お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

50代女性 前歯3本をセラミッククラウンで治療した症例|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

50代女性 前歯3本をセラミッククラウンで治療した症例

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

治療前

治療後

初めの相談内容 前歯の詰めものの変色と虫歯を治したい
診断結果 ・左側の1番前の歯~右側の2番目の歯(写真では左右が逆になります)が3本連続で大きな虫歯になっていました。
・虫歯治療後の修復方法としては「虫歯を削ったあとに残っている健康な歯の量をみてからラミネートベニアかクラウン(被せもの、いわゆる差し歯)のどちらかになります。」と説明しました。
行った治療内容 ・レントゲンで確認したところ、3本ともに虫歯がかなり大きく歯の神経を残せるかどうかギリギリの状態でした。
・虫歯をすべて削ると健全な歯質が少なくなったため、MTAで神経を保護し仮歯をかぶせてしばらく様子を見ることにしました。
・仮歯の状態で一定期間様子を見て痛みがないことを確認してからセラミッククラウンにて治療を完了しました。
このケースの治療期間、おおよその費用 ・治療期間は約2か月です。セラミックの被せものは30万(1本10万)+税となります。
・仮歯の費用が1本あたり3千円かかることもあります。 
・虫歯治療の際に使用したMTAというお薬が自費で3千円かかります。
術後の経過や現在の様子 審美的な問題も解決し患者様も満足されていました。現在も経過は良好です。
治療のリスクについて オールセラミックは変色もなく、プラークが付きにくい素材です。しかし、ブラッシングの不良や定期検診を怠ると根もとにプラークが蓄積し、根もとの虫歯や、歯周病につながっていきます。

また、セラミックは『陶材』なので強い衝撃によって割れたり欠けたりすることもあります。かみ合わせの強い方や、歯ぎしりをされる方にはマウスピースを就寝時に使用していただくこともあります。

また、今回のようにぎりぎり神経を残した歯は治療後数年たってから神経が炎症を起こすこともあります。定期的にレントゲンを撮って経過をみていく必要があります。

ちなみに当院では定期検診をきちんと受けていただける方に対して「5年間」の保証をつけております。