お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

歯周病の治療方法に「プラークコントロール」がありますが、どういう意味ですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病の治療方法に「プラークコントロール」がありますが、どういう意味ですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「プラークコントロールについて」です。
歯周病の治療方法に注目すると、その中にプラークコントロールと呼ばれるものがあります。

プラークとは細菌の棲み処のことですが、それをコントロールするというのはどういう意味なのでしょうか。
ちなみにプラークコントロールは歯周病の進行度と関係なく必要であり、
ここではプラークコントロールについての説明をしていきます。

プラークコントロールとは

まずプラークについて説明すると、プラークとは歯の表面に付着しているヌルヌルした物質です。
これは細菌の棲み処に等しく、プラークの中には何億もの数の細菌が存在しています。
歯周病の原因菌もそこに含まれているため、歯周病治療においてプラークの除去は必須です。

そしてプラークコントロールは特に難しい意味ではなく、プラークコントロールを効率良く除去することです。
ですから、例えば歯科医院で行う歯のクリーニングもプラークコントロールの1つです。
ただし、歯周病治療におけるプラークコントロールとは患者さん自身が行わなければなりません。

プラークコントロールのメインは歯磨き

患者さん自身によるプラークコントロール…その方法のメインは歯磨きです。
最も、歯磨き自体は誰もが毎日行っているでしょうが、
プラークコントロールと呼べるだけの歯磨きができている方は少ないと思われます。

と言うのも、ただ磨くだけでなく精密な歯磨きが必要になるからです。
歯磨きにおいて重要なのは回数ではなく精密さです。
ですから例え1日何回歯を磨いても、精密さのない歯磨きではプラークコントロールと呼べないのです。

歯磨きの精度を高める方法

プラークコントロールと呼べる歯磨きをするには、歯磨きの精度を高めなければなりません。
とは言え、ただ丁寧に磨くというだけでは効果は低いため、
以下で紹介する3つの方法を実践して歯磨きの精度を高めましょう。

ブラッシング指導を受ける

歯科医院の定期検診や予防歯科では、治療メニューの中にブラッシング指導があります。
これは、患者さんの歯並びに合わせた効率の良い歯の磨き方を指導するためのものです。
また、虫歯や歯周病治療の際にブラッシング指導を行っている歯科医院もあります。

デンタルフロスや歯間ブラシを使用する

デンタルフロスは歯と歯の間、歯間ブラシは歯と歯肉の境目を磨くためのものです。
これらを使用することでプラークの除去率が2割以上高まり、
ブラッシングの仕方次第では1回の歯磨きで8割~9割のプラークの除去が可能です。

プラークテスターを使用する

プラークテスターはプラークチェッカーとも呼ばれるもので、磨き残したプラークを染め出すことができます。
これによってプラークが目で見て確認できるようになるため、確実に歯磨きで除去できるのです。
プラークテスターはドラッグストア、もしくはインターネットで購入できます。

食生活の改善によるプラークコントロール

プラークを除去することがプラークコントロールではありません。
プラークの蓄積を防ぐこともまたプラークコントロールに含まれます。
そして、プラークの蓄積を防ぐために必要なのが食生活の改善です。

極端な話、食事を一切しなければプラークが蓄積されることはないでしょうが、そういうわけにもいきません。
そこで必要なのが食生活の改善で、
以下のことに注意すればプラークの蓄積を防ぐ…つまりプラークコントロールが可能です。

糖の摂取を控える

糖は虫歯や歯周病の原因菌の働きを活発にさせるエネルギーです。
このため、糖の過剰な摂取は控えるようにしましょう。

ダラダラ食いを止める

口の中に食べ物が滞在する時間が長いほど、プラークが蓄積されやすくなります。
これは子供に特に多い問題で、食事はしっかりと時間を決めて摂るようにしましょう。

間食を控える

飲食の回数を減らせばプラークの蓄積を抑えることができます。
そこでポイントになるのが間食で、朝、昼、夜の食事以外の間食はできるだけ控えましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、プラークコントロールについてまとめます。

1. プラークコントロールとは :プラークを効率良く除去すること
2. プラークコントロールのメインは歯磨き :自分で行うプラークコントロールのメインは歯磨き
3. 歯磨きの精度を高める方法 :ブラッシング指導を受ける、デンタルフロスや歯間ブラシを使用するなど
4. 食生活の改善によるプラークコントロール :糖の摂取を控える、ダラダラ食いを止めるなど

これら4つのことから、プラークコントロールについて分かります。
歯周病治療におけるプラークコントロールは、患者さん自身が行うプラークコントロールを意味します。
このため、方法のメインは毎日の歯磨きになるでしょう。

ただし、プラークコントロールと呼ばれる歯磨きをするには精密さがなければなりません。
それには「ブラッシング指導を受ける」、「デンタルフロスや歯間ブラシの使用」などが必要で、
より多くのプラークを効率良く除去できてこそ、はじめてプラークコントロールができていると言えるのです。