お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

審美歯科|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

審美歯科

ふかい歯科クリニックの審美治療

「せっかく治療するのであればキレイに、長持ちさせたい」と思いませんか?
もちろん、治療する側である当院も同じ思いで治療をしております。

しかし、保険の範囲内での治療をしようとすると、力の負担がかかる奥歯の大きな虫歯治療の際の詰め物やかぶせ物となると、どうしても『銀歯』での修復が必要となります。
また、前歯のかぶせ物(いわゆる差し歯)や、神経治療したあとの歯を補強するための土台などにも金属は使われます。

保険診療で使用される金属はさまざまな金属を混ぜた合金であり、純粋な金属ではありません。
したがってプラークなどの汚れが付きやすく、そこから二次虫歯や歯周病につながることが多いのです。

また、金属の詰め物やかぶせ物は直接歯とくっついてはくれません。
接着剤によって歯に『はまっている』程度なのです。
この接着剤は時間が経つと少しずつ溶けるため金属は外れやすいのです。

大倉山のふかい歯科クリニックが勧める治療『メタルフリー』

保険治療での前歯の『差し歯』は金属の表面にプラスチックの素材を盛って作られています。
かぶせた当初はある程度きれいですが、少しずつ色が変化してしまいます。
さらに、金属+プラスチックの二層構造であるため表面のプラスチックが欠けやすく、根元の歯茎が黒くなることもしばしばあり『強度』『審美』のどちらをとってもあまり良いものとはいえません。
金属はご自身の歯よりも硬い素材です。
神経を取ったあとの『弱い歯』にそれよりも硬い金属の土台で補強することは歯が割れる原因になり、歯の寿命を縮めることにもなります。

これでは、患者様が望む「キレイで、長持ちする」ような治療とは程遠いですよね。

以上のようなことから大倉山のふかい歯科クリニックでは金属を使わず、セラミックを使用した『メタルフリー』(保険適用外)の治療をおすすめしております。

メタルフリー治療の特徴

セラミックは天然の歯と区別がつかないほど自然に仕上げることができます。
また、プラスチックのように色が変化することはありません。
金属と比べるとプラークなどの汚れが付きにくいため、二次虫歯や歯周病の予防にもつながります。
さらには、耐久性もあるため奥歯に使用しても欠ける心配がほとんどありません。
つまり、すべての歯でオールセラミックを用いた治療が可能なのです。

このように、ただキレイなだけではなく、治療後の『予防』も考えたうえでの『審美治療』を大倉山のふかい歯科クリニックではおこなっております。

もちろん無理やりセラミックの治療を押し付けるようなことはしませんし、保険診療もおこなっておりますのでご安心ください。
きちんと説明をさせていただき、それを良く理解したうえで患者様ご自身で決めていただければと思います。

オールセラミックを用いた審美治療

オールセラミックを用いた治療は、以下に当てはまる方におすすめです。

  • 銀歯を白いものに替えたい
  • 前歯の差し歯の色が変わってきた
  • 前歯の差し歯の根元が黒いのが気になる
  • 虫歯になりにくい材料で治療したい

大倉山ふかい歯科クリニックのオールセラミック治療の症例

以下の写真は、大倉山ふかい歯科クリニックのオールセラミック治療の症例です。
もともと他医院でメタルセラミックをいれていた患者様の上顎前歯を、オールセラミックに変更したものです。

メタルセラミックだと歯の根元にメタルの部分が見えてしまったり、歯茎の色が変色してしまいますが、
オールセラミックであれば、歯の色や透明感が自然で、より本来の歯の色に近いのが分かります。

こちらの症例は、患者様の他の歯の色に合わせてオールセラミックで作成した差し歯です。

症例1

治療前
症例1-1

治療後
症例1-1

症例2

治療前
症例2

治療後
症例2

症例3

治療前
症例3

治療後
症例3

症例4

治療前
症例4

治療後
症例4

また、せっかく前歯に綺麗なオールセラミックをいれるのであれば、やっぱり他の歯も白く綺麗な歯にしたいですよね。

大倉山のふかい歯科クリニックでは、オールセラミック治療とホワイトニングを掛け合わせた治療もおこなっております。
オールセラミック治療とホワイトニングを掛け合わせた治療はこちらからご覧ください。

治療ステップ

  1. 古いつめ物やかぶせ物をはずし、虫歯になっていたら虫歯を除去する
    (根の治療が必要な場合は根の再治療をおこないます)
  2. 型を取る(仮の歯が必要な場合は仮歯をいれます)
    ※このステップで技工士さんに立ち合ってもらい、色やかたちを確認します
  3. オールセラミックのつめ物、かぶせ物をして完了

以上が大まかな流れになります。

最短2回で完了しますが、根の治療や、全体的な治療などが必要な場合、治療内容によっては長い期間がかかることもあります。治療期間が長くなる場合は仮の歯を入れますので見ためが気になるということはありません。

以前のセラミック治療の主流は『メタルセラミック』というものでした。
メタルセラミックとは金属の表面にセラミックを焼き付けたものです。
オールセラミックはセラミックのみでできていますが、メタルセラミックは金属+セラミックという構造になっています。

メタルセラミックの欠点

  • 表面のセラミックが欠けやすい
  • 色の変化はないが、透明感のない暗い色になる
  • 根元の歯茎が黒くなる

上記の理由から、当院では『メタルセラミック』はほとんど使用しません。
しかし、何本か天然の歯を失ったかたで多数のかぶせ物をつなげなければならない時や、入れ歯の金具をかける歯にかぶせ物が必要なときにはメタルセラミックを使用します。

ふかい歯科診療時間表
ふかい歯科診療時間表