お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病と虫歯は違う病気ですから、予防の仕方も違うのでしょうか|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病と虫歯は違う病気ですから、予防の仕方も違うのでしょうか

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病と虫歯の予防方法は同じなのか」です。
歯周病は歯の周り…すなわち歯肉の病気で虫歯は歯の病気です。

つまりこれらは全くの別の病気ですから、そう考えると予防方法も違うように思えます。
そこで、ここでは歯周病と虫歯をテーマにして予防方法、
さらにはそれぞれの症状の違いについても説明していきます。

予防の基本はどちらも歯磨き

歯周病も虫歯も予防方法は同じです。
どちらも発症の要因は細菌の感染で、歯周病は歯周病菌、虫歯は虫歯菌によって引き起こされます。
そして、これらの細菌はプラークの中に潜んでおり、すなわちプラークの除去が予防の基本になります。

さて、プラークを除去するには歯磨きが効果的ですが、効率よくプラークを除去しなければ効果はありません。
つまり精密な歯磨きが必要であり、そのためにはどうすれば良いのでしょうか。
歯磨きの精度を高めるためには、以下の方法が効果的です。

•デンタルフロスや歯間ブラシを使用する
ブラッシングだけの場合、プラークの除去率は一般的に6割ほど…つまり4割の磨き残しが発生します。
その点、デンタルフロスや歯間ブラシを使用すればプラークの除去率をさらに2割高めることができます。
ちなみにデンタルフロスは虫歯予防、歯間ブラシは歯周病予防に効果的とされています。

•プラークチェッカーを使用する
プラークチェッカーを使用するとプラークが染色され、目に見える状態になります。
このため、確実に磨き残しを防ぐことができます。
また、数日間連続して使用することで自分の歯磨きの弱点が分かります。

•ブラッシング指導を受ける
予防歯科や定期検診では、歯科医からブラッシング指導を受けることができます。
いわゆる正しい歯磨きの方法で、これをマスターすることで自分の歯磨きの技術が向上します。
歯並びに合った磨き方の指導を受けられるため、自分の歯並びに最適な磨き方が分かります。

発症のリスクの差

歯周病と虫歯の予防方法は同じです。しかし発症のリスクは人によって異なるため、
中には虫歯よりも歯周病になりやすい、もしくは歯周病よりも虫歯になりやすい人がいます。

2-1. 歯周病になりやすい人
まず、男性よりも女性の方が歯周病になりやすく、これは女性モルモンが理由になっています。
歯周病菌の中には女性ホルモンをエネルギーとするものがあるため、
妊娠時など女性ホルモンが過剰に分泌する時期には歯周病になりやすいのです。

また、糖尿病の人は歯周病になりやすいと言われていますし、
タバコを吸う人は吸わない人に比べて歯周病になりやすく、さらに重症化しやすい傾向があります。
さらにストレスを溜めると身体の免疫力が低下するため、歯周病菌にも感染しやすくなります。

2-2. 虫歯になりやすい人
虫歯は食生活によって発症のリスクが大きく変化します。
糖の摂取が多い、ダラダラ食いをする、これらのクセがある人は虫歯になりやすいです。
糖は虫歯菌の働きを活発にさせますし、ダラダラ食いは正常な歯の再石灰化を妨げてしまうからです。

また、歯並びが悪い人は歯磨きがしづらいので虫歯になるリスクが高くなります。
これは噛み合わせにも言えることで、
噛み合わせが悪いことでプラークが剥がれにくくなり、その影響で虫歯になるリスクが高まります。

歯周病と虫歯の予防方法

歯周病と虫歯を予防するには、以下の3つを実践すると効果的です。

•精度の高い歯磨き
上記でも説明しましたが、デンタルフロスは歯間ブラシを使って効率よくプラークを除去しましょう。

•生活習慣の改善
ストレスや疲労の解消、正しい食生活に改善することで身体の免疫力が高まります。

•定期検診を受ける
歯科医院の定期検診では歯のクリーニングなどを行っており、予防効果の高い治療を受けられます。

…特に定期検診を受けることは重要で、
歯周病や虫歯を予防するだけでなくこれらの病気を早期発見できるメリットがあります。
3ヶ月に1度、長くても6ヶ月に1度は歯科医院で定期検診を受けるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の予防方法は同じなのかについてまとめます。

1. 予防の基本はどちらも歯磨き :デンタルフロスを使用するなど、精度の高い歯磨きが必要
2. 発症のリスクの差 :予防方法は同じだが、歯周病になりやすい人や虫歯になりやすい人もいる
3. 歯周病と虫歯の予防方法 :精度の高い歯磨き、生活習慣の改善、定期検診を受ける

これら3つのことから、歯周病と虫歯の予防方法は同じなのかについて分かります。
歯周病と虫歯は同じ予防方法ですが、これらの病気にはもう1つ重要な共通点があります。
それは、どちらの病気も歯を失う怖い病気だということです。

特に歯周病の場合、虫歯のような痛みを感じないことから軽視する人が少なくありません。
しかし歯周病は痛みを感じないからこそ自覚しにくく、その結果進行してしまいやすい病気です。
そして最終的には歯を失いますし、虫歯同様に歯周病も徹底予防しなければなりません。