お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

歯周病と歯肉炎の症状は同じに見えますが、別の病気なのですか?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

歯周病と歯肉炎の症状は同じに見えますが、別の病気なのですか?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。今回のテーマは「歯周病と歯肉炎の違い」です。歯周病になると歯肉に炎症が起こり、歯肉炎になっても同様に歯肉に炎症が起こります。

つまり、歯周病と歯肉炎では全く同じ症状が起こるわけですが、病名が異なる点からこれらは全く別の病気なのでしょうか。もし同じ病気だとしたら、病名が異なっているのはなぜなのでしょうか。

歯周病と歯肉炎

結論から言うと歯周病と歯肉炎はイコールであり、正確には歯周病は初期段階の歯周病のことです。歯周病は進行する病気ですが、その進行度は初期段階と中期段階と重度段階の三段階に分けられています。しかし、以前はそれぞれの段階において病名がつけられていたのです。

・初期段階の歯周病 :歯肉炎
・中期段階の歯周病 :歯周炎
・重度段階の歯周病 :歯槽膿漏

ドラッグストアに行くと、歯槽膿漏用の歯磨き粉などが販売されていますが、歯槽膿漏は重度段階の歯周病、そして中期段階の歯周病のことを歯周炎とも呼びます。

以前はこのように別々の病名がつけられていましたが、最近ではこれら全てひっくるめて歯周病と呼ぶようになったのです。

歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏と呼ぶ歯科医の本音

最近では歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏をひっくるめて歯周病と呼びますが、歯科医の中には以前の呼び方…つまりそれぞれの病名で呼ぶ歯科医もいます。例えば中期段階の歯周病の場合、歯周病と呼ぶ歯科医もいれば歯周炎と呼ぶ歯科医もいるわけです。

最も、これが患者さんの悩む原因となってしまいます。Aの歯科医院で歯周病と診断されたものの、Bの歯科医院では歯周炎と診断されることで、「歯周病と歯周炎は同じなのか?違うのか?」と悩んでしまうのです。

このように以前の病名で呼ぶ歯科医がいる理由ですが、実際には特に深い意味はありません。歯科医としての経験が長いため以前の病名で呼ぶ、起きている症状をイメージしやすくするために以前の病名を呼ぶ、理由としてはこのどちらかでしょう。

歯周病の低年齢化

歯周病になると最終的に歯が抜け落ちるため、その症状から歯周病は高齢の人に発症するイメージです。しかし実際にはそうではなく、歯周病は年齢関係なく発症する病気であり、歯肉炎が初期段階の歯周病とイコールという点から、それは理解できると思います。

と言うのも、子供にとって歯周病は聞き覚えのない病気でも、歯肉炎は身近に聞く病気だからです。実際、小学校の歯科検診で歯肉炎と診断された経験のある子供は多いのではないでしょうか。つまり歯周病は子供でも発症する病気であり、最近では歯周病の低年齢化も問題になっています。ちなみに、厚生労働省によると、こんなデータが報告されています。

・5歳~9歳の子供で歯肉に何らかの異常を抱えている割合 :およそ4割
・10歳~15歳の子供で歯肉に何らかの異常を抱えている割合 :およそ5割
・成人で歯肉に何らかの異常を抱えている割合 :およそ7割

こうしたデータから歯周病の低年齢化が問題になっており、歯周病は国民の病気とも呼ばれています。最も、若ければ代謝が活発なため歯を失うほど歯周病が進行することはないものの、それでも初期段階の歯周病である歯肉炎に至っては、多くの若い方に発症しているのです。

歯周病を予防するための歯磨き

歯周病を予防するための基本は毎日の歯磨きです。と言うのも、歯周病菌は歯に付着しているプラークの中に含まれているからで、そのためには歯磨きで効率良くプラークを除去しなければなりません。

つまり歯磨きはただ磨くのではなく、多くのプラークを除去できる精密な歯磨きが必要です。ではどうすれば精密な歯磨きができるのか?…それには次の方法の実践が効果的です。

デンタルフロスや歯間ブラシを使用する

ブラッシングだけではプラークの除去率は一般的に6割ほどであり、それをさらに高めるためにはデンタルフロスや歯間ブラシを使用すると良いでしょう。これらを使えば、歯ブラシが届かない狭い箇所のプラークも綺麗に除去できます。

プラークテスターを使用する

プラークテスターはドラッグストアやインターネットにて数百円で購入できます。プラークテスターには無色透明であるプラークを染色する効果があり、歯磨き後に使用することでプラークを目に見える状態にできるため、確実に磨き残しをなくせます。

ブラッシング指導を受ける

歯には正しい磨き方があり、細かく言うと歯ブラシの持ち方にも正しい持ち方があります。歯科医院の定期検診や予防歯科では、これらを覚えるためのブラッシング指導を受けることができ、自分の歯並びに合った正しくて効率の良い歯の磨き方をマスターできます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と歯肉炎の違いについてまとめます。

1. 歯周病と歯肉炎 :歯肉炎は初期段階の歯周病とイコール
2. 歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏と呼ぶ歯科医の本音 :深い意味はなく、以前の呼び方の癖が残っている
3. 歯周病の低年齢化 :歯周病は若くても発症し、初期段階の歯周病である歯肉炎は子供でも発症する
4. 歯周病を予防するための歯磨き :デンタルフロスや歯間ブラシを使用するなど

これら4つのことから、歯周病と歯肉炎の違いについて分かります。歯周病と歯肉炎の違いは単に呼び方の違いであり、初期段階の歯周病のことを歯肉炎と呼びます。ちなみに中期段階の歯周病を歯周炎、重度段階の歯周病を歯槽膿漏と呼び、最近では全てひっくるめて歯周病と呼ぶようになったのです。