お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

インプラントなら虫歯や歯周病になる心配はないですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

インプラントなら虫歯や歯周病になる心配はないですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「インプラントが虫歯や歯周病になる可能性」です。
インプラントは人工物ですから、その点で病気になる可能性はないと思ってしまいがちです。

確かに、天然の歯と違ってインプラントなら虫歯になることはありません。
しかし歯周病になることはあり、実際にインプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎と呼びます。
では、なぜ人工物であるインプラントが歯周病になるのでしょうか。

インプラントが歯周病になる理由

虫歯と歯周病で大きく違うのは発症する箇所で、虫歯は歯、歯周病は歯肉の病気です。
そしてこの発症する箇所の違いが、インプラントが歯周病になる理由になっています。
インプラントは人工物ですが、人工物である箇所は「歯」と「歯の根」です。

ですから、インプラントが歯の病気である虫歯になることはありません。
しかし歯周病は歯肉の病気であり、インプラントの周囲にある歯肉は人工物ではありません。
このためインプラントの周囲の歯肉は歯周病になりますし、そうなるとインプラント周囲炎が起こります。

インプラント周囲炎の症状

インプラント周囲炎になるとインプラントの周囲の歯肉が炎症を起こし、進行すると顎の骨が溶かされます。
歯周病の場合、顎の骨が歯を支えているためそれが溶かされることは深刻な問題ですが、
インプラントにおいてもそれは同様で、なぜならインプラントは顎の骨に埋めこまれているからです。

このため、顎の骨が溶かされれば埋め込まれたインプラントが脱落してしまいます。
天然の歯と人工の歯の違いはあれ、インプラント周囲炎も最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。
その意味では歯周病…つまりインプラント周囲炎はインプラントの天敵とも言えるでしょう。

インプラント周囲炎の原因

インプラント歯周炎は細菌に感染することで起こり、その細菌とは歯周病菌です。
天然の歯の場合、周囲の歯肉が歯周病菌に感染することで歯周病になりますが、
これと同じでインプラントの周囲の歯肉が歯周病菌に感染することでインプラント周囲炎が起こります。

そして歯周病菌はプラークを棲み処にしてそこに含まれていますから、
インプラント周囲炎の元々の原因はプラークの蓄積です。
また歯周病同様、喫煙や噛み合わせの悪さなどが原因で起こることもあります。

インプラント周囲炎と歯周病の違い

インプラント周囲炎と歯周病は起こる症状もほぼ同じですが、大きな違いは進行の早さです。
どちらも治療しなければ進行する病気ですが、進行の早さはインプラント周囲炎の方が格段に上です。
ではなぜインプラント周囲炎は進行が早いのか?…それはインプラントが人工物だからです。

本来、歯の周囲には多くの組織が存在しており、そこには細菌から身を守る栄養血管が通っています。
一方インプラントは人工物ですから、天然の歯に比べて周囲の栄養血管が少ないのです。
このため炎症に対する抵抗力が弱く、一度細菌に感染すると進行が早まってしまうのです。

インプラント周囲炎の予防方法

インプラント周囲炎の原因は歯周病菌への感染であり、歯周病菌はプラークの中に含まれています。
つまりプラークの除去が予防の基本であり、そのためには丁寧で精密な歯磨きが必要です。
また細菌に感染しにくい身体作りのため、生活習慣を改善して身体の免疫力を高めることも重要です。

そして、予防のために絶対に欠かせないのがメンテナンスです。
インプラントは治療後に定期的にメンテナンスの通院が必要ですが、これを疎かにしてはいけません。
メンテナンスでは噛み合わせの調整、インプラントの状態確認などを行い、インプラント周囲炎を予防します。

インプラント周囲炎の治療方法

インプラント周囲炎の治療方法の基本は、細菌を除去して口の中を清潔な状態にすることです。
このため、軽度のインプラント周囲炎であればプラークや歯石の除去、
患者さんによるプラークコントロールなどで治せますが、重度の場合はそう簡単にはいきません。

重度の場合は歯肉を切開して埋め込んであるインプラントを取り出し、
薬剤や医療器具などでインプラントを洗浄しなければなりません。
また顎の骨が一定以上溶かされている場合、再びインプラントを埋め込むには骨の再生療法が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントが虫歯や歯周病になる可能性についてまとめます。

1. インプラントが歯周病になる理由 :歯周病は歯肉の病気のため、例えインプラントでも発症する
2. インプラント周囲炎の症状 :インプラントの周囲の歯肉に炎症が起こり、進行すると顎の骨が溶かされる
3. インプラント周囲炎の原因 :歯周病菌への感染。歯周病菌はプラークの中に含まれている
4. インプラント周囲炎と歯周病の違い :症状はほぼ同じだが、インプラント周囲炎の方が進行は早い
5. インプラント周囲炎の予防方法 :丁寧で精密な歯磨き、生活習慣の改善、定期的なメンテナンス
6. インプラント周囲炎の治療方法 :重度の場合、歯肉を切開してインプラントを洗浄しなければならない

これら6つのことから、インプラントが虫歯や歯周病になる可能性について分かります。
虫歯は歯の病気で、歯周病は歯肉の病気です。
ですから、人工の歯であるインプラントが虫歯になることはありません。

しかしインプラントの周囲の歯肉は人工物ではないため、歯周病菌に感染することがあります。
そしてインプラントの周囲の歯肉が歯周病菌に感染することで、インプラント周囲炎が起こります。
インプラント周囲炎が進行するとインプラントの脱落を招くため、絶対に予防しなければなりません。