お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病の自覚症状の1つ、「歯が長くなって見える」について教えてください|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病の自覚症状の1つ、「歯が長くなって見える」について教えてください

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病の自覚症状」です。
歯周病には虫歯の痛みのような分かりやすい自覚症状がありません。

このため「静かなる病気」と呼ばれ、知らない間に発症して進行しやすいのが歯周病の特徴です。
とは言え、歯周病の自覚症状が全くないわけではありません。
特に「歯が長くなって見える」の自覚症状は鏡を見て確認できるため、分かりやすい自覚症状の1つです。

歯周病と歯肉の退縮

歯周病になると歯肉に変色や腫れが見られるようになりますが、
これは歯周病によって歯肉が炎症を起こすからです。
初期段階の歯周病では歯肉の炎症以外の症状は起こりませんが、進行した場合は別の症状も起こります。

それは歯槽骨が溶かされることです。歯槽骨とは顎の骨であり、歯を支える役割を担っています。
このため歯周病が進行して歯槽骨が溶かされると、歯は支えを失うことになります。
そしてこのように歯槽骨が溶かされた時、その影響で歯肉が退縮するのです。

この歯肉の退縮が、「歯が長くなって見える」という自覚症状に深く関係するのです。

歯肉の退縮と歯の根の露出

歯肉が退縮することは、歯肉の高さが下がることを意味します。
そして歯肉が下がれば、本来なら歯肉に埋まって見えないはずの歯の根が露出します。
…これが、歯周病になると歯が長く見える理由です。

まとめると、歯周病によって歯槽骨が溶かされるとその影響で歯肉が下がります。
歯肉が下がることで歯の根元が露出するため、今までの状態と比べて歯が長くなったように見えます
つまり本当に歯が長くなったわけではなく、歯の根が露出することで一見歯が長くなって見えるのです。

ここで重要なのが、この自覚症状が起こった時には歯周病がある程度進行しているということです。

歯の根の露出と知覚過敏

歯の根が露出すると知覚過敏が起こるようになります。
知覚過敏とは刺激や温度を感じた時に一瞬歯がピシッとしみることで、ホワイトニングなどの際に起こります。
なぜ歯の根が露出すると知覚過敏が起こるのか?…それは歯の根はエナメル質に覆われていないからです。

本来歯の象牙質は刺激に対して敏感ですが、そのような刺激を感じないのはエナメル質のおかげです。
歯の表面のエナメル質が象牙質を刺激から保護し、そのため普段の生活で痛みを感じずにすむのです。
しかし露出した歯の根は象牙質そのもので、エナメル質に覆われていません。

このため歯の根が露出することは象牙質が剥き出しになるのに等しく、知覚過敏が起きてしまうのです。

その他の自覚症状

自覚症状はその病気に気づくためのきっかけとなるもので、その意味では身体が発するSOSのサインです。
今回のテーマである「歯が長く見える」は歯周病の自覚症状の1つですが、
実際には歯周病の自覚症状はそれだけではありません。

以下で紹介するのはいずれも歯周病の自覚症状であり、
該当することがあれば例え歯が長いと感じなくても歯周病を疑ってみるべきでしょう。

・歯肉が腫れている、変色している
歯周病になると歯肉が炎症を起こすため、患部の歯肉に腫れや変色が見られます。
ちなみに赤く変色しているのは歯周病菌と戦うため、血液がその箇所に集中しているからです。

・歯磨きや食事の時に歯肉から出血する
歯周病になって炎症を起こした歯肉はささいな刺激で出血しやすくなっています。
このため、歯磨きや食事の時に歯肉から出血するのは歯周病が原因の可能性があります。

・口臭がする
歯周病になると口臭はキツくなると言われています。
細菌が繁殖している上、歯肉から出た膿みや出血が原因で口臭がするようになります。

・歯石がある
「歯石がある=歯周病」とは限りませんが、
歯石があると歯周病になりやすいですし、さらに進行もしやすくなります。

・冷たいものや熱いものの飲食でしみる
今回のテーマである「歯が長く見える」に関係した自覚症状です。
露出した歯の根元は刺激に対して敏感なため、冷たいものや熱いものを飲食するとしみや痛みを感じます。

・歯が動く、グラつく
分かりやすい自覚症状ですが、ここまでの自覚症状が起こった時には歯周病が相当進行しています。
このため、本来この自覚症状が起こる前に歯周病に気づかなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の自覚症状についてまとめます。

1. 歯周病と歯肉の退縮 :歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされ、その影響で歯肉が退縮する
2. 歯肉の退縮と歯の根の露出 :歯肉が退縮すると歯肉が下がり、歯の根元が露出して歯が長く見える
3. 歯の根の露出と知覚過敏 :露出した歯の根はエナメル質に覆われていないため、知覚過敏が起こる
4. その他の自覚症状 :歯肉の腫れや変色、歯磨きや食事の際の歯肉からの出血、口臭がするなど

これら4つのことから、歯周病の自覚症状について分かります。
今回のテーマである歯が長く見える自覚症状は、歯周病の中期段階で見られるものです。
このため、早期発見で考えるとこの自覚症状が起こるまで歯周病に気づかないのは問題です。
定期検診を受けるなどして、もっと早い段階で歯周病を発見できれば治療も簡単なもので終わります。