お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病になると歯が抜けるのはどうしてですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病になると歯が抜けるのはどうしてですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病になると歯が抜ける理由」です。
歯周病は歯肉の病気ですから、一見歯には何の害もない病気に思えます。

実際に歯周病になっても歯が痛むことはほとんどなく、症状が起こるのは歯肉だけのイメージです。
しかし、歯周病になると最終的に歯を失うことになります。
ではなぜ歯肉の病気ある歯周病が歯を失うことにつながるのでしょうか。

歯周病と歯槽骨

そもそも歯がしっかりと安定しているのは、歯槽骨によって支えられているからです。
歯を建物に例えるなら歯槽骨は土台であり、土台があるからこそ建物も安定しています。
しかし歯周病が進行すると、この歯槽骨が溶かされてしまうのです。

歯槽骨が溶かされれば歯は支えを失うことになるため、当然不安定な状態になってグラつきます。
そして治療しない限り歯槽骨はどんどん溶かされていきますから、
やがて歯は完全に支えを失って抜け落ちてしまうのです。これが歯周病になると歯が抜ける理由です。

歯周病と早期発見

歯周病で歯が抜ける理由は歯を支える歯槽骨が溶かされるからですが、
歯周病になった時点ですぐにそうなってしまうわけではありません。
歯周病は虫歯同様に進行する病気であり、進行することで徐々に溶かされていくのです。

逆に言えば、歯周病になっても進行前に治療すれば歯が抜けることはないわけです。
つまり歯周病で歯を失わないためには歯周病を予防するのはもちろんのこと、
歯周病になったとしても早期発見して早期治療することが大切になります。

歯周病と自覚症状

歯周病になっても早期発見して早期治療すれば歯を失うことはありません。
しかしそれは難しく、実際に歯周病は日本人が歯を失う要因のトップというデータがあります。
ではなぜ歯周病は進行しやすいのか?…その理由として挙げられるのが自覚症状の問題です。

歯周病は「静かなる病気」と表現されることもあり、表現どおり自覚症状の少ない病気です。
自覚症状がなければ自分が歯周病だと気づかないため、治療を受ける機会もありません。
そうなれば歯周病はどんどん進行してしまい、気づいた時には歯を失うというケースが多いのです。

<歯周病の自覚症状>
誤解のないように言っておくと、歯周病には虫歯の痛みのような分かりやすい自覚症状はないものの、
自覚症状自体が全くないわけではありません。例えば以下のような自覚症状があります。

・口臭
歯周病になると口の中で細菌が繁殖し、言わば細菌だらけの状態になります。
さらに歯肉から出た膿みや出血によって酷く口臭がするようになります。

・歯肉が腫れる
歯周病になって真っ先に起こる症状は歯肉の炎症です。
炎症が起きた歯肉は血液が集まるため赤く変色し、さらに腫れてしまいます。

・歯肉からの出血
歯周病になって炎症の起きた歯肉は少しの刺激で出血しやすい状態にあります。
このため、食事や歯磨きをした時に歯肉から出血しやすくなります。

・歯が長く見える
歯周病が進行して歯槽骨が溶かされ始めると、その影響で歯肉が退縮して下がります。
そうなると歯の根元が見えるようになるため、一見歯が長くなった感じがします。

・冷たいものや熱いものがしみる
上記の「歯が長く見える」に関係することです。露出した歯の根元はエナメル質に覆われていません。
このため刺激に対して非常に敏感で、冷たいものや熱いものがしみるようになります。

・歯が動く
少し触れると歯が動くため、歯周病の自覚症状の中では最も分かりやすいと思います。
しかしこの状態だと歯周病が重度段階まで進行しており、歯を守るにはもっと早く気付かなければなりません。

歯周病と定期検診

歯周病の早期発見と早期治療が難しいのは、虫歯の痛みのような目立った自覚症状がないからです。
しかし、そんな歯周病も歯科医院での定期検診をしっかり受けていれば初期段階で発見できます。
なぜなら、定期検診では歯科医が口の中の健康状態を細かく診るからです。

歯科医が診ることで自分では気づきにくい歯周病も発見でき、早期発見と早期治療が可能になります。
さらに定期検診を受けることは歯周病の予防効果を高めることにもなるのです。
3ヶ月に1回の頻度で定期検診を受けるようにしておけば、歯を失うほど歯周病が進行することはないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病になると歯が抜ける理由についてまとめます。

1. 歯周病と歯槽骨 :歯周病が進行すると歯を支えている歯槽骨が溶かされて歯が抜けてしまう
2. 歯周病と早期発見 :歯周病を早期発見すれば早期治療でき、歯が抜けるほどの事態にはならない
3. 歯周病と自覚症状 :歯周病は目立った自覚症状がないため、知らない間に進行してしまう
4. 歯周病と定期検診 :定期検診を受けることで歯周病の早期発見と早期治療、さらに予防が可能になる

これら4つことから、歯周病になると歯が抜ける理由が分かります。
歯周病で歯が抜けるのは、歯を支えている歯槽骨が歯周病で溶かされてしまうからです。
ちなみに「歯槽骨」と聞くと、同じような言葉として「歯槽膿漏」を連想すると思いますが、
歯槽膿漏は重度の歯周病のことを意味します。
歯を失わないためには、もっと早い段階で歯周病を発見して治療しなければなりません。