40代女性「前歯に違和感を感じる」オールセラミックとノンクラスプデンチャーで治療した症例

治療前

治療後


相談内容 「前歯に違和感を感じる」とご相談いただきました。
診断結果 診察したところ、上の前歯には2本つながっている被せ物がしてあり、左側の前歯は被せ物の下が虫歯になっていて、歯ぐきの中深くまで進行している状態でした。
レントゲンにて確認したところ、この歯は抜歯が必要な状態であることが分かりました。
行った治療内容 今回は患者様のご希望で、左上の1番前の歯のみを抜歯しました。抜歯した場合の処置として、①インプラント治療②ブリッジ③入れ歯の3種類がありますが、今回の患者様は右側の歯も状態は良くありませんでした。
そのため、①~③の治療法の特徴を以下のようにご説明しました。
①インプラントにする場合…右側の歯も抜歯して2本インプラントにした方が良い(ここでの詳細は省きます)
②ブリッジにする場合…右上の前歯の状態が良くないこと、左側の2番目の歯をかなり削る必要がある
③入れ歯の場合…取り外しのわずらわしさや、装着時の違和感が他の2つの方法よりも大きい

患者様は『右側の歯の状態が良くないことは分かったが今は抜きたくない』、『健康な歯は削りたくない』、『なるべく見た目が目立たない方法が良い』とのご希望でした。
治療法のご説明と、患者様のご希望をすり合わせた結果、『右側の1番前の歯をオールセラミックにて被せ直し、抜いたところはノンクラスプデンチャー(金具のない入れ歯)を入れる』という治療に決まりました。

『抜歯しなければいけない歯』、『治療の種類によって抜歯した方が良い歯』、『患者様のご希望により残す歯』、『状態が良くない歯をどうしたら少しでも長くもたせることができるか』など、何回も丁寧なカウンセリングをし、治療を決定しました。

治療期間 およそ9か月
おおよその費用 250,000円

〈内訳〉
オールセラミッククラウン…100,000円
ノンクラスプデンチャー…150,000円

術後の経過や現在の様子 治療直後は『入れ歯をつけていることの違和感』などがありましたが、今はだいぶなじんできたとのことで、金具がないので目立たないのが嬉しいとご満足いただいています。
治療のリスクについて ・ノンクラスプデンチャー(金具のない入れ歯)も『入れ歯』です。保険の入れ歯と違い『金具』がないため、今回のような審美的に影響が出る部位には良く使用しますが、保険の入れ歯よりも少し大きくなります。

・『入れ歯を支える歯』にはどうしても負担がかかります。今回のケースのように入れ歯を支える右側の前歯があまり良い状態でない場合、『長期的な予後』を確実に期待することはできません。(今回の患者様にもこの点を丁寧にご説明し、十分にご理解された上で選択されました。)

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。