お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病の治療で手術をすることがあるというのは本当ですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病の治療で手術をすることがあるというのは本当ですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病の治療と手術について」です。
歯周病の治療は、虫歯の治療に比べて楽なイメージを持っている人が多いと思います。

虫歯の治療では歯を削りますし、進行度によっては神経の除去まで必要です。
それに比べると、プラークや歯石の除去が基本となる歯周病の治療は確かに負担が小さいですよね。
しかしそれはあくまで初期段階の歯周病の話であって、進行した歯周病においては手術が必要です。

歯周病治療の基本

歯周病治療の基本は口の中を清潔にすることで、プラークや歯石の除去をメインに行います。
また、患者さん自身によるプラークコントロールも重要で、効率良くプラークを除去する歯磨きが必要です。
さて、こうしたプラークや歯石は歯や歯と歯の隙間に多く存在しますが、それだけではないのです。

歯と歯肉の境目となる溝…いわゆる歯周ポケットと呼ばれる溝にもプラークや歯石が溜まります。
当然歯周ポケットの溝の清掃も必要で、歯周病治療の際には専用の器具を使用して清掃します。
しかし、歯周病が進行するに比例して歯周ポケットの溝はどんどん深くなっていきます。

そうなると通常の方法では歯周ポケットの溝が清掃できなくなり、その場合に手術が必要になるのです。

フラップ手術

歯周病の治療で行う手術はフラップ手術と呼ばれるもので、歯肉の切開を行います。
目的は歯周ポケットの溝の清掃で、歯周病の進行によって歯周ポケットの溝が深くなった場合、
従来の方法…つまり外側から歯周ポケットの溝を清掃できなくなります。

このため歯肉を切開し、歯根を露出させて内側から直接歯周ポケットの溝を清掃するのです。
フラップ手術は歯周ポケットの溝を直接見て清掃できるため、徹底的な清掃が可能なのがメリットです。
一方で手術を行うという点から、患者さんの身体的や精神的な負担が大きいのがデメリットです。

ちなみに切開するのは歯肉のみになるため、全身麻酔ではなく局所麻酔で対処します。
手術時間は1時間~2時間ほどですが、治療する歯の本数が多ければさらに時間が掛かります。
手術後は歯肉を縫うので後日抜糸が必要ですが、抜歯は手術してからおよそ1週間後に行います。

その他の手術

歯周病治療の過程で必要になるわけではないですが、
歯周病が原因によって後に必要になる可能性がある手術もあります。
ただし必ず必要な手術ではないため、あくまで希望する患者さんに対してのみ行われます。

エムドゲイン法

歯周病によって溶かされた歯槽骨を再生するための治療です。
歯肉を切開して歯根に薬品を塗るため、その際に手術が必要です。
ただしどんなケースにも対応できるわけではなく、対応できる症例や再生の度合いには限界があります。

インプラント

歯周病で歯を失った際の対処となる治療です。
ちなみに、インプラント以外には入れ歯やブリッジなどの対処方法があります。
インプラントは顎の骨に穴をあけてそこにインプラント体を埋め込むため、その際に手術が必要です。

歯周病を予防するには

フラップ手術が必要になると知ったことで、歯周病治療に怖さを感じた人もいると思います。
しかし、そもそも歯周病さえ予防できればフラップ手術を行うことはないですし、
例え歯周病になっても早期治療すれば簡単に治療で治すことができます。

そこで、歯周病の効果的な予防方法を3つ紹介しておきます。
これら全てを実践すれば大抵の歯周病は予防できますし、
歯周病になったとしてもフラップ手術が必要になるほど進行することはありません。

精度の高い歯磨き

歯周病予防の基本は歯磨きですが、ただ磨くだけでは効果は半減します。
歯磨きにおいて大切なのは頻度ではなく精度…適当な磨き方では何度磨いても効果はありません。
歯科医院のブラッシング指導を受ける、デンタルフロスを使用するなどして精度の高い歯磨きをしましょう。

生活習慣の改善

歯周病は生活習慣病で、日常生活の中に歯周病を引き起こす要因がいくつもあります。
まず喫煙は歯周病になるリスクを高め、さらに歯周病を重症化させてしまいます。
他にも疲労やストレスは免疫力低下を招き、歯周病菌に感染するリスクを高めてしまいます。

歯科医院の定期検診

定期検診では歯のクリーニングやブラッシング指導を行います。
さらに生活習慣改善のアドバイスも貰えるため、他の2つの予防方法の効果をより高めることができます。
また、歯周病になったとしても定期検診を受けていれば早期発見できるため、酷く進行することがありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の治療と手術についてまとめます。

1. 歯周病治療の基本 :歯周ポケットの溝を清掃することだが、その場合に手術が必要になることがある
2. フラップ手術 :歯肉を切開して歯根を露出させ、歯周ポケットの溝を目で見て清掃する
3. その他の手術 :エムドゲイン法やインプラントがあるが、これらは歯周病治療の過程では必要ない
4. 歯周病を予防するには :精度の高い歯磨き、生活習慣の改善、歯科医院の定期検診

これら4つのことから、歯周病の治療と手術について分かります。
今回の説明で最も感じてほしいのは、歯周病に対する危機感です。
「歯周病になると歯を失う」、「進行すると辛い治療が必要になる」…これらの事実を知り、
歯周病に対する予防意識を高めていただければ幸いです。