにカルシウムをとられるから」という意見があります。
ただそれはあくまで噂であり、意見する人もそれが本当だと証明する根拠があるわけではありません。
そこで、歯科医としてこれらについて本当かどうかをお答えしていきます。

1. 「妊娠すると歯が弱くなる」について

妊娠すると歯が弱くなるというのは間違いですし、赤ちゃんにカルシウムをとられるというのも間違いです。
そもそも歯の状態関係なく、お腹の赤ちゃんがお母さんの歯からカルシウムを吸収することはありません。
では妊娠しても歯は通常の状態なのか?…実はこれについては完全にイエスというわけではないのです。

と言うのも、妊娠すると虫歯や歯周病といったお口の病気にかかりやすくなるからです。
これは歯に原因があるわけでなく、お口の中自体に原因があるわけで、
その意味では「妊娠すると歯が弱くなる」ではなく、「妊娠するとお口の中が弱くなる」が正解でしょう。

2. 悪阻について

ではなぜ妊娠するとお口の中が弱くなってしまうのか?…その原因の1つが悪阻です。
知ってのとおり悪阻は嘔吐ですから、悪阻によってお口の中が不衛生になるのです。
嘔吐によって細菌が繁殖しますし、そうなれば虫歯菌や歯周病菌が繁殖することを意味しますからね。

また、悪阻によって出る胃液は強酸性であり、虫歯菌にとってそれは最も得意とする環境です。
つまり悪阻の影響で虫歯菌や歯周病菌が繁殖するばかりか、
胃液によってお口の中が強酸性状態になることで、虫歯菌の活動がより活発になってしまうのです。

3. 歯磨きのしづらさについて

これも悪阻に関係する問題ですが、虫歯や歯周病の予防の基本は歯磨きです。
しかし、妊娠するとその歯磨きが満足にできなくなり、それは悪阻の辛さが原因になります。
悪阻が酷いと歯ブラシを突っ込んだだけでも気分が悪くなりますし、歯磨き粉の味や香りも不快に感じます。

このため普段どおり歯磨きができなくなり、その分プラークが残って虫歯や歯周病を招きやすくなるのです。
この場合、いくら辛くても歯磨きを怠ってはいけません。食後にこだわらずに体調の良い時で構いません。
歯磨き粉が不快なら使用しなくて構いません。好きな時に好きな様で構わないので歯磨きはしてください。

4. 唾液の質の変化について

妊娠すると女性ホルモンのバランスに変化が起こり、その影響で唾液の質が変わります。
具体的には唾液の分泌量が低下して、さらにネバついた唾液に変化するのです。
ここで問題なのは、変化した唾液の質は虫歯や歯周病にかかりやすい質だということです。

唾液には細菌を洗浄するという役割があるのですが、
分泌量が低下すれば出る唾液の量は少なくなり、お口の中全体を洗浄できなくなります。
さらにネバついていることで細菌を流すことができず、細菌の洗浄が不充分になってしまうのです。
当然虫歯菌や歯周病菌が残ってしまうリスクも高まるため、虫歯や歯周病にかかりやすくなるのです。

5. 女性ホルモンの過剰な分泌について

妊娠すると女性ホルモンのホルモンが過剰に分泌することがあります。
これは言わば生理現象ですから、予防することもできなければそれ自体気にする必要もありません。
しかし、この女性ホルモンの過剰な分泌によって歯周病にかかりやすくなるのです。

これは、歯周病菌の中には女性ホルモンをエネルギーとするタイプのものがあるからです。
女性ホルモンをエネルギーにする歯周病菌からすれば、妊娠中の女性はエネルギーの宝庫です。
当然活動も活発になるため、歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠すると歯が弱くなるのかについてまとめます。

  1. 「妊娠すると歯が弱くなる」について :歯ではなく口の中が弱くなり、虫歯や歯周病にかかりやすくなる
  2. 悪阻について :悪阻の嘔吐で口の中で細菌が繁殖し、胃液の強酸性によって虫歯菌が活発になる
  3. 歯磨きのしづらさについて :悪阻の辛さで普段どおりの歯磨きができなくなり、お口の中が不衛生になる
  4. 唾液の質の変化について :女性ホルモンの影響で唾液の分泌量が低下して、洗浄効果が不充分になる
  5. 女性ホルモンの過剰な分泌について :歯周病菌を活性化させてしまい、歯周病にかかりやすくなる

これら5つのことから、妊娠すると歯が弱くなるのかが分かります。
歯が弱くなるというのは間違いですが、お口の中が弱くなるので虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
その意味では、歯が弱くなるわけではないものの、虫歯や歯周病に対して普段以上の予防意識を持ちましょう。

妊娠中の病気に比べると虫歯や歯周病は軽い症状に思えるかもしれませんが、
いずれもお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうので予防は必須です。
体調の良いタイミングでいいので、妊娠中の女性は必ず歯科医院で検診を受けてくださいね。