お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

銀歯を白くすることはできますか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

銀歯を白くすることはできますか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。
今回のテーマは「銀歯を白くする方法について」です。
銀歯は費用が安くて手軽な反面、審美性においては決して高いとは言えません。

実際、銀歯が目立つことを理由に人前で会話がしにくいと悩む方も多いでしょう。これが天然の歯ならホワイトニングで問題は解決しますが、人工物である銀歯はホワイトニングできないため、対処方法は全く別のものになります。

セラミック治療

銀歯自体を白くはできませんが、銀歯の代わりに白い詰め物や被せ物を入れることはできます。それはセラミックで、銀歯をセラミックにすることで詰め物や被せ物を白く美しくできます。この治療方法をセラミック治療と呼び、一部の一般歯科や主に審美歯科で対応可能です。

最も、銀歯の代わりにセラミックにするわけですからそのための費用がかかりますし、セラミック治療は健康保険が適用されないため費用は高くなります。このため、セラミック治療を受ける場合は充分検討、もしくは歯科医に相談して決めるようにしましょう。

セラミックの種類

銀歯に種類はないですがセラミックには種類があり、種類ごとで特徴も異なります。どの種類のセラミックにするかは患者さんが選択できますが、取り扱っている種類については歯科医院ごとで異なります。

オールセラミック

100%セラミックでできており、審美性においても機能性においても非常に高い質を誇ります。美しさは一時的なものではなく、変色が起こらないため使用している間はずっと美しさを維持できます。このため性能面では一切欠点がないものの、それゆえに費用が高いのがオールセラミックの欠点です。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプで、材質的にはレジンに近くなっています。このため、ハイブリッドセラミックはセラミックではなくレジンであるという意見もあります。審美性や耐久性はそれほど高くないですが、その分費用が安くてお手軽というメリットがあります。

メタルボンド

外見はセラミックですが中身のフレームが金属のため、金属と同じ耐久性を誇っているのがメリットです。このため、奥歯をセラミックにする場合に用いられることの多いタイプです。ただしメタルボンドは金属アレルギーの対象になりますし、劣化すると金属が露出することもあります。

ジルコニアセラミック

イメージとしてはメタルボンドの上位タイプです。人工ダイヤモンドを使用しているため耐久性が高く、さらに見た目もメタルボンドより美しく、金属アレルギーの対象にもなりません。欠点を挙げるなら費用が高いことと、取り扱っている歯科医院が少ないことです。

…セラミックにはこれら4つの種類があります。どのセラミックがおすすめと言うのはなく、おすすめのセラミックは患者さんがセラミックに何を求めるかによって決まります。例えば費用を安くするならハイブリッドセラミックでしょうし、審美性にこだわるならオールセラミックでしょう。

セラミックは歯を守る

詰め物や被せ物で処置した歯が再度虫歯になることがあり、これを二次虫歯と呼びます。二次虫歯は決して稀なケースではなく、むしろ大人の虫歯治療の半分以上が二次虫歯によるものです。二次虫歯は繰り返すことで歯を失う要因になりますが、予防として効果的なのがセラミックにすることです。

そもそも、二次虫歯は詰め物や被せ物に隙間が生じることで起こるのですが、セラミックは精密な製作が可能な上、接着もしっかりしているので隙間が生じにくいのです。さらに材質的にもプラークが付着しにくいため、銀歯に比べて二次虫歯を予防しやすいのです。

セラミックのデメリット

一見万能に思えるセラミックですが、実はデメリットもあります。セラミック治療を検討するなら、メリットだけでなくデメリットにも注目しなければなりません。そして、メリットとデメリットを総合的に考えた上で最終的な結論を出しましょう。

費用の問題

自由診療であるセラミックは健康保険が適用されず、そのため費用が高額です。そして、この費用の高さがセラミックの最大のデメリットです。ちなみに健康保険は適用されないものの、セラミック治療は医療費控除の対象になります。

強度の問題

単純な強度…つまり硬さで比較するなら金属である銀歯の方が硬いです。実際、あまり強い力で噛むとセラミックは割れてしまうことがあります。最も、以前に比べるとセラミックの強度は増しており、そこまで不安視することはありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯を白くする方法についてまとめます。

1. セラミック治療 :銀歯をセラミックに交換するための治療
2. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック
3. セラミックは歯を守る :セラミックは二次虫歯を予防しやすいメリットがある
4. セラミックのデメリット :費用の問題と強度の問題

これら4つのことから、銀歯を白くする方法について分かります。銀歯自体は白くできないですが、銀歯をセラミックに交換すれば問題は解決します。セラミックは天然の歯に近い美しさを誇っていますし、機能性においても銀歯以上に優秀です。その分費用は高くなりますが、これが銀歯を美しくするための唯一の方法になります。