お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

虫歯になるとどんな症状が起こりますか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯になるとどんな症状が起こりますか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「虫歯の症状」です。
虫歯は誰もが嫌がりますが、嫌な理由は歯科医院の治療だという方が多いでしょう。
確かに、歯を削って詰め物を入れるのを不快に感じる気持ちは分かります。

そして、その意味でも歯科医院の治療が嫌だという意見は間違っていないでしょう。
では症状はどうでしょうか?…治療の嫌さだけに捉われて、
虫歯の症状を知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで虫歯の症状、さらにはその症状が起こる理由まで分かりやすく説明していきます。

歯が痛む

虫歯の症状として最も一般的なのが歯の痛みです。
最も、正確には歯の痛みというのは虫歯の症状と言うよりは虫歯の自覚症状と言った方が適切です。
さて虫歯になるとなぜ歯が痛むのかですが、本来歯の表面はエナメル質で覆われており、
このエナメル質は歯を刺激から保護しているのです。

しかし、虫歯になって歯に穴があくと進行することで穴は深くなり、
エナメル質の奥にある象牙質まで到達し、これによって象牙質が剥き出しになるのです。
象牙質はエナメル質と違って刺激に対して非常に敏感ですから、
これが剥き出しになることでささいな刺激で痛みを感じるようになってしまうのです。

冷たいものや熱いものがしみる

虫歯が一定以上進行すると、冷たいものや熱いものの飲食でしみるようになります。
ではなぜこうしたものの飲食でしみるのか?…その理由は実は上記で説明した歯の痛みと全く同じ理由です。
虫歯が象牙質まで進行すると、象牙質が剥き出しになって刺激に対して敏感になると説明しました。
この刺激というのは衝撃の類だけでなく、温度においても言えることなのです。

つまり冷たさや熱さといった温度を象牙質が感じることで、それが強い刺激となってしまうのです。
その結果、しみるという自覚症状を引き起こしてしまうのです。
最も、進行した歯周病においても同じ自覚症状がありますから、
冷たいものや熱いものがしみるからといって虫歯になっていると断定はできません。

歯の神経が死ぬ

虫歯が進行すると歯の神経まで虫歯菌におかされます。
そうなると痛みどころか激痛を感じるようになり、何もしなくてもズキズキと痛むようになるのです。
この時の痛みはとても我慢できるのではなく、夜中に痛んだ場合は眠れないほどの辛さがあります。
また、そこから一定期間経つと歯の神経が破壊されて死んでしまいます。

歯の神経が死ぬことで痛みは一切感じなくなるものの、
神経を失った歯には栄養が届かなくなり、脆くて不衛生な歯になってしまうでしょう。
さらに虫歯がここまで進行すると、歯を削っただけでは治せなくなってしまいます。
歯髄を除去して根管内を消毒・清掃する根管治療が必要になるのです。

命にかかわる病気を招く

虫歯は放置することで本当の怖さを発揮するようになります。
虫歯が末期段階まで進行すると既に歯はボロボロになっており、治療しても歯は元の機能を取り戻せません。
また、虫歯の影響で残骸のように残った歯も非常にやわらかくなっていますから、
被せ物を立てて処置することもできなくなってしまうのです。こうなると抜歯するしかありません。

さて、虫歯はこうして最終的に歯をボロボロにさせてしまいますが、それで終わりではありません。
虫歯菌が生き続けているとやがて虫歯菌は血液に侵入し、血管を通じて全身にまわります。
この時、脳に回ることで脳梗塞、心臓に回ることで心筋梗塞を引き起こす危険性があるのです。
確率としては確かに低いものの、実際に虫歯を放置することで大きな病気を招いて死に至った例もあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の症状についてまとめます。

1. 歯が痛む :象牙質まで進行することで刺激に敏感になり、ささいな刺激で痛むようになる
2. 冷たいものや熱いものがしみる :温度は刺激となり、冷たいものや熱いものの飲食でしみるようになる
3. 歯の神経が死ぬ :神経まで進行すると激痛を感じるようになり、やがて歯の神経は死んでしまう
4. 命にかかわる病気を招く :虫歯菌が血液に侵入すると脳梗塞や心筋梗塞を起こる要因になる

これら4つのことから、虫歯の症状が分かります。
虫歯の症状は歯に穴があくだけではありません。穴があくことで痛みを感じるようになりますし、
その穴はどんどん深くなって激痛を招いた後、やがては歯の神経まで破壊してしまいます。
さらに虫歯が進行すると、もう歯は原型をとどめていないほどボロボロの残骸のような状態になります。

こうなると治療しても歯を元に戻すことはできず、抜歯するしかなくなります。
そして、この後が虫歯の本当の怖いところ…血液に侵入した虫歯菌は血管を通じて全身に回り、
場合によっては脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすきっかけとなるのです。
つまり、最終的には「虫歯の症状=命にかかわる病気を招く」というところまで至ってしまうのです。