お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

急な歯の痛みでつらい時、痛みを止める方法を教えて下さい|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

急な歯の痛みでつらい時、痛みを止める方法を教えて下さい

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「急な歯の痛みへの対処方法」です。
急な歯の痛みに襲われた時、タイミングによっては歯科医院に行くことができません。

実際に、夜間に歯が痛んで時間的にも歯科医院に行けず、辛い経験をした人も多いと思います。
そんな時にはひとまず応急処置をして痛みを抑えるべきですが、
正しい応急処置の方法を知らないとむしろ痛みが酷くなってしまう可能性もあります。

そこで、ここでは急な歯の痛みに効果的な応急処置の方法を紹介します。

痛み止めを飲む

痛みを抑える痛み止めは、歯の痛みにも効果があります。
これは歯科医院で処方されたものでなくても、ドラッグストアなどで販売されているもので構いません。
ただし痛み止めは薬ですから、飲んだ瞬間に痛みが治まるわけではありません。

効果が出るまで時間が掛かりますし、だからと言って使用方法を守らず過度に飲むのも厳禁です。
また、基本的に歯の痛みは痛み止めで治まりますが、
神経まで進行した虫歯のような激痛に対しては、完全に痛みを抑えられないこともあります。

冷やす

歯が痛い時の対処の基本は冷やすことですが、直接冷やしてはいけません。
よく聞くのがお口に氷を含んで冷やす方法ですが、これは刺激が強すぎるので間違った冷やし方です。
特に知覚過敏の人は直接冷やすことで余計に痛んでしまうでしょう。

このため、冷やす場合は氷をくるんだタオルや水で濡らしたタオル、
もしくは解熱シートを貼って頬側から冷やすようにしてください。
一定の時間冷やしていれば、痛みは徐々に治まっていきます。

正露丸を詰める

ポイントは「飲む」ではなく「詰める」という点です。
正露丸は腹痛に効果的なイメージがありますが、実は歯の痛みにも効果があります。
この場合、正露丸を患部に押し込んで詰めるのが正しい使用方法です。

最も、これについては注意しなくても使用方法の欄をきちんと読めば記載されています。
詰めることで違和感があるかもしれませんが、痛み止めよりも早く痛みが治まるのがメリットです。
ちなみに、詰めた正露丸はやがて溶けていくので飲むことは気にしなくて構いません。

歯科救急センターに行く

夜間の急な体調不良で救急センターを利用した経験がある人もいると思いますが、
内科ではなく歯科においても同様の救急センターが存在します。
土日や祝日や夜間でも診療してもらえるため、歯科救急センターを知っておくと大変便利です。

もちろん地域ごとに存在するため、「歯科 救急 地域名」でネット検索すれば、
自分の最も近い距離にある歯科救急センターを簡単に探すことができます。
急な歯の痛みに備え、最寄りの歯科救急センターの連絡先や住所をあらかじめ控えておくと良いですよ。

歯が痛む時の禁止行為

応急処置のつもりが逆効果になって痛みが増してしまうケースもあります。
そこで、一見歯の痛みが治まるように思える行為でも、
実はやってはいけない間違った行為について以下で紹介しておきます。

飲酒や喫煙

歯が痛い時、辛い気分を紛らわせるために飲酒や喫煙に頼る人がいます。
しかし飲酒は血行が良くなるため、血流が神経を圧迫して痛みが余計に酷くなってしまいます。
さらに喫煙もタバコ自体が刺激物となるため、患部の状態を悪化させてしまうのです。

入浴

本来入浴はリラックス効果があるため、歯の痛みが落ち着くように思われます。
しかし入浴すれば身体が温まり、身体が温まれば血行が良くなってしまいます。
このため飲酒同様に血流による神経の圧迫が起き、痛みが余計に酷くなってしまうのです。

運動

本格的な筋トレのようなものではなく、適度に身体を動かすことも運動にみなされます。
これも飲酒や入浴同様に身体を温める行為になるため、やはり血行が良くなって痛みが増してしまいます。
このため、歯が痛い時には身体は安静にしておかなければなりません。

患部に触れる

歯が痛むと気になって患部に触れる人がいますし、
痛みを抑えようと歯をガチガチと噛み合わせる人がいます。
これらはいずれも患部への刺激となるため、痛みが酷くなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、急な歯の痛みへの対処方法についてまとめます。

1. 痛み止めを飲む :市販のもので良い。即効性はないので効果が出るまでに時間が掛かるのが欠点
2. 冷やす :直接患部を冷やすのは間違い。氷をくるんだタオルや解熱シートで頬側から冷やすのが正しい
3. 正露丸を詰める :飲むのではなく詰める。患部に押し込めば詰めれば痛みが治まる
4. 歯科救急センターに行く :「歯科 救急 地域名」で検索すれば最寄りの歯科救急センターが見つかる
5. 歯が痛む時の禁止行為 :飲酒、喫煙、入浴、運動、患部に触れるなど

これら5つのことから、急な歯の痛みへの対処方法が分かります。
ここで紹介した方法を知っておけば、急な歯の痛みにもある程度対処できるでしょう。
ただしどの方法においても治療効果がないことを忘れてはいけません。
あくまで痛みを一時的に抑えただけで、歯が痛む要因は依然そのままの状態です。
このため、痛みが治まった後は必ず歯科医院に行って治療してください。