50代女性「左下の被せものを治したい、左側でも噛めるようにしたい」インプラントとセラミックで治療した症例

治療前

治療後

相談内容 「左下の被せものを治したい。左側でも噛めるようにしたい」とご相談いただきました。
診断結果 診察したところ、左下の奥歯(大臼歯2本と小臼歯1本)3本がなく、延長ブリッジになっていて、しかも表面が剥がれて中の金属が露出している状態でした。
行った治療内容 左下の延長ブリッジを外し、支えになっていた2本の歯をそれぞれ単独でセラミッククラウンにしました。さらに奥の3本歯がない部分にはインプラントを2本使ってセラミックのブリッジにしました。

今回のケースでは反対側(右下の奥歯)も奥歯がなく、入れ歯が入っていました。患者様は「右側は入れ歯のままで、左側のみ改善したい」とご希望されました。

そのため、治療の選択肢として次の3パターンをご提示しました。
①左側も入れ歯にする②新たに延長ブリッジを作り直す③左側にインプラント(最低2本)を使用する
それぞれのメリット・デメリットをご説明したところ、患者様は③を選択されました。

奥歯にインプラントを使用することで「残っている歯」と「右側の入れ歯とその支えの歯」に対する「力の負担」を軽くすることに特に注力しました。

治療期間 およそ3ヶ月
おおよその費用 1,160,000円
インプラント治療(インプラント2本とセラミックブリッジ)で940,000円、手前のセラミックの被せもので200,000円
術後の経過や現在の様子 治療後1年が経過した現在、経過は良好です。「見た目もきれいになった」と喜んでいただいています。
治療のリスクについて インプラント治療後はメンテナンスが特に重要です。「かみ合わせ」、「インプラント周囲の清掃状態や歯ぐきの状態」、「動揺があるかないか」などを定期的にチェックする必要があります。
天然歯が歯周病になるように、インプラントもメンテナンス、歯ブラシを怠ると歯周病になります。全ての治療に共通することですが、「お金をかけたから大丈夫」ということはありません。
ココシカバナー

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。