お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯が痛くないのに歯周病というのはあり得るのですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯が痛くないのに歯周病というのはあり得るのですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病の自覚症状」です。
歯科医に歯周病と診断された人の中には、その診断に納得できないと感じる人もいるのではないでしょうか。

例えば当院でも患者さんに「虫歯です」と診断した場合、患者さんはその診断を予想していたと言います。
しかし「歯周病です」と診断した場合、その診断を予想外に感じる患者さんが多いのです。
つまり、それだけ歯周病を自覚していない人が多いということです。

自覚症状

歯周病を自覚していない人が多い理由は、歯周病の自覚症状にあります。
自覚症状とは言ってみれば「病気に気づくきっかけの症状」で、自覚症状があるからこそ病気に気づけます。
そして、自覚症状の中で最も分かりやすいのは「痛み」ではないでしょうか。

「喉が痛いから風邪に気づく」、「歯が痛いから虫歯に気づく」…考えてみると、
身体の異常というのは大抵痛みがきっかけで気づくものですね。
逆に言えば、例え大きな病気になったとしても痛みがなければ気づかない可能性があるわけです。

その典型的な例となるのが歯周病です。
歯周病の自覚症状には虫歯のような痛みがなく、だからこそ歯周病は気づきにくいのです。
気づきにくいからこそ、歯周病だと診断されると予想外に思ってしまうのです。

歯周病の自覚症状

歯周病には虫歯の痛みのような自覚症状はありません。
しかし自覚症状が全くないわけではなく、痛み以外の自覚症状があります。
痛みほど目立つ自覚症状ではないですが、注意していればいずれも気づける自覚症状です。

口臭

歯周病になると歯周病菌が口の中で繁殖し、さらに歯肉から出る膿みや血液によって口臭が起こります。
口臭の原因は様々ですが、その中でも歯周病が原因による口臭は相当な臭いがします。

歯肉からの出血

歯周病になると歯肉が炎症を起こし、患部の細菌を駆除するために血液が集まります。
このため患部に位置する歯肉から出血しやすくなり、特に歯磨きや食事によっての出血が目立ちます。

歯肉の変色や腫れ

歯周病になると歯肉が炎症を起こし、腫れや変色などの見た目の変化が起こります。
さらに歯肉に触れた感触も変化し、歯肉ならではの張りがなくなってプヨプヨとした感触になります。

歯石がある

歯石の有無で歯周病の有無の診断はできないですが、
歯石があると歯周病になりやすく、さらに進行しやすくなる傾向があります。

歯が長くなった

歯周病になってさらに進行すると歯槽骨が溶かされます。
これによって歯肉退縮が起こり、歯肉が下がるために歯の根元が露出して歯が長くなって見えます。

熱いものや冷たいものの飲食でしみる

歯周病になってさらに進行すると歯槽骨が溶かされ、歯肉退縮が起こって歯の根元が露出します。
この歯の根元はエナメル質に覆われておらず、刺激に敏感なので熱さや冷たさを感じるとしみるのです。

歯がグラつく

分かりやすい自覚症状ですが、ここまでの状態になると歯周病は相当進行しています。
歯を支える歯槽骨が溶かされることで歯が不安定になり、その結果グラつくようになるのです。

「歯肉炎」と「歯周炎」と「歯槽膿漏」

歯科医に「歯肉炎」や「歯周炎」、もしくは「歯槽膿漏」と診断された場合も歯周病です。
歯周病は3段階の進行度に分けられているのですが、以前はそれぞれの段階において呼び名がありました。

初期段階の歯周病を「歯肉炎」、中期段階の歯周病を「歯周炎」、
重度段階の歯周病を「歯槽膿漏」と呼んでいたのです。

今では全てひっくるめて歯周病と呼んでいますが、歯科医の中には以前の呼び方をする人もいます。
つまり「歯肉炎」と診断された場合、それは初期段階の歯周病ということになります。

<歯周病は年齢関係なく起こる?>
歯周病は歯が抜けるという症状からか、高齢の人がかかる病気のイメージがあります。
しかし、小学校の歯科検診で「歯肉炎」と診断される子がいます。
そして「歯肉炎=初期段階の歯周病」ですから、その小学生の子は歯周病ということになります。

この事実から分かるとおり、歯周病は高齢の人がかかる病気というのは単なるイメージです。
歯周病は子供でもかかる病気ですし、実際に日本人の成人の約7割が歯周病、
さらに歯周病の低年齢化も問題視されています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の自覚症状についてまとめます。

1. 自覚症状 :最も分かりやすいのが「痛み」。しかし歯周病の自覚症状に「痛み」はない
2. 歯周病の自覚症状 :口臭、歯肉からの出血、歯肉の変色や腫れ、歯石がある、歯が長くなったなど
3. 「歯肉炎」と「歯周炎」と「歯槽膿漏」 :歯肉炎も歯周炎も歯槽膿漏も歯周病

これら3つのことから、歯周病の自覚症状について分かります。
虫歯と歯周病は全く別の病気ですが、自覚症状も全く違います。
虫歯になると歯が痛くなりますが、歯周病になっても歯は痛くなりません。
つまり、歯が痛くないというだけではイコール口の中が健康とは限らないということです。