お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

インプラント治療を受ける際、どんな流れになりますか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

インプラント治療を受ける際、どんな流れになりますか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「インプラント治療の流れ」です。
インプラント治療を受けようと思う際、患者さんが最も不安に感じるのは治療内容です。

虫歯治療と違って治療内容が一般的ではないですし、
歯を失った際の治療と言えば入れ歯を想像するからです。
もちろん入れ歯とインプラントでは治療内容が全く異なるため、ここではインプラント治療の流れを説明します。

「1回法」と「2回法」の違い

まず知っておかなければならないのは、インプラント治療の方法は2種類あるということです。
それは「1回法」と「2回法」で、名称についている数字は必要な手術の回数を表します。

つまりインプラント治療において1回法では1度の手術、2回法では2度の手術を行います。
それぞれのメリットについては治療内容を知ってからの方が把握しやすいので、治療の流れの中で説明します。

カウンセリングと精密検査

インプラント治療では、虫歯治療のようにすぐに治療を始めるわけではありません。
まずは治療内容全般や費用の件などについての説明、
さらに患者さんの質問に答えるためにカウンセリングを行います。

「カウンセリングを受ける=インプラント治療を受ける」とはならないですし、
中には無料でカウンセリングを行う歯科医院もあるので、インプラント治療に興味がある人は利用しましょう。
カウンセリングを経て患者さんが治療を決断した後、今度は精密検査を行います。

インプラント治療は手術を必要とするため、身体の健康状態によっては治療を受けられません。
持病の確認や口腔内の状態をCTなどによって精密に検査し、問題がなければ治療にすすみます。

手術

ここから本格的なインプラント治療に入ります。まず手術を行いますが、
この手術では歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、そこにインプラント体を埋め込みます。
また、1回法と2回法の違いによってこの時点での治療内容が異なります。

・1回法の場合
インプラント体にアバットメントが装着した状態になっています。
インプラント体を埋め込んだ後は切開した歯肉を閉じますが、この時アバットメントは露出したままになります。

・2回法の場合
インプラント体にアバットメントが装着されておらず、アバットメントは2度目の手術時に装着します。
このため2回法ではインプラント体を埋め込み、歯肉を閉じた後はそこには何もない状態になります。
ちなみに2回法の場合はこの時の手術を「一次手術」と呼び、後に行う2度目の手術を「二次手術」と呼びます。

定着期間

埋め込んだインプラント体はすぐに骨と結合しないため、結合するのを待つために期間を設けます。
これが定着期間で、この後の治療はインプラント体と骨が完全に結合したのを確認してから行います。
定着期間の長さには個人差がありますが、一般的には3ヶ月ほど掛かる人が多いです。

また、1回法では既にアバットメントを装着しているため、定着期間中はアバットメントが露出した状態です。
このため細菌に感染するリスクが高まり、これが1回法の欠点とされています。
一方2回法ではその点のリスクはないものの、この後もう1度手術を行う点で負担が大きくなります。

二次手術

定着期間を終えた後の治療ですが、この二次手術が必要なのは2回法の場合のみになります。
二次手術の目的はアバットメントの装着です。
手術によって歯肉を切開し、埋め込んだインプラント体を露出させます。

そこにアバットメントを装着し、後は歯肉を閉じて手術完了です。
2回法ではこの時点でアバットメントを装着する分、1回法に比べて細菌に感染するリスクは低くなります。
ただし実質2度の手術を行うという点で、身体や精神面に大きな負担を掛けてしまうのが欠点です。

上部構造の取り付け

上部構造…すなわち被せ物の取り付けです。
人工の歯となる部分ですので、しっかりと精密に型を取って上部構造を作ります。
1回法の場合は二次手術を行わないため、定着期間を終えた後はそのままこの段階の治療に入ります。

一方2回法の場合は二次手術によって歯肉が傷ついた状態ですので、
この段階の治療に入るのは歯肉の傷が癒えた後になります。
上部構造が完成して取り付けたら、インプラント治療完了です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療の流れについてまとめます。

1. 「1回法」と「2回法」の違い :インプラント治療では、「1回法」と「2回法」の2種類の方法がある
2. カウンセリングと精密検査 :治療全般の説明を行い、患者さんの健康状態を細かく確認する
3. 手術 :歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、インプラント体を埋め込む。1回法ではアバットメントも装着する
4. 定着期間 :埋め込んだインプラント体と骨が結合するのを待つための期間
5. 二次手術 :1回法の場合は行わない。2回法の場合はここでアバットメントを装着する
6. 上部構造の取り付け :1回法の場合は定着期間後に行う。型を取って上部構造を取り付けて治療完了

これら6つのことから、インプラント治療の流れが分かります。
1回法においても2回法においてもインプラント治療の流れを説明しましたが、
いずれの方法においても治療後は定期的にメンテナンスを行います。
しっかりとメンテナンスを受けるか受けないかで、インプラントの寿命が大きく変わってきます。