お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

銀歯かセラミックで迷っています。銀歯と比較した時のセラミックのメリットを知りたいです|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

銀歯かセラミックで迷っています。銀歯と比較した時のセラミックのメリットを知りたいです

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミックのメリット」です。
詰め物や被せ物で処置する時、以前はそれらの材質に銀歯を選択するのが一般的でした。

しかし最近では銀歯よりもセラミックを希望する人が増えていますし、
既に銀歯を使用している人がセラミックに交換するケースも少なくありません。
そこで、ここでは銀歯と比較した場合のセラミックにするメリットについて説明します。

見た目が美しい

セラミックの最大のメリットは審美性の高さです。
銀歯は見た目が悪い上に目立つため、そのせいで人との会話や食事に抵抗を感じる人も多いでしょう。
その点セラミックは見た目が美しく、ただ白いだけでなく天然の歯に近い光沢も持っています。

特に最も美しいとされるオールセラミックは、一見天然の歯と見分けがつかないくらいです。
また、銀歯は年数経過によって金属イオンが溶け出すため、歯肉が黒く変色する問題があります。
しかし陶器であるセラミックにその心配はなく、歯だけでなく歯肉の美しさも維持できます。

金属アレルギーの人でも使用できる

金属を使用した銀歯は、金属アレルギーの人にとってはアレルギーの対象になってしまいます。
その点セラミックは金属を使用していないため、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただし、これについては全てのセラミックが該当するわけではないので注意が必要です。

と言うのもセラミックにはいくつか種類があり、その中にはメタルボンドと呼ばれるものがあります。
メタルボンドもセラミックの1種ですが、名前のとおり一部金属を使用しています。
これについては銀歯同様、金属アレルギーの対象になってしまいます。

寿命が長い

セラミックも永久に使用できるわけではないですが、寿命は銀歯よりも遥かに長くなっています。
銀歯の場合は一般的に5年ほどで交換が必要になり、劣化することで金属イオンの溶け出しが起こります。
一方セラミックの場合は一般的に銀歯の倍以上…つまり寿命は10年以上とされています。

ケア次第ではさらに長く使用することもできますし、オールセラミックなら年数経過による変色も起こりません。
このため使用している間は目立った劣化がなく、審美性の高さを維持し続けることができます。
また、セラミックは銀歯のように成分の溶け出しが起こらないため、その点も心配も必要ありません。

虫歯の再発を予防できる

一度虫歯治療をした歯が再度虫歯になることを二次虫歯と呼びます。
そして銀歯の場合、この二次虫歯に悩まされる人が非常に多いのです。
理由としては銀歯の接着が剥がれやすいこと、さらにプラークが付着しやすいことが挙げられます。

一方セラミックは歯との接着の相性も良く、さらにツルツルなのでプラークも付着しにくくなっています。
このため、銀歯のように二次虫歯が起こるケースが少ないのです。
二次虫歯を防ぐことは再びの治療を防ぐことになり、それは結果的に自分の歯を守ることにつながります。

セラミックの種類ごとの独自のメリット

セラミックにはオールセラミック、ハイブリッドセラミック、
メタルボンド、ジルコニアセラミックの現状4つの種類があります。
これらはそれぞれセラミック全般に言えるメリットに加え、さらに独自のメリットも持っています。

オールセラミックのメリット
審美性と機能性、ともにセラミックの中でもトップなのがオールセラミックです。
元々セラミックは審美性が高いですが、その中でもオールセラミックは特に審美性が高く、
美しさにこだわりたい人におすすめです。ただしその分費用は他のセラミックよりも高めになっています。

ハイブリッドセラミックのメリット
セラミックにしたいけど費用の高さが気になるという人におすすめです。
ハイブリッドセラミックはレジンが混ざっているため、オールセラミックに比べて費用が安くなっています。
ただし、レジンの影響で年数経過による変色が起こることもあります。

メタルボンドのメリット
セラミックが銀歯に劣る点として強度が挙げられます。
実際、セラミックはあまり強い力で噛んでしまうと欠けたり割れたりする事故が起こります。
その点メタルボンドは一部金属を使用しているため、セラミックでありながら金属の強度を誇ります。

ジルコニアセラミックのメリット
メタルボンド同様に強度に優れたセラミックで、奥歯に使用する場合はおすすめです。
さらにメタルボンドよりも美しいため、メタルボンドの後継的存在と位置付けられています。
ただしオールセラミック同様、費用が他のセラミックよりも高めになっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックのメリットについてまとめます。

1. 見た目が美しい :白いだけでなく、天然の歯に近い光沢も持っている
2. 金属アレルギーの人でも使用できる :セラミックは陶器なので金属アレルギーの心配がない
3. 寿命が長い :銀歯の寿命が約5年なのに対して、セラミックの寿命は約10年以上
4. 虫歯の再発を予防できる :接着もしっかりしてプラークも付着しにくいので二次虫歯が起こりにくい
5. セラミックの種類ごとの独自のメリット :セラミックは4種類存在し、それぞれ独自のメリットを持つ

これら5つのことから、セラミックのメリットについて分かります。
二次虫歯を予防できる、金属アレルギーの心配がない、寿命が長い、
セラミックのメリットに注目すると詰め物や被せ物として機能性においても優秀なことが分かります。
審美性の高さだけでなく、セラミックのメリットにはこうした機能性の高さも挙げられます。