お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

インプラントは健康保険が適用されないと聞きましたが、それはなぜですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

インプラントは健康保険が適用されないと聞きましたが、それはなぜですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「インプラントと健康保険適用の説明」です。
歯科医院で治療を受ける際、治療費において健康保険が適用されるのは当然と思うかもしれません。

しかし、インプラントの場合は基本的に健康保険が適用されません。
では、歯科医院の治療であるインプラントになぜ健康保険が適用されないのでしょうか。
そこで、ここではインプラントと健康保険適用をテーマにしたお話をしていきます。

健康保険適用の基準

歯科医院に限らず、病院の治療全てに健康保険が適用されるとは限りません。
歯科治療においても健康保険が適用されないケースはいくつかあり、
その意味ではインプラントに健康保険が適用されないのは決して稀なケースではないのです。

さて、そもそも健康保険が適用される治療と適用されない治療の境界線はどこにあるのでしょうか。
それは、国が定めた健康保険適用の基準が関係してきます。
健康保険適用の基準を簡単に説明すると、「健康目的とした必要最低限の治療」です。

例えばインプラントの場合、健康目的とした治療ではあるものの、必要最低限の治療とは言えません。
なぜならインプラントは審美目的も兼ねており、必要最低限以上の審美性や機能性があるからです。
このためインプラントは健康保険適用の基準を満たしておらず、基本的に健康保険が適用されないのです。

健康保険が適用されない歯科治療

歯科治療には、インプラント以外にも健康保険が適用されない治療があり、
いずれも「健康目的とした必要最低限の治療」の基準を満たしていないものになります。

  • ホワイトニング
    完全に審美目的の治療であり、健康保険適用の基準を全く満たしていないため
  • セラミック治療
    詰め物や被せ物に使用する点で健康目的の治療と言えるが、審美性が高く必要最低限とは言えない。
  • 矯正治療
    健康を維持する上で欠かせない治療とは言えず、健康目的という点でも完全には基準を満たしていない

…健康保険が適用されない歯科治療としてこのようなものが一般的ですが、
他にもオーダーメイドの入れ歯や骨の再生療法など、健康保険が適用されない治療はいくつかあります。

インプラントで健康保険が適用されるケース

インプラントは基本的に健康保険が適用されないものの、
平成24年の4月以降は健康保険改定により一部のケースで健康保険が適用されるようになりました。
ただしその基準は厳しく、治療を受ける側と治療する側に厳しい基準が定められています。

治療を受ける側の基準

治療を受ける側…つまり患者さんには以下の基準が定められています。

  • 医科の保険医療機関の主治医によって生まれつきの病気と診断され、
    顎骨の1/3以上が連続して欠損している場合
  • 腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気、もしくは事故によって顎骨の1/3以上を失った場合
  • 顎骨の形成不全であること

…まとめると、顎骨の欠損状態と欠損に至った理由がポイントになっており、
病気や事故が理由であることを前提に一定以上の割合の顎骨の欠損が認められなければなりません。
このため、単に歯が抜けたからインプラントをするというケースでは健康保険は適用されません。

治療する側の基準

治療する側…つまり歯科医院側には以下の基準が定められています。

  • 病院(入院用のベッドは20床以上ある施設)になる歯科、もしくは口腔外科である
  • 下記のいずれかに該当する歯科医師が、常勤で2名以上配置されている
  • 「その病院の歯科、または口腔外科で5年以上の治療経験を持つ」
    「インプラント義歯の治療経験を3年以上持つ」

  • 当直体制、国が定めている医療機器、医薬品などの管理が整備されている

…まとめると、入院用のベッドの床数から判断して規模の大きな病院でなければなりません。
町医者と呼ばれるような一般的な規模の歯科医院では健康保険適用はまず不可能でしょう。
また、在籍する歯科医にもある程度の実績と経験が求められることが分かります。

インプラントで健康保険が適用されるケースが誕生したのは大きなニュースですが、
現状の基準ではまだまだ簡単に健康保険は適用できないと言わざるを得ないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントと健康保険適用の説明についてまとめます。

1. 健康保険適用の基準 :健康目的とした治療で、なおかつそのために必要な最低限の治療であること
2. 健康保険が適用されない歯科治療 :ホワイトニング、セラミック治療、矯正治療など
3. インプラントで健康保険が適用されるケース :一定の基準を満たしている場合(詳細は本文参照)

これら3つのことから、インプラントと健康保険適用の説明について分かります。
インプラントは基本的に健康保険が適用されないと考えれば良いでしょう。
ただし、例外として病気や事故が理由で顎骨が一定以上の割合で欠損している場合、
治療を受ける歯科医院の基準によっては健康保険が適用されます。