20代女性 ホワイトニングと前歯の被せものをセラミックに変えた症例

患者 20歳 女性
主訴 ホワイトニングをしたい。前歯の被せものもきれいにしたい
診断 歯の変色と歯肉炎が全体的に認められる。前歯の被せものが不適合で変色も認められる。
治療内容 歯肉炎の治療(保険適応)後、歯のホワイトニング。その後、被せものをセラミックへ。
このケースの治療期間、おおよその費用 歯肉炎の治療は保険適応で、2回で終わりました。ホワイトニングはホームホワイトニングを希望され、期間はおよそ2週間、費用は¥35000。セラミッククラウンは2本で¥200000。(税別)
治療後の状況 歯茎の炎症が引いて、ご自身の歯の色も白くなり、前歯の被せものもきれいになりました。
治療のリスク 歯肉炎に関しては普段のブラッシングを怠ると再発してしまいます。正しいブラッシングと定期的なメンテナンスが重要になります。また、ホワイトニングの効果も永遠に持続するわけではありません。変色が気になったら定期的にホワイトニングをすることをお勧めします。
個人差がありますので、必ずしも思っていた効果が出るとは限りません。また、ホワイトニングをしている期間は知覚過敏の症状が出やすいです。
セラミックの被せものについては以前の症例のところでも触れておりますのでそちらを参照してください。

治療前

治療前

治療後

治療後

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。