お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

インプラントはどんな治療内容なのですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

インプラントはどんな治療内容なのですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

インプラントはどんな治療内容なのですか?

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「インプラントの治療内容」です。
インプラントは歯科治療の中でも最先端の治療方法です。
以前なら、歯を失った場合は入れ歯で対処するしかありませんでした。

しかも入れ歯は天然の歯と感覚が程遠く、噛む力も弱い上に外れてしまうという欠点があります。
その点、最先端の治療方法であるインプラントは天然の歯に近い審美性と機能性の高さを持っています。
さて、ここではインプラントをする際の治療内容について説明していきます。

 インプラントの構造

まずはインプラントの構造を知っておきましょう。
インプラントは「上部構造」と「インプラント体」と「アバットメント」の3つの部品から成り立っています。

・上部構造
いわゆる被せ物で、人工の歯の役割を果たします。
インプラントの審美性が高いのは、この上部構造がセラミックになっているためです。
見た目がただ白いだけでなく、天然の歯に近い白さや光沢を持っています。

・インプラント体
人工の歯の根の役割を果たします。
インプラント体によって歯の根を再現することで、入れ歯にはない安定性と機能性を得られます。
インプラント体は手術によって顎の骨に埋めこみますが、これがインプラントの治療内容のメインになります。

・アバットメント
上部構造とインプラント体を連結するためのもので、アバットメントは言わばジョイント代わりです。
人工の歯である上部構造と人工の歯の根であるインプラント体、これらは直接つなげることができません。
このため、ジョイント役としてアバットメントを使用します。

…セラミックの上部構造によって審美性が高く、
歯の根を再現したインプラント体によって安定性と機能性も高い、これがインプラントの仕組みと特徴です。

 インプラントの治療内容

インプラントの治療内容には2つのパターンがあります。
1つは「1回法」と呼ばれる方法で、もう1つは「2回法」と呼ばれる方法です。
これらの主な違いは手術を行う回数で、1回法では文字どおり1度の手術を、2回法では2度の手術を行います。
では、1回法と2回法のそれぞれの治療の流れを説明していきます。

1回法の治療の流れ

精密検査を行った後に手術を行います。
手術では歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、そこにインプラント体を埋め込みます。
この時、インプラント体はアバットメントを装着した状態になっています。

手術後はインプラント体を埋め込んだ箇所の歯肉を閉じ、アバットメントだけ露出した状態になります。
その後は、埋め込んだインプラント体と骨が完全に結合するのを待つために期間を空けます。
この期間を定着期間と呼び、インプラント体と骨が完全に結合したら型を取って上部構造を取り付けます。

つまり流れとしては、

1.「精密検査」
2.「インプラント体を埋め込む手術」
3.「定着期間」
4.「型を取って上部構造の取り付け」

…のようになります。

2回法の治療の流れ

精密検査の後に手術を行いますが、2回法では2度の手術を行うため、この時の手術を一次手術と呼びます。
一次手術では歯肉を切開、顎の骨に穴をあけてインプラント体を埋め込みます。
インプラント体を埋め込んだら歯肉を閉じ、定着期間によってインプラント体と骨の完全な結合を待ちます。

インプラント体と骨が完全に結合した後、このタイミングで二次手術を行います。
二次手術では再び歯肉を切開して埋め込んだインプラント体を露出させ、そこにアバットメントを装着します。
その後、二次手術の傷が癒えてから肩を取って上部構造を取り付けます。

つまり流れとしては、

1.「精密検査」
2.「インプラント体を埋め込むための一次手術」
3.「定着期間」
4.「アバットメントを装着するための二次手術」
5.「二次手術の傷が癒えた後、型を取って上部構造の取り付け」

…のようになります。

  1回法と2回法の比較

1回法と2回法を比較すると手術回数に違いがあり、
その違いを生んでいるのはアバットメント装着のタイミングです。

1回法の場合はインプラント体を埋め込む時点でアバットメントも装着するため、
アバットメントを装着するための二次手術が必要ありません。
このため1回法は治療期間も短く、なおかつ手術への身体や精神面への負担を減らせます。

その点で言えば1回法の方が優れていますが、
1回法は定着期間中もアバットメントが露出しているため、細菌に感染しやすい欠点があるのです。
つまり、安全性がより高いという点を重視するなら2回法の方が優れているでしょう。

 まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの治療内容についてまとめます。

1. インプラントの構造 :上部構造、インプラント体、アバットメントの3つの部品からできている
2. インプラントの治療内容 :1回法と2回法の2つの治療方法があり、それぞれ必要な手術の回数が異なる
3. 1回法と2回法の比較 :1回法は治療期間が短く負担が小さい。2回法はより安全性が高い

これら3つのことから、インプラントの治療内容について分かります。
ここでは1回法と2回法の治療方法を説明しましたが、以前のインプラントでは治療方法は2回法のみでした。
つまり1回法は新しい治療方法であり、そのため歯科医院によっては1回法に対応していないところもあります。