お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

子供を虫歯にさせたくありません。親はどうやって予防してあげればいいですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

子供を虫歯にさせたくありません。親はどうやって予防してあげればいいですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「子供の虫歯を予防するために親がすべきこと」です。
大人も子供も虫歯予防は大切ですが、予防が難しいのは子供の方になります。
まず子供は虫歯の怖さを知らないですし、どうやって予防するかも知りません

毎日歯磨きはしているでしょうが、それは「やれと言われているからやっている」というのが本音であり、
決して虫歯予防に積極的というわけではないのです。
このため、子供の虫歯を予防するためには何より親が協力してあげなければなりません。
そして、ここでお伝えするのはそんな子供の虫歯予防のために親ができることについてです。

1. 歯磨き時の仕上げ

子供が歯磨きをする際、最後は丁寧に仕上げをしてあげてください。
子供は歯磨きの技術が未熟ですから、必ず磨き残しがあります。
その磨き残しが虫歯を招くため、必ず親が仕上げをして磨き残しを綺麗になくしてあげましょう。
毎回親が仕上げをしてあげれば、子供も歯磨きの大切が分かってくるのです。

ちなみに、これについて2つ注意点を挙げておきます。1つは、最初は子供に歯磨きをさせることです。
確かに、親が全て磨いてあげれば仕上げをするだけに比べて歯は綺麗になります。
しかし、それではいつまで経っても子供は歯磨きが上手にならないでしょう。
もう1つは丁寧に磨いたら褒めてあげること…そうすることで子供は一生懸命歯磨きするようになります。

2. よく噛んで食べさせる

親も自分が子供の頃、「食事の時はよく噛んで食べるように」と教わった経験があるでしょうが、
この教えは虫歯予防の意味も含んでいます。と言うのも、よく噛むことで唾液の分泌量が高まるからです。
唾液には細菌を洗浄する効果があり、唾液の量が少なければ当然洗浄効果は不充分になります。
そして細菌の洗浄効果があるからこそ、人間は噛む時に唾液が出るようになっているのです。

これについてもう1段階詳しく説明すると、噛めば噛むほど唾液はたくさん出るのです。
つまり、食事の時によく噛んで食べることで唾液の分泌量が高まり、より高い洗浄効果を得られるのです。
一方、噛まないクセがついてしまうと唾液の分泌量が低下して、
食べカスや細菌がお口に残ったままになり虫歯にかかりやすくなるのです。

3. 小児歯科に通う

小児歯科では虫歯を治す治療だけでなく、虫歯を予防する治療も受けられます。
奥歯の溝を一時的に埋めて虫歯の発生を妨げるシーラント、
虫歯菌の酸で溶かされにくい丈夫な歯を作るフッ素塗布、さらに歯磨き方法の指導です。
特に歯磨き方法の指導では、子供だけでなく親の仕上げのやり方の指導も受けられます。

言ってみれば、小児歯科の予防治療は大人の予防歯科の治療に等しい効果があるのです。
ただし、小児歯科の治療効果は永遠ではないため、1度受けただけでは大きな効果はありません。
定期的に通ってシーラントやフッ素塗布を行うことで、虫歯を予防しやすくなるのです。
また、定期的に通っていれば例え虫歯にかかったとしても初期段階で発見して早期治療が可能です。

4. ダラダラ食いをさせない

子供の飲食でありがちなのが、食事の時間にテレビに夢中になっていつまでもダラダラ食べている、
時間さえあればお菓子を食べてしまうなどの行為です。
そして、これらはいずれも虫歯にかかるリスクを高めてしまう要因になるのです。
と言うのも、まず食事することで歯の脱灰が起こり、歯からカルシウムが溶け出していきます。

このままだと確実に虫歯になりますが、食後は再石灰化が起こってカルシウムは再び戻っていきます。
しかし、長時間の食事によって脱灰の時間が長くなりますし、
頻繁にお菓子を食べることで再石灰化の機会が失われてしまうのです。
そうならないためには、ダラダラ食いをさせずしっかりと時間を決めた食事をルールづけることです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の虫歯を予防するために親がすべきことについてまとめます。

  1. 歯磨き時の仕上げ :磨き残しを防ぐため。毎回仕上げをしてあげれば、子供も歯磨きの大切さを理解する
  2. よく噛んで食べさせる :唾液の分泌量を高めて細菌が洗浄されやすくするため
  3. 小児歯科に通う :シーラントやフッ素塗布などの予防治療が受けられる。定期的に通うことが必要
  4. ダラダラ食いをさせない :ダラダラ食いは歯の再石灰化の機会を減らし、虫歯にかかるリスクを高める

これら4つのことから、子供の虫歯を予防するために親がすべきことが分かります。
こうした方法を実践して子供の虫歯を予防し、なおかつ親自身も虫歯予防を徹底してください。
ちなみに、前述した「親自身も虫歯予防を徹底する」という点は大変重要なポイントです。

と言うのも、虫歯菌は唾液を介して人から人にうつるからです。
つまり親が持つ虫歯菌が子供にうつる可能性もあるわけで、
子供だけでなく親も虫歯予防を徹底することが、結果的に親子の虫歯を予防することに繋がります。