お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

セラミック治療について、銀歯との比較を交えて説明してください|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

セラミック治療について、銀歯との比較を交えて説明してください

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミック治療と銀歯との比較」です。
セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにする治療です。

歯科ではセラミック治療は審美治療に含まれますが、詰め物や被せ物として使用することから、
審美歯科でなくてもセラミック治療を行っている歯科医院は多くあります。
さて、ここではセラミック治療を検討する上で重要となるセラミックの特徴について説明していきます。

セラミックにするメリット

セラミック治療によって詰め物や被せ物をセラミックにすることで以下のようなメリットがあります。
そして、これらはいずれも銀歯では再現できないメリットです。

見た目が美しい
セラミックにする最大のメリットが審美性の高さです。
セラミックは天然の歯と比べても見分けがつかないほどの美しさを誇るため、
本来人に見せたくない詰め物や被せ物を堂々と見せて会話できるようになります。

二次カリエスを予防できる
二次カリエスとは虫歯の再発で、二次虫歯とも呼ばれます。
銀歯を使用している人のほとんどがこの二次カリエスに悩まされますが、
プラークが付着しにくく接着もしっかりしているセラミックにすれば、二次カリエスを予防しやすくなります。

詰め物や被せ物としての寿命が長い
詰め物や被せ物は年数が経過すると劣化するため、その際は新しいものに交換しなければなりません。
銀歯の寿命は一般的に5年ほどですが、セラミックの寿命はその倍…つまり10年以上になります。
劣化によって金属イオンが溶け出すような問題もなく、長期間美しさを維持したまま使用できます。

金属アレルギーの人でも使用できる
金属アレルギーの人は、銀歯はアレルギー対象になるため使用することはできません。
その点セラミックは陶器でできているため、金属アレルギーが起こる心配がなく安心して使用できます。
ただし、例外としてメタルボンドは一部金属を使用しているので注意してください。

セラミックにするデメリット

セラミックにすることにはメリットがある一方でデメリットもあります。
そして、以下でお伝えするデメリットは銀歯と比較した際のデメリットです。

健康保険が適用されない
詰め物や被せ物は健康上必要なものですが、審美目的を兼ねたセラミックには健康保険が適用されません。
このため、銀歯に比べると費用が高くなってしまいます。
ただし、中には比較的費用が安いお手軽なセラミックも存在します。

強度に不安がある
単純に硬さだけで比較すればセラミックよりも銀歯の方が強度に優れています。
このため、セラミックを奥歯に使用すると欠けたり割れたりすることがあります。
ただし、メタルボンドやジルコニアセラミックは強度に長けているため、奥歯でも安心して使用できます。

セラミックの種類

セラミックにはいくつかの種類があり、患者さんが好きな種類のセラミックを選択できます。
現状セラミックには以下の4つの種類がありますが、
歯科医院によっては取り扱っていない種類のセラミックもあります。

オールセラミック
文字どおり100%セラミックでできており、セラミックの中で最も美しいとされるタイプです。
年数経過による変色も起こらず、ケア次第では15年ほど美しいまま使用している人もいるほどです。
セラミックの種類の中で最上位に位置しますが、その分他のセラミックに比べて費用は高くなります。

ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンが混ざっており、その特徴が長所にも短所にもなっています。
長所としては柔軟性があり、さらに100%セラミックでないため費用が安く設定されていることです。
一方短所としてはオールセラミックに比べて審美性が劣り、さらに年数経過による変色も起こり得ます。

メタルボンド
見える表側がセラミック、見えない裏側が金属になった特殊なタイプです。
金属を使用しているためセラミックでありながら金属の強度を誇っており、奥歯に使用しても安心です。
短所は年数経過によって金属が露出する可能性があることと、金属アレルギーの対象になることです。

ジルコニアセラミック
新しいタイプのセラミックで、人工ダイヤモンドであるジルコニアを使用しています。
このため非常に硬く、さらにオールセラミックには劣るものの充分な美しさを誇ります。
強度に優れた点からメタルボンドと比較されることが多く、メタルボンドの後継的存在とされています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療と銀歯との比較についてまとめます。

1. セラミックにするメリット :「見た目が美しい」、「二次カリエスを予防できる」、「寿命が長い」
2. セラミックにするデメリット :「健康保険が適用されない」、「強度に不安がある」
3. セラミックの種類 :「オールセラミック」をはじめ、現状4種類のセラミックが存在する

これら3つのことから、セラミック治療と銀歯との比較について分かります。
セラミック治療は健康保険が適用されないため、
美容整形のような高額な治療のイメージがあるかもしれません。

しかし注目すべき点は、セラミックにするメリットが審美性の高さだけではないということです。
審美性だけでなく機能性にも長けており、銀歯に比べて衛生面を保ちやすくもなるのです。
それは自分の歯を守ることにもなるため、そう考えるとセラミック治療は費用に見合った価値があるのです。