お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

セラミック治療の長所と短所を知りたいです|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

セラミック治療の長所と短所を知りたいです

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。今回のテーマは「セラミック治療の長所と短所の説明」です。セラミック治療を希望する人が多いのは、セラミックの審美性の高さが理由です。

近年では口元の美しさにこだわる人が増えており、そのため歯科においても審美治療が人気です。セラミック治療もそれに該当しますが、実際にセラミックの長所は審美性の高さだけではありません。また一方で短所もあり、そこでここではセラミック治療の長所と短所について説明します。

セラミック治療とは

セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにする治療です。詰め物や被せ物や虫歯治療の処置などで必要になりますが、この時セラミックを選択する場合はもちろん、既に銀歯を使用している人がセラミックにすることも可能です。

セラミックは審美性の高さを兼ね備えているため、一般歯科では対応できないケースもあり、セラミック治療を希望する場合はそれに対応した歯科医院で治療を受けなければなりません。また、取り扱うセラミックの種類も歯科医院によって異なります。

セラミック治療の長所とは

セラミック治療には次の長所があり、審美性だけでなく機能性が高い特徴もあります。

審美性が高い

いわゆる見た目の美しさで、これがセラミックの最大の長所です。白いのはもちろん、セラミックには光沢もあるためより自然な白さを再現しています。白さの調節も可能なため、詰め物や被せ物として使用した時に他の天然の歯と比べても違和感がありません。

虫歯が再発しにくい

銀歯を使用している人の多くが、二次虫歯に悩まされています。その点セラミックは材質的にプラークが付着しにくく、さらに歯との接着もしっかりしています。このため患部に虫歯菌が侵入しづらく、虫歯の再発を予防しやすくなります。

金属アレルギーの人でも使用できる

銀歯は金属ですから、金属アレルギーの対象になります。このため金属アレルギーの人は銀歯を使用できないのですが、陶器であるセラミックなら金属を使用していないため問題なく使用できます。

長く使用できる

銀歯もセラミックも人工物ですから、いずれ劣化するため永久に使用することはできません。ただしセラミックは保険診療の銀歯に比べて、材質的に長持ちしやすくなっています。毎日のケアをしっかりしていれば、セラミックの寿命は銀歯よりも長くなります。

セラミック治療の短所とは

セラミック治療には次の短所があります。最も、方法次第で短所の解消はある程度可能です。

費用が高い

セラミック治療には健康保険が適用されず、これはセラミックが保険診療の基準となる最低限以上の機能を備えているからです。このため、保険診療の銀歯に比べるとセラミック治療の費用が高くなります。

<解消方法>
セラミックには種類があり、費用にこだわるなら比較的安いハイブリッドセラミックがあります。また、セラミック治療は医療費控除の対象になるので覚えておきましょう。

「欠け」や「割れ」の事故が起こることがある

陶器であるセラミックは、あまり強い力で噛んでしまうと欠けたり割れたりすることがあります。充分な耐久性はあるものの、単純な強度で比較すればセラミックは金属である銀歯に劣ります。

<解消方法>
セラミックの中には耐久性の高さを特徴にしたものもあります。例えばメタルボンドやジルコニアセラミックなら耐久性が高く、奥歯でも安心して使用できます。

セラミックの種類とは

セラミックには次の4つの種類があり、患者さんは好きな種類を選択できます。ただし取り扱うセラミックの種類は歯科医院によって異なるため、ある歯科医院で治療を受けるとして、その歯科医院で全ての種類のセラミックを選択できるとは限りません。

オールセラミック

セラミックの中で最も審美性が高く、さらに最も機能性が高いタイプです。年数経過による変色も起こらないため、使用している間はずっとその美しさを維持できます。ただし、審美性も機能性も高い分だけ費用も高くなっています。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプです。材質的にレジンに近く、そのため年数経過による変色が起こります。他の種類のセラミックに比べて劣る点がありますが、その分費用が安いのでお手軽なセラミックです。

メタルボンド

見た目はセラミックですが、中身は金属のフレームになっています。このため金属と同じ耐久性の高さがあり、セラミックが割れてもフレームが無事なら修復も容易です。見る角度によっては金属が見えてしまうことと、金属アレルギーの対象になることが短所です。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドを使用しており、メタルボンド同様に耐久性の高さが特徴のタイプです。審美性はメタルボンドよりも高く、さらに金属アレルギーの心配もありません。このようにメタルボンドよりも優れた部分が多いですが、一方で費用が高い短所があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の長所と短所の説明についてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物をセラミックにする治療
2. セラミック治療の長所とは :審美性が高い、虫歯が再発しにくい、金属アレルギーの人でも使用できる
3. セラミック治療の短所とは :費用が高い、「欠け」や「割れ」の事故が起こることがある
4. セラミックの種類とは :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら4つのことから、セラミック治療の長所と短所の説明について分かります。セラミック治療には長所と短所があり、まずこれらをしっかりと把握しておきましょう。その上でセラミックの種類とそれぞれの特徴を理解し、自分に最も合ったセラミックを選択してください。