お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

虫歯治療で神経は抜かない方が良い?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯治療で神経は抜かない方が良い?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「虫歯治療で神経を抜くこと」です。
虫歯治療では、虫歯の状態によって神経を抜く治療が必要になるケースがあります。

神経を抜けば、その神経はこの先ずっと失われたままになり、そう考えると神経は抜かない方が良いのではないかと思えますよね。そこで、ここでは虫歯において神経を抜くケースについての説明をしていきます。

なぜ神経を抜くのか

外側にエナメル質があり、その内側に象牙質、さらに内側に神経…これが歯の簡単な構造です。虫歯は最初歯の表面…つまりエナメル質にできますが、進行することで象牙質、神経と徐々に内側に進んでいきます。

そして神経が虫歯に感染すると炎症が起こり、激しい痛みを感じます。この時の痛みは夜も眠れないほどで、痛み止めを飲んでもほとんど効果はありません。そして炎症が元に戻せない状態になった時、治療においてやむを得ず神経を抜かなければなりません。

神経は抜かない方が良いのか?…その答えは当然イエスです。しかしイエスであったとしても、虫歯が進行してこのような状態になるとどうしても抜かなければなりません。抜かない限り激痛が続きますし、虫歯に感染した神経はやがて腐ってしまうからです。

神経の役割

神経を抜かない方が良いのは、神経を抜くことで神経の役割が失われるからです。
ちなみに、神経の役割には次のようなものがあります。

歯の異常に気づかせる

そもそも虫歯で歯が痛むのは神経があるからで、痛みは歯の異常に気づくための大切な自覚症状です。神経を抜けばこうした痛みを感じなくなるため、激痛が解消されるのは一見プラスに思えますが、その一方で痛みという自覚症状で歯の異常に気づけなくなる問題が起こります。

歯を虫歯から守る

神経は、歯を虫歯から守る防御機能を持っています。虫歯になると歯が溶かされないように歯の強度を高めますし、虫歯の進行経路を塞ぎます。このため、神経を抜いてしまえば虫歯になった時に進行しやすくなってしまいます。

歯に栄養を届ける

歯に水分や栄養を届けるのは神経の役目です。栄養を摂取しないと身体が弱くなるように、歯も栄養が届かなければ脆くなってしまいます。つまり、神経を抜くことで歯が脆くなるのです。脆くなった歯は割れやすく、細菌にも感染しやすくなり、さらに見た目も黒く変色してしまいます。

…神経を抜けばこれらの役割が失われるため、大きなデメリットになるでしょう。その意味では神経は抜かない方が良いですし、抜いても抜かなくても良い状況なら抜かないのが正解です。しかし虫歯の進行度によってはどうしても抜かなければならなくなるのです。

神経を抜く治療とは

「神経を抜く」とだけ聞くと、患部から神経を引っこ抜くイメージがあるかもしれませんが、実際に行うのは根管治療と呼ばれる治療です。虫歯を削った後、根管の中の神経を除去して細菌ごと綺麗に取り除きます。

いわば根管の中を清掃するのですが、その後は消毒して薬剤を詰めてから塞ぎます。ただし細菌が少しでも残っていると再び痛みを感じてしまうため、根管の中が完全に綺麗になるまで清掃と消毒を繰り返し行います。

この根管治療についてですが、肝心の根管の形状は人それぞれ異なる上、根管の中は目で見て確認できません。その状態で全ての細菌を取り除く必要があるため、治療時にはレントゲンやCTを使いますし、腕の良い歯科医に治療を行ってもらった方が良いでしょう。

神経を抜かずにすむために必要なこと

神経を抜くことで神経の役割が失われ、なおかつ根管治療を受けなければなりません。このため、患者さんからすれば神経を抜くことには非常の多くのデメリットがあります。そこでポイントになるのが、どうすれば神経を抜かずに治療できるのかという点です。

実はその方法は難しくなく、虫歯になった時に早く治療すれば良いのです。神経を抜くほどの虫歯となると、その虫歯は相当していますから、逆に言えばそこまで進行する前に虫歯を治療すれば良いのです。

最も、痛みを感じた時点で既に虫歯は象牙質まで進行しているため、確実なのは痛みを感じる前…つまり完全な初期段階で虫歯を発見して治療することです。とは言え、痛みを感じなければ虫歯だと気づけないでしょうから、早期発見には定期検診が欠かせません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療で神経を抜くことについてまとめます。

1. なぜ神経を抜くのか :虫歯の進行によって神経に炎症が起き、その炎症が元に戻せない状態であるため
2. 神経の役割 :歯の異常を気付かせる、歯を虫歯から守る、歯に栄養を届ける
3. 神経を抜く治療とは :根管治療。根管の中の神経と細菌を除去して清掃し、消毒して薬剤を詰める
4. 神経を抜かずにすむために必要なこと :初期段階で虫歯を発見して治療する

これら4つのことから、虫歯治療で神経を抜くことについて分かります。例えば、虫歯治療で抜歯をした方が良いか?…その答えは当然ノーですね。ではなぜ抜歯するケースがあるのか?…それは抜歯が必要なほど虫歯が進行しているからです。

神経もこの例と同じことが言え、「抜いた方が良いか?」で考えればその答えはノーになります。しかし虫歯が神経まで進行した場合、どうしても抜くしかないのです。最も、こうした事態は虫歯の早期発見と早期治療さえ行えば、実は簡単に回避できる問題です。