お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

セラミックにはどのような種類がありますか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

セラミックにはどのような種類がありますか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミックの種類」です。
セラミック治療で使用するセラミックには種類があることをご存じでしょうか。

そして、セラミックの種類によってそれぞれ独自の特徴があります。
これを知っておかないと、場合によっては自分に合わないセラミックをチョイスされる可能性もあるため、
セラミック治療における1つの知識として、現状存在するセラミックの種類を知っておきましょう。

オールセラミック

オールの名が示すとおり、100%セラミックで仕上がったタイプです。
他の種類のセラミックはセラミック以外の材質が混ざっているものがありますが、
オールセラミックの場合は全てセラミックでできています。

このため審美性が非常に高く、セラミックの中で最も美しいとされています。
さらに年数が経過しても目立った劣化がなく、変色などの問題も起こりません。
審美性においても機能性においても申し分ないですが、その分費用が高めなのが短所です。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドの名が示すとおり、セラミックと別の材質…正確にはレジンが混ざったタイプです。
レジンが混ざっていることは長所にも短所にもなっており、
短所は審美性が劣ること、そして年数が経過すると劣化による変色が起こることです。

一方長所はレジンならではの柔軟性があり、隣接する歯を傷つけにくいことです。
また、レジンが混ざっている分費用が安く、そのためお手軽なセラミックと位置付けられています。
このため、「セラミックにしたいけど費用が高い」と悩む方におすすめです。

メタルボンド

メタルの名が示すとおり、一部金属をしたタイプです。
見えない箇所はそのまま金属で仕上げてあるため、見る角度によっては金属が見えてしまいます。
さらに劣化によってセラミックが剥がれると金属が露出するため、審美性にこだわる方には不向きです。

メタルボンドの長所は耐久性が高いことで、これは金属を使用していることが理由になっています。
このため、噛む力の強い奥歯をセラミックにする場合におすすめです。
注意点は金属を使用しているため、セラミックでありながら金属アレルギーの対象になることです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用したタイプです。人工ダイヤモンドという点から想像できるとおり、
ジルコニアセラミックは耐久性の高さが長所であり、その点ではメタルボンドに似た特徴を持っています。
しかもメタルボンドよりも美しく、メタルボンドと違って金属アレルギーの対象になりません。

このため、ジルコニアセラミックはメタルボンドの上位タイプと捉えておけば良いでしょう。
ジルコニアセラミックの短所は2つで、1つはオールセラミック同様に費用が高いこと、
もう1つはセラミックの種類の中で最も新しいため、取り扱っている歯科医院がまだ少ないことです。

健康保険適用のハイブリッドセラミック

2014年以降、健康保険改定によりハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるようになりました。
しかし上記のハイブリッドセラミックと別に紹介したのは、
この場合のハイブリッドセラミックは従来…つまり上記で紹介したハイブリッドセラミックと別物だからです。

審美性、機能性において従来のハイブリッドセラミックに劣っており、勝っている点は費用の安さです。
また、健康保険は無条件で適用されるわけではなく、いくつかの基準を満たした場合のみ適用されます。
その基準は厳しく、治療対象となる歯の箇所、歯科医院の設備などが限定されています。

<健康保険適用の基準>
ハイブリッドセラミックで健康保険が適用される基準を簡単にまとめると以下のとおり、
これら全てを満たした場合のみ健康保険が適用されます。

・「第一小臼歯」と「第二小臼歯」の場合のみ(金属アレルギーの方は「第一大臼歯」と「第二大臼歯」も対象)
・被せ物の場合のみ(詰め物の場合は対象外)
・厚生労働省が定めた歯科用CAD/CAM装置で製作する(歯科技工士の手作りは対象外)

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類についてまとめます。

1. オールセラミック :100%セラミックでできており、セラミックの中で最も審美性が高い
2. ハイブリッドセラミック :レジンが混ざっているため安く、お手軽なセラミックと位置付けられている
3. メタルボンド :金属を使用しているので耐久性が高いが、金属アレルギーの対象になる
4. ジルコニアセラミック :メタルボンドの上位タイプだが、費用が高く取り扱っている歯科医院がまだ少ない
5. 健康保険適用のハイブリッドセラミック :従来のハイブリッドセラミックとは別物

これら5つのことから、セラミックの種類について分かります。
このように、セラミックの種類ごとで異なった長所と短所があります。
そして、どのセラミックがおすすめなのかは何を重視するかによって異なります。

例えば、審美性にとことんこだわるならオールセラミックがおすすめですし、
費用の安さを重視するならハイブリッドセラミックがおすすめです。
また、奥歯に使用するなら耐久性の高いメタルボンドやジルコニアセラミックがおすすめです。