お問い合わせはこちらまで
       

WEB予約

24時間WEB予約

       

お問い合わせ

045-642-6020

20代女性 神経に近い大きなむし歯を、MTAを使って神経を残して治療をした症例|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

20代女性 神経に近い大きなむし歯を、MTAを使って神経を残して治療をした症例

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム
相談内容 左下奥歯に違和感があり、たまにしみる。
診断結果 左下の奥歯2本に大きなむし歯が認められました。レントゲンで確認すると、どちらも神経近くまで進んでいる状態でした。
行った治療内容 歯の中の神経は歯に栄養を与える役割があります。
神経がなくなった歯は様々なトラブルを抱えることになり(痛みを感じないため虫歯になっても気がつかない、歯が脆くなってしまう、根の先に膿ができやすくなるなど)、寿命もかなり短くなってしまいます。
神経を残すことは「歯の寿命を伸ばす」ことにつながります。
今回治療した2本の歯は虫歯を削ると「神経が少し出てくる」状態でした。
その部分をMTAという薬剤で一層保護し、その上にグラスアイオノマーという薬を充填した状態でしばらく様子を見ることにしました。
2週間ほどおいて症状もなかったので、ハイブリッドセラミックを詰めて治療を完了しました。
このケースの治療期間、おおよその費用 治療期間は約1ヶ月。MTAは保険適応外で¥3,000(税別)、ハイブリッドセラミックも保険適応外で1本¥30,000(税別)となります。
術後の経過や現在の様子 現在治療を完了してから5年ほど経ちますが、症状もなく経過は良好です。
治療のリスクについて MTAはすべての症例で使用できるわけではありません。
MTAを使用する際の条件として「痛みなどの自覚症状がない、もしくは軽度である」、「レントゲンでみた時に虫歯が神経まで進行していない」、「虫歯を削った時に神経が出てこない、もしくは出てきても範囲が少ない」といったことがあげられます。
実際に虫歯を削った時の状態で判断し使用させてもらいますが、治療後に痛みが継続し引かない場合や、数ヶ月から数年かけて神経が死んでしまうこともあります。
残念ながらそういったケースでは神経を取らざるをえません。
MTAを使用する症例は、歯の中の神経にかなり近いところを削って詰めることになります。
そのため、治療当日に麻酔が切れてから一時的に痛みが出ることや、治療完了後に「冷たいもの、熱いものがしみるようになった」と言われることもあります。
今回は患者様のご希望でハイブリッドセラミックを詰めて治療完了しました。
ハイブリッドセラミックは強度があまり高くないため、奥歯に使用した場合に欠けてしまうこともあります。
また、時間の経過とともに変色もしてきます。
痛みが出てからの虫歯治療は神経をとらなければならないことも多いです。
当院では、歯の神経をなるべく残すことを目標に治療を行っております。
そのためには定期的に検診を受けていただくこと、虫歯ができたらなるべく早めに虫歯治療をすることが重要です。

治療前

治療後