お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯が痛い時は温めるべきか、それとも冷やすべきか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯が痛い時は温めるべきか、それとも冷やすべきか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯が痛い時には温めるべきか冷やすべきか」です。
歯が痛い時の対処としてよく質問があるのが、「温めるべきか冷やすべきか」です。

これは一見どちらも正しい対処に思えますよね。
温めればリラックス効果で痛みがやわらぎそうですし、痛みや腫れに対して冷やすというのも鉄則です。
そこで、ここでは「温める」か「冷やす」…どちらが正しいのかを説明していきます。

 「冷やす」が正しい


歯が痛い時の対処として正しいのは「冷やす」です。
ではなぜ冷やせば良いのかと言うと、これは歯が痛む理由が関係してきます。
歯の奥には神経があり、さらに血管も通って血液が流れています。

さて、血流が良くなればそれだけ多量の血液が流れるため、それによって神経が圧迫されますね。
そしてこの神経の圧迫こそ、痛みを感じる要因になります。
つまり、血液の流れを落ち着かせることが痛みを抑える上で必要になるのです。

ここで炎症が起きた時のことを想像してみてください。
炎症が起こった場合、冷やして血液の流れを遅くすることで症状がやわらぎます。
これと同じで、歯の痛みに対しても冷やして血液の流れを遅くさせ、神経の圧迫を防げば痛みはやわらぎます。

 「温める」がダメな理由

温めるのがダメな理由は、身体が温まると血流が良くなってしまうからです。
上記で説明したとおり、血流が良くなれば神経が圧迫されて痛みを感じてしまいます。
つまり、温めると血流が良くなって神経が圧迫され、その結果むしろ痛みが増してしまうのです。

ここで注意しなければならないのが、歯を温める以外にも血流が良くなる行為があるということです。
以下の行為はいずれも血流が良くなってしまうため、歯が痛い時にはやってはいけません。

・入浴する
・運動する
・飲酒する

…入浴は言うまでもないですが、実は運動も禁止です。
ちなみに運動というのは筋トレのような本格的なものに限らず、身体を動かすこと全般が対象になります。
また、飲酒は一時的に痛みが治まりますが、やはり血流が良くなるためすぐに痛みを感じてしまいます。

 正しい冷やし方を知っておく

歯が痛い時には冷やすのが正解ですが、正確には正しい冷やし方があります。
これを間違えると、いくら冷やしたとしても痛みが酷くなってしまいます。
ちなみに、やってはいけないのが氷などを口に含んで患部を直接冷やすことです。

患部を直接…それも氷で冷やすのは刺激として強すぎるため、
虫歯の度合いや知覚過敏の場合は余計に痛みを感じてしまうのです。
正しいのは頬側から冷やすことで、氷をくるんだ濡れタオルや解熱シートを使うと良いでしょう。

冷やす以外の対処方法

歯が痛い時に冷やすのは、あくまで対処方法の1つです。
応急処置として効果的な対処方法は他にもいくつかあるのでぜひ知っておきましょう。

痛み止めを飲むる

痛み止めは歯の痛みにも効果があります。
歯科医院で過去に処方されたものがあればそれで良いですし、市販のものでも構いません。
ただし痛み止めは即効性がないですから、痛みが治まるまでには多少時間が掛かります。

正露丸を詰めるる

腹痛時の対処としてほとんどの家庭で常備されている正露丸ですが、実は歯の痛みにも効果的です。
ちなみに、歯が痛い場合は飲むのではなく詰めるのが正しい使用方法です。
パッケージにも記載されていますが、患部に押し付けるようにして詰めてください。

ぬるま湯でうがいをする

食ベカスなどが詰まって炎症が起きている場合、うがいをして食べカスを綺麗に流しましょう。
注意点は、うがいの場合は冷水ではなくぬるま湯でするということです。
冷水は氷同様に刺激が強いのでぬるま湯の方が良いですし、もしあればうがい薬もおすすめです。

 歯の痛みを避けるためには

いくら対処方法を知っていても、急な歯の痛みは辛いでしょう。
さて、こうした歯の痛みを避けられる方法が1つあり、それは歯科医院で定期検診を受けることです。
そもそも歯の痛みの要因は虫歯が主ですから、虫歯の予防が痛みを避けるポイントになってきます。

歯科医院で定期検診を受けていればそんな虫歯を予防しやすくなりますし、
例え虫歯になっても検診の際に初期段階での発見が可能です。
そうすれば痛みを感じる前に治療でき、今回のテーマのような歯の痛みに襲われることがなくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛い時には温めるべきか冷やすべきかについてまとめます。

1. 「冷やす」が正しい :温めると血流が良くなり、そのせいで神経が圧迫されて痛みが酷くなる
2. 「温める」がダメな理由 :血流が良くなるため。その意味では入浴や運動や飲酒も良くない
3. 正しい冷やし方を知っておく :患部を直接冷やすのではなく、頬側から冷やす
4. 冷やす以外の対処方法 :痛み止めを飲む、正露丸を詰める、ぬるま湯でうがいをする
5. 歯の痛みを避けるためには :歯科医院で定期検診を受け、虫歯を初期段階で治すようにする

これら5つのことから、歯が痛い時には温めるべきか冷やすべきかが分かります。
歯が痛い時には冷やすことで痛みを抑えることができますが、
その効果は一時的なものでしかありません。

今後痛みを感じないようにするためには起きている症状の治療が必要ですし、
そのためには歯科医院に行かなければなりません。
このため、今回お伝えしたのはあくまでも応急処置の1つとして参考にしてください。