20代男性「左下の奥歯がしみたり、痛みを感じたりする」MTAセメントで歯の神経を保護してジルコニアインレーで修復した症例

治療前

治療後

相談内容 「左下の奥歯が冷たいものでたまにしみたり、噛んだ時に痛みを感じたりする」とご相談いただきました。
診断結果 視診とレントゲンで確認したところ、金属の詰め物の下が虫歯になっていて、歯の神経のかなり近くまで虫歯が進行している状態でした。
行った治療内容 治療には「MTAセメント」を使用して歯の神経を保護し、ジルコニアインレーにて修復しました。
検査の後で「歯の神経を残すこと」の重要性、MTAセメントについてご説明したうえで治療に入りました。

虫歯を慎重に削ってみると歯の神経が少し出てくる状態でしたが、炎症がなかったことから、神経を残せると判断しました。
MTAセメントで神経が出てきた部分を塞ぎ、その上を「ベースセメント」というお薬で充填(隙間や空所にものを詰めて塞ぐこと)し、2週間ほど経過観察をしました。
特に痛みなどの症状がなかったため、神経を残した状態で治療を進めました。

患者様はセラミックの詰め物を希望されたため、「ジルコニアインレー」で修復し治療完了となりました。

虫歯を削った時に歯の神経がたくさん出てしまうと神経を残すことが難しくなります。今回のような大きな虫歯の場合「より慎重に」、「より丁寧に」治療をし「歯の神経を残す」ことに注力しました。
また、患者様の「噛むちから」がかなり強いことから、セラミックに関しても硬い素材である「ジルコニア」を選択しました。

治療期間 およそ1か月
おおよその費用 103,000円
内訳:MTAセメント3,000円、ジルコニアインレー100,000円(1本50,000円)
術後の経過や現在の様子 治療後1年が経過しましたが経過は良好です。「見た目もきれいになった」と喜ばれています。
治療のリスクについて ・MTAセメントを使用して治療した直後は「虫歯を深いところまで削った刺激」により、痛みが一時的に出ることがあります。

・個人差もありますが、かなり深いところまで治療しているので治療完了後も「冷たいものや熱いものがしみやすい」、「硬いものを噛んだ時に少し痛みを感じる」などの症状を伴うことがあります。

・MTAセメントを使用したからといって必ず「歯の神経」を残せるわけではありません(臨床上の成績から90%程度だと思われます)。

・ジルコニアインレーはセラミックの中では1番硬い素材ですが、それでも割れたり欠けたりすることがあります。

これらのリスクに関してはあらかじめ患者様に十分ご説明したうえで治療を行っています。

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。