お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

ホワイトニングで痛みを感じることはありますか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

ホワイトニングで痛みを感じることはありますか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「ホワイトニングで痛みを感じるケース」です。
ホワイトニングは虫歯治療と違って歯を削ることもなければ抜くこともありません。

このため治療に恐怖を感じる人はあまりいませんが、それでも痛みの有無が気になる人もいるでしょう。
そこでお答えすると、ホワイトニングによって痛みを感じることがあるのは事実です。
ではなぜホワイトニングで痛みを感じることがあるのでしょうか。

痛みの原因は知覚過敏

冷たいものを食べた時、虫歯ではないのに一瞬ピリッとしみる痛みを感じた経験のある人もいると思います。
これは知覚過敏と呼ばれる症状で、歯の奥にある象牙質や神経が刺激を受けることで感じる痛みです。
とは言え、虫歯ではないため痛みはあくまで一時的なものです。

さてホワイトニングで痛む場合、その原因はこれと同じで知覚過敏が起こっているからです。
ホワイトニングで使用する薬剤が歯に浸透し、象牙質や神経に届いてしまうことで知覚過敏が起こるのです。
このため、ホワイトニングによる痛みも通常24時間以内におさまります。

痛みを感じやすい人

ホワイトニングは人によっては全く痛みを感じません。ではどんな人が痛みを感じやすいのでしょうか。
それは、以下のケースに該当する人です。

・虫歯がある、もしくはそれらの治療をした経験がある
・日頃から歯ぎしりをするクセがある
・噛み合わせが悪い
・最近歯にぶつけるなどの衝撃を与えた

…共通するのは、いずれのケースも歯にダメージを与えてしまっているという点です。
本来歯は刺激に対して非常に敏感であり、ちょっとした温度差ですら刺激となって感じます。
そうならないのは歯の表面にあるエナメル質が歯を刺激から守っているからです。

しかし上記のケースに該当する人は歯がダメージを受けているため、特定の箇所のみエナメルが傷ついている、もしくは失っていて象牙質が剥き出しになっている可能性があるのです。
そうなるとホワイトニングで使用する薬剤が象牙質などに浸透し、刺激となって痛みを感じてしまうのです。

歯肉が痛む場合

歯ではなく歯肉が痛む場合、その痛みは知覚過敏によるものではありません。
このケースで考えられるのは歯周病や歯肉が傷ついている可能性です。
ホワイトニングの薬剤は歯肉ギリギリまで塗るため、歯肉に問題があるとその時痛みを感じてしまいます。

歯周病の場合は歯肉が腫れた状態になっており、そこに薬剤があたることでピリピリした痛みを感じます。
また、歯肉が傷ついている場合も傷口に薬剤があたることで同様の痛みを感じます。
これらの場合も痛みは一時的なものですみますが、歯周病にかかっている以上は治療する必要があります

痛んだ時の対処方法

ホワイトニングで痛んだ場合、知覚過敏によるものなら痛みは24時間以内におさまります。
とは言え、我慢するのもつらい状態であれば痛みへの対処をしなければなりません。
この場合に効果的なのは、以下の3つの方法です。

・痛み止めを飲む
治療時に既に痛みを感じたなら、歯科医に伝えて痛み止めを処方してもらいましょう。
また、薬局で販売されている痛み止めでも痛みをおさえることができます。
ただし痛み止めには即効性はないため、効果が出るまで少し時間が掛かります。

・知覚過敏用の歯磨き粉を使用する
歯磨き粉の中には知覚過敏に効果的なものも販売されています。
薬局で構わないので薬剤師に相談し、知覚過敏用の歯磨きを購入しましょう。
それを使用して歯磨きすれば痛みをやわらげることができますし、知覚過敏の予防にもなります。

・冷たいものの飲食を避ける
知覚過敏が起こっている際、冷たいものを飲食してしまえば痛みはより酷くなります。
飲食すること自体は問題ないものの、冷たいものは刺激となってしまうのです。
このため、知覚過敏がおさまるまでの24時間は冷たいものの飲食を避けてください。

…こうした方法で痛みに対処できますが、ホワイトニングの痛みが長く続くことはありません。
もし2日も3日も痛むようであれば知覚過敏以外の可能性が考えられるため、
その際は痛み止めなどに頼り続けるのではなく必ず歯科医に相談してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングで痛みを感じるケースについてまとめます。

1. 痛みの原因は知覚過敏 :薬剤が歯に浸透した際、象牙質や神経に届いて知覚過敏を起こしている
2. 痛みを感じやすい人 :虫歯や歯ぎしりのクセなど、歯にダメージを与えてしまっている人
3. 歯肉が痛む場合 :歯周病による歯肉の腫れ、歯肉の傷などが原因で痛むこともある
4. 痛んだ時の対処方法 :痛み止めを飲む、知覚過敏用の歯磨き粉を使用する、冷たいものの飲食を避ける

これら4つのことから、ホワイトニングで痛みを感じるケースが分かります。
ホワイトニングで使用する薬剤は濃度も高いため、それだけ知覚過敏が起こりやすくなります。
本来こうした刺激から歯を守るためにエナメル質が歯を保護していますが、
何らかの理由でエナメル質の保護が行き届かないと知覚過敏を起こし、痛みを感じてしまうのです。