お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

虫歯を治療する時は痛みますか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯を治療する時は痛みますか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「虫歯を治療する時は痛むのか」です。
虫歯になって歯科医院に行く際、誰もが気にするのが治療の痛みです。

このため、中には治療を痛みが怖くて虫歯を自覚していても放置してしまう人がいるほどです。
そこで、ここでは虫歯の治療の痛みの有無について説明します。
ただ1つ言えることは、虫歯の治療を怖がって放置すればもっと怖い状態に陥るということです。

1. 痛みの有無は虫歯の進行次第

虫歯の治療が痛いかどうかは、虫歯がどの程度進行しているかによって変わります。
例えば初期段階の虫歯の場合、本当に虫歯になりかけの状態であれば削らずに治すことができるのです。
また、例え削ったとしても初期の虫歯では歯の表面しか削らないため、エナメル質によって痛みは感じません。
虫歯を早い段階で治療をすれば、多くの人がイメージするような痛い治療は一切必要ないのです。

一方、進行した虫歯の治療には痛みを伴います。象牙質まで進行していれば削った時に痛みを感じますし、
神経まで進行していれば削るだけでなく神経の除去や清掃を行う根菅治療が必要です。
つまり、虫歯が進行しているほど治療も大掛かりなものになり、痛みを感じてしまうのです。
また、治療が大掛かりなものになれば当然治療期間も長くなり、長期間の通院が必要になってしまいます。

2. 無痛治療

歯科医院の中には虫歯の治療において無痛治療を導入しているところもあります。
無痛治療とは文字どおり痛みのない虫歯の治療方法です。では具体的にどのような治療方法なのでしょうか。
一般的なものとしては麻酔の使用です。虫歯の治療時の痛みを麻酔によって感じなくさせる方法です。
最も、患者さんによっては麻酔の注射自体が嫌という人もいるでしょう。

その対策として、最初に表面麻酔を行って麻酔の注射の痛みをなくす方法を採用している歯科医院もあります。
他にも、静脈内鎮静法によってリラックスした気分で治療を受けられる方法を採用している歯科医院もあります。
ただし、こうした無痛治療の詳細は歯科医院ごとで異なるため、一定ではありません。
このため、希望の治療方法がある際はあらかじめ歯科医院にその治療を行っているかを確認してください。

3. 痛みを抑える方法

ここでお伝えする痛みを抑える方法とは無痛治療のことではなく、患者さん自身でできる方法です。
そして、その方法とは虫歯に気付いた時点ですぐに歯科医院に行って治療を受けることです。
と言うのも、虫歯が進行するに比例して治療内容も辛いものになってくるからです。
確かに歯を削るのは嫌でしょうし、象牙質まで進行した虫歯を削る時には痛みを感じます。

でもだからといって放置すればどうなるのでしょうか。虫歯は神経まで進行し、激痛を感じるようになります。
治療の際にも根菅治療など、削る以外の治療まで必要になってくるのです。
仮に今日虫歯に気付いたのであれば今日歯科医院に行きましょう。
明日になれば進行し、今日行った時に比べて痛くて余分な治療をすることになるかもしれないからです。

4. 治療しないとどうなるか

それでも虫歯の治療は怖いから放置する…この場合どんなことが起こるのでしょうか。
治療の痛さを理由に虫歯を放置した場合、虫歯治療の痛さとは比較にならない代償を支払うことになります。
まず、虫歯を放置し続けることで最終的に歯を失います。虫歯によって歯はボロボロになりますし、
末期の状態になれば治療不可で抜歯せざるを得なくなるのです。

また、歯だけでなく身体のあらゆる箇所にも問題が起こります。
副鼻腔炎や骨髄炎を招く可能性もありますし、顎の骨が腐って膿みができることもあります。
さらには虫歯菌が血液から全身に回ってしまうこともあり、その場合脳梗塞や心筋梗塞を招く恐れがあります。
稀なケースではあるものの、実際に脳梗塞や心筋梗塞が起こって死亡した例もあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を治療する時は痛むのかについてまとめます。

  1. 痛みの有無は虫歯の進行次第 :虫歯の進行に応じて治療内容は異なり、進行した虫歯の治療は痛む
  2. 無痛治療 :麻酔、麻酔前の表面麻酔、静脈内鎮静法など、痛みを感じない虫歯の治療方法がある
  3. 痛みを抑える方法 :進行する前の段階で早く治療を受ければ痛みを抑えられる
  4. 治療しないとどうなるか :歯を失う、副鼻腔炎や骨髄炎を招く。脳梗塞や心筋梗塞も起こり得る

これら4つのことから、虫歯を治療する時は痛むのかが分かります。
治療する側の意見からすれば、確かに虫歯治療は痛むことはありますが、虫歯の痛みほどではありません。
虫歯の治療の場合、痛みよりも恐怖の方が強いのではないでしょうか。

単純に痛みだけで判断するなら、虫歯を放置して神経まで進行した方が余程辛い痛みを感じます。
このため、虫歯の治療の痛みはそこまで深刻に考えなくてもいいでしょう。
少しでも早く治療を受ければ、少しでも軽い治療を終えることができます。