お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

虫歯治療で神経を抜くというのはどういうことですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯治療で神経を抜くというのはどういうことですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「神経を抜くことについて」です。
虫歯の治療と言えば、歯を削って詰め物で処置するイメージがあると思います。

しかし実際にはそうとは限らず、治療方法は虫歯の進行度によって異なります。
そして酷く進行した虫歯の場合は神経を抜かなければならないこともあります。
なぜ神経を抜くのか?神経を抜くとはどんな治療方法なのか?…ここではその点について説明します。

神経は抜かない方が良い

本来なら神経は抜かない方が良く、それでも抜くのは虫歯がそこまで進行しているからです。
神経を抜いてしまえば当然神経が失われるため、神経による働きも全て失われてしまいます。
そこで、まず神経を抜くとどんな問題が起こるのかを知っておきましょう。

歯の異常に気づくきっかけを失う

例えば虫歯になった時、それを自覚するきっかけとなるのは歯の痛みです。
歯が痛むことで虫歯に気づき、その結果歯科医院に行って治療を受ける…大抵の方がこの流れだと思います。
しかし神経を抜けば痛みを感じなくなるため、このように歯の異常に気づくきっかけが失われてしまいます。

歯が弱くなる

栄養と摂らないと身体が弱くなりますが、歯にも同じことが言えます。
歯に栄養や水分を届けるのは神経ですから、神経を失えば栄養や水分が歯に行き届かなくなります。
そうなると歯は栄養を失って弱くなるため欠けたり割れたりしやすくなり、見た目も黒く変色してしまいます。

被せ物が必要になる

神経を抜いた歯は脆いため、強度を補うために被せ物を立てなければなりません。
銀歯の被せ物は目立ちますし、だからと言ってセラミックの被せ物だと費用が高くなります。
また、被せ物の立てることで噛み合わせに影響が出て、噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。

虫歯への抵抗力が弱まる

神経を抜いた歯は脆くなりますが、それは単純に強度だけを意味しているわけではありません。
栄養が届かないことで歯は細菌に感染しやすくなるため、虫歯になるリスクも高まってしまいます。
さらに神経による防御機能も働かなくなるため、虫歯になった時は進行もしやすくなるのです。

なぜ神経を抜くのか

上記の説明から分かるとおり、神経を抜くことはデメリットだらけです。
ではなぜそれでも神経を抜くのでしょうか?…その理由は主に2つです。

痛みの解消のため

神経まで進行した虫歯は痛むどころか激痛をもたらし、夜も眠れないほどの辛さになります。
ここまでになると痛み止めもあまり効果がなく、常に激痛を感じるようになってしまいます。
このような激痛を解消するため、やむを得ず神経を抜くのです。

虫歯の進行を防ぐため

神経まで虫歯が進行すれば、神経は虫歯菌に侵された状態になっており、やがて腐ってしまいます。
また既に腐っている神経もあり、これ以上の進行を食い止めるために神経を抜かなければなりません。
神経を抜いて細菌を除去するために清掃と消毒をし、神経が集まる根管内を綺麗にするのです。

神経を抜く時の治療の流れ

神経を抜く際、具体的には次のような治療の流れになります。

手順1. 麻酔
手順2. 感染防止(唾液による感染の防止)
手順3. 清掃(虫歯菌を除去し、歯髄腔の中の神経を専用の器具で掻き出す)
手順4. 清掃した後、消毒のための薬剤を詰めて封をする
手順5. 消毒した薬剤に空気が入らないよう、隙間なく詰める

…この流れは一見簡単に思えるかもしれませんが、治療の難易度は相当高いものになります。と言うのも、清掃する根管内は人によって形状が異なる上、その形状も複雑で目で見ての確認が困難だからです。

このため治療時にはレントゲンやCTや拡大鏡を使用しますし、患者さんとしても信頼できる歯科医院で治療を受けた方が良いでしょう。仮に細菌を取り残してしまった場合は再治療が必要になってしまいます。

虫歯は早期治療が大切

神経を抜くデメリット、治療の難易度、治療内容…これらの点から神経は抜きたくないと思うでしょう。ではどうすれば虫歯治療で神経をぬかなくてすむのか?…その方法は至って簡単で、そこまで虫歯が進行するまでに治療すれば良いのです。

虫歯は表面のエナメル質の感染からはじまり、象牙質、神経と徐々に進行していきます。ですから早く治療すれば神経を抜く治療は行わなくてすみますし、そのためには虫歯を早期発見できる定期検診の受診が確実です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経を抜くことについてまとめます。

1. 神経は抜かない方が良い :神経を抜くと歯の異常に気づけないなどの問題が起こる
2. なぜ神経を抜くのか :痛みの解消や虫歯の進行を食い止めるのが目的
3. 神経を抜く時の治療の流れ :「麻酔」、「感染防止」、「清掃」、「消毒」、「封をして詰める」の流れ
4. 虫歯は早期治療が大切 :虫歯になっても早く治療すれば神経を抜かなくてすむ

抜歯を例にすると、永久歯を抜くことは決してプラスではありません。
しかし治療の中で抜歯をする場合があるのは、症状から判断してどうしても抜歯しなければならないからです。
神経を抜くことにもこれと同じことが言え、本来なら抜くべきではありません。
しかし虫歯が進行するとどうしても抜かなければならないことがあり、大切なのはそうなってしまう前に虫歯をしっかりと治療することです。