お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

ホワイトニングできないケースについて教えてください|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

ホワイトニングできないケースについて教えてください

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。今回のテーマは「ホワイトニングできないケース」です。ホワイトニングできないケースにおいては、2つのパターンを考える必要があります。

1つはホワイトニングの効果がない…つまり、ホワイトニングしても白くできないパターンであり、もう1つはホワイトニング自体をできない…つまり、治療を受けられないパターンです。そこで、ここではそれぞれのパターンについて説明していきます

ホワイトニングの効果がないパターン

ホワイトニングしてもあまり白くならない、もしくは全く白くならないパターンとして次のことが挙げられます。

神経が死んだ歯

神経が死んだ歯は黒く変色しますが、この場合はホワイトニングでもあまり白くなりません。ちなみに、神経が死ぬケースとしては虫歯の進行が考えられます。

詰め物や被せ物

例えば銀歯を白くするなど、人工物をホワイトニングするパターンです。人工物はホワイトニングできないため、この場合は材質を変えなければなりません。

テトラサイクリンで変色した歯

テトラサイクリンとは以前に子供の風邪薬でよく使用されていた抗生物質です。このテトラサイクリンの影響で歯が変色した場合、ホワイトニングしてもほとんど白くなりません。

…これらのパターンではホワイトニングしてもほとんど白くなりませんが、セラミック治療やホワイトコートなどで白くできるため、ホワイトニング以外の対処方法は存在します。

ホワイトニングの治療を受けられないパターン

明確な基準は定められていないものの、次のパターンに該当する人はホワイトニングを受けられません。

18歳未満の人

若い人は年齢的に歯が成長途中の段階であり、この時期にホワイトニングすると薬剤の刺激が歯にとって深刻なダメージになってしまいます。

重度の知覚過敏の人

ホワイトニングは薬剤の刺激によって知覚過敏が起こることがあるため、元々重度の知覚過敏の人にはホワイトニングはおすすめできません。

妊娠中、授乳中の女性

ホワイトニングの薬剤が胎児や母乳に影響があるかないかは現状解明されていません。このため、安全性を考えて妊娠中や授乳中の女性にホワイトニングはおすすめできません。

虫歯や歯周病がある人

虫歯や歯周病があってもホワイトニングはできますが、まずは虫歯や歯周病の治療が優先され、審美治療であるホワイトニングは後回しになります。

…ホワイトニングを受ける上での明確な制限は定められていませんが、これらに該当する人の場合、ホワイトニングできないと回答する歯科医院がほとんどでしょう。

ホワイトニングには種類がある

ホワイトニングでは、薬剤に含まれた過酸化水素や過酸化尿素によってエナメル質を構造変化させ、透明ガラス状態のエナメル質にマスキング効果をもたらして歯を白く見せています。この仕組みは同じですが、具体的な治療方法としては次の3つの種類があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行う方法です。薬剤も歯科医が扱いますから、そのため高濃度の薬剤を使用できます。薬剤の濃度が高いことで歯は早く白くなりますが、その分だけ後戻りするのも早くなります。

ホームホワイトニング

自宅で行う方法です。自分で薬剤を扱うため薬剤の濃度が低く、そのため歯が白くなるのに時間がかかります。ただし、その分だけ薬剤が歯にしっかりと浸透するため白さを長期間維持できます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方をあわせた方法です。このため最も効果の高いホワイトニングですが、その分だけ費用が高いのが欠点です。

ホワイトニング歯磨き粉について

ドラッグストアに行くと、ホワイトニング効果のある歯磨き粉が販売されていますが、市販のホワイトニング歯磨きと歯科治療のホワイトニングは全くの別物です。含まれている成分も異なるため、当然エナメル質の構造変化も起こりません。

対応できるのは歯の表面の着色や汚れのみで、象牙質の変色には対応できないため、イメージとしてはホワイトニングと言うよりも歯のクリーニングです。市販のホワイトニング歯磨き粉では、いくら歯を磨いても象牙質を白くはできません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングできないケースについてまとめます。

1. ホワイトニングの効果がないパターン :神経が死んだ歯、詰め物や被せ物、テトラサイクリンで変色した歯
2. ホワイトニングの治療を受けられないパターン :18歳未満の人、重度の知覚過敏の人など
3. ホワイトニングには種類がある :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング
4. ホワイトニング歯磨き粉について :歯科治療のホワイトニングとは別物で、象牙質の白くする効果はない

これら4つのことから、ホワイトニングできないケースについて分かります。まとめると、神経が死んだ歯や詰め物や被せ物をホワイトニングすることはできず、また18歳未満の人や妊娠・授乳中の女性はホワイトニングをおすすめできません。

つまりホワイトニングはどんな歯でも白くなるわけではないですし、どんな人でも治療を受けられるわけではありません。歯科医とよく相談し、本当にホワイトニングするべきかをよく考えてから治療を受けましょう。