お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

虫歯と歯周病の治療が必要な場合、どちらの治療が優先される?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

虫歯と歯周病の治療が必要な場合、どちらの治療が優先される?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。今回のテーマは「虫歯と歯周病の治療」です。虫歯になった時には虫歯治療、歯周病になった時には歯周病治療が必要です。

最も、それぞれの治療方法は同じではないため、仮に虫歯と歯周病の両方になった場合はどちらか一方の治療を先に行います。ではこの場合、どちらの治療を先に行うのでしょうか。そして、その理由はなぜなのでしょうか。

歯周病治療を優先

虫歯と歯周病の両方の治療が必要な場合、基本的には歯周病治療を優先します。これは、虫歯治療を優先すると治療の精度が落ちてしまう可能性があるからで、理由として「虫歯は歯の病気、歯周病は歯の骨の病気」であることが挙げられます。

歯は歯の骨に支えられて立っているわけで、例えるなら歯は建物、歯の骨は土台に該当します。さて、建物を修理する時は前提として土台が安定している必要があり、土台がぬかるんだ状態で修理すれば、建物の修理ははかどらないでしょう。

このため建物も土台も修理が必要であれば、まずは土台を整えて安定させた上で建物を修理します。虫歯と歯周病の治療にもこれと同じことが言え、まずは土台である歯の骨…つまり歯周病を治療して、土台が安定した状態で虫歯を治療するのが基本的な流れです。

虫歯治療の優先も可能

歯周病治療が優先となるのはあくまで基本であり、虫歯治療の優先も可能です。ですから、虫歯で歯が痛んで辛い時にはその旨を歯科医に相談してください。その場合、ひとまず虫歯治療で痛みを解消した後、歯周病治療にうつる流れになるでしょう。

最も、歯周病の状態にはよってはどうしても歯周病治療を優先しなければならない可能性もあるでしょうし、どちらの治療を優先するかは歯科医の判断となるため、必ずしも虫歯治療の優先が可能と断言はできません。しかし、歯科治療において最も大切なのは「患者さんの負担を解消すること」です。

このため、歯周病治療が優先だからと言って虫歯の痛みを我慢する必要はありません。そもそもそれぞれの治療は一時的な中断も可能ですから、例えば虫歯治療で痛みを解消してから歯周病治療、そして歯周病治療が終わったら虫歯の続きを行う…こうした流れだって可能です。

要望に対応できないケース

虫歯治療においても歯周病治療においても、患者さんの要望によってはその歯科医院で対応できないこともあります。例えば、次のようなケースです。

虫歯治療においてセラミックの詰め物や被せ物を希望する

虫歯治療では最終的に詰め物や被せ物で処置しますが、その材質にセラミックを希望するケースです。これはセラミック治療と呼ばれるもので、一般歯科の中には対応していない歯科医院もありますし、取り扱っているセラミックの種類も歯科医院によって異なるからです。

歯周病治療において外科的治療が必要になる

「歯周病治療=歯石の除去とプラークコントロール」と思っている方が多いでしょうが、あくまでそれは基本治療であり、歯周病の進行度によっては外科的治療が必要です。この場合、医療設備や歯科医の腕などが理由で外科的治療に対応していない歯科医院もあります。

歯周病治療において骨の再生療法を希望する

歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされてしまいますが、溶かされた歯槽骨の再生を促す…つまり骨の再生療法と呼ばれる治療方法があります。これらの治療方法にはGTR法やエムドゲイン法があり、対応して歯科医院は少ないのが現状です。

…このようなケースでは歯科医院で対応できない可能性があるため、必ずしも虫歯治療と歯周病治療が同じ歯科医院で行えるとは限りません。基本治療は可能でしょうが、このようなケースにおいては歯科医に相談して指示を仰ぎましょう。

虫歯も歯周病もないと思っている方へ

自分は虫歯も歯周病もないと思っている方は、今回の説明は無関係に思えるかもしれません。しかし、虫歯も歯周病もない理由が「歯が痛くない」であれば、それは何の根拠にもなりません。そもそも歯周病に歯の痛みはないですし、虫歯も歯が痛まないケースがあります。

例えば「初期の虫歯」、「神経を失った歯の二次虫歯」などの場合は虫歯になっても痛みはなく、実際に診察したら虫歯が発覚したというケースは決して稀ではないのです。ですから、歯が痛くない方でも定期的に検診を受け、虫歯や歯周病の有無を診察してもらうべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病の治療についてまとめます。

1. 歯周病治療を優先 :歯周病治療は例えるなら土台の修理に相当するため、基本的に歯周病治療が優先
2. 虫歯治療の優先も可能 :虫歯の痛みが酷い場合、歯科医に相談すれば虫歯治療の優先も可能
3. 要望に対応できないケース :セラミック治療など、要望によっては対応できない歯科医院もある
4. 虫歯も歯周病もないと思っている方へ :歯の痛みの有無で虫歯や歯周病の有無の判断はできない

これら4つのことから、虫歯と歯周病の治療について分かります。基本的には歯周病治療が優先されるものの、あくまでそれは基本です。このため治療の優先順位は深く考えず、虫歯の痛みが酷い場合はその旨を歯科医に伝えてください。その場合は一旦虫歯治療を優先することも可能ですし、歯科医にとって最優先すべきなのは患者さんの負担を解消することです。