お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

ホワイトニングで歯が白くなる仕組み|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

ホワイトニングで歯が白くなる仕組み

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。今回のテーマは「ホワイトニングで歯が白くなる仕組み」です。近年歯科では審美治療を希望する方が多く、その代表とも言えるのがホワイトニングです。

さて、ホワイトニングは歯を白くする治療ですが、どうやって歯が白くなるのでしょうか。ちなみにマニキュアの類ではないため、すぐに落ちてしまうことはありません。そこで、ここではホワイトニングでなぜ歯が白くなるのか?…その仕組みについて説明していきます。

エナメル質と象牙質について

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みを知るには、まずエナメル質と象牙質について知っておきましょう。
歯の表面にはエナメル質があり、私達が普段歯磨きで磨いているのはエナメル質になります。
そして、エナメル質の奥には象牙質があり、歯が変色しているのはこの象牙質が変色しているからです。

つまり歯の表面が変色しているわけではないため、いくら歯磨きしても歯を白くすることはできません。
歯の奥にある象牙質の変色を改善して白くする、それがホワイトニングという治療なのです。
ではどうやって白くするのか?…以下で分かりやすく説明していきます。

ホワイトニングの仕組み

透明のエナメル質の奥に変色した象牙質がある…これがホワイトニングを行う前の状態です。
ここでホワイトニングを行うことで、ホワイトニング剤の効果によってエナメル質の構造が変化します。
そして構造変化したエナメル質がマスキングの効果を果たし、象牙質を隠して白く見せるという仕組みです。

これは例を出して説明すると分かりやすいと思います。浴室を想像してみてください。
浴室には窓ガラスがありますが、その窓ガラスは曇りガラスのようになっていますよね。
これは外側から浴室が見えないための工夫であり、実はホワイトニングの仕組みもこれと同じです。

本来エナメルはガラス同様無色透明なため、その奥にある変色した象牙質が見えてしまいます。
しかしホワイニング剤を使用することでエナメル質が構造変化し、曇りガラスのようになるのです。
そうなることで変色した象牙質が見えなくなる…つまり歯を白く“見せる”という仕組みです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには3つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
どの種類がおすすめというのはなく、それぞれのメリットとデメリットを考慮して患者さんが判断します。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、高濃度のホワイトニング剤を使用します。
このため効果を早く実感できるのがメリットですが、その反面後戻りも早くなります。

ホームホワイトニング

マウスピースを使用して自身で行うホワイトニングです。オフィスホワイトニングとは全く逆で、
効果が出るまで期間がかかる分、白さを長く維持できます。最大のメリットは通院回数が少なくてすむことです。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。
言うまでもなく効果の高さで言えばこの方法がナンバーワンですが、
その分他の方法に比べて費用が高くなるのがデメリットです。

…どの種類の方法も効果が永久に続くわけではないですが、
ホワイトニングは重ねて行えるため、定期的に行うことで白さを維持できます。

市販のホワイトニング歯磨き粉について

ホワイトニングと聞くと、薬局などで販売されているホワイトニング歯磨き粉を連想する方もいると思います。
しかし、ここで説明しているホワイトニングとホワイトニング歯磨き粉は全くの別物です。
市販のホワイトニング歯磨き粉にはここで説明した効果は全くないため、その点は注意してください。

ホワイトニング歯磨き粉で綺麗にできるのは、あくまで歯の表面の汚れや着色です。
このため、コーヒーなどの汚れを落とすことはできますが、
変色した象牙質を白くする効果はないですし、白く見せるという効果もありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みについてまとめます。

  1.  エナメル質と象牙質について :変色しているのは歯の表面のエナメル質ではなくその奥にある象牙質
  2.  ホワイトニングの仕組み :エナメル質を構造変化させ、象牙質を見えなくさせることで歯を白く見せる
  3.  ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングの3つ
  4.  市販のホワイトニング歯磨き粉について :歯科医院のホワイトニングとは全くの別物

これら4つのことから、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みが分かります。
ホワイトニングは歯を白くしているわけではなく、白く見せているというのが仕組みです。
無色透明のエナメル質を構造変化させ、曇りガラス状態にして象牙質を隠しているのです。

また、ホワイトニングには3つの種類があることを知っておきましょう。
効果が出るまでの早さ、持続性、費用、何を重視するかを考え、
自分に合ったホワイトニングの種類を選んでください。