60代男性「左下の奥歯が痛くて入れ歯が合わない」ノンクラスプデンチャーで治療した症例

治療前

治療後


相談内容 「左下の奥歯が痛くて入れ歯が合わない」とご相談いただきました。
診断結果 診察したところ、左下の1番奥の歯が歯周病によりグラグラしており、ご使用中の入れ歯が合っていない状態でした。
行った治療内容 左下の奥歯の抜歯し、下の歯は左右ともに3本ずつ奥歯がなかったため、「ノンクラスプデンチャー(金具のない入れ歯)」にて治療しました。
患者様は上の歯にもノンクラスプデンチャーを使用していたため、初めから下にもノンクラスプデンチャーをご希望されていました。
この治療で特に注力したポイント この患者様はかみ合わせが反対咬合(上と下のかみ合わせが逆)で、しかも上の歯の並びもあまり良くありませんでした。
そこで「上の歯の被せものなどをやり直して、ある程度上の歯の状態を整えてから下の入れ歯を作らせてほしい」とご提案しましたが、患者様は「上の歯はいじらないで下だけ治療してほしい」とのご希望でした。

そのため、反対咬合の状態で「目立たなく装着感が良くて、ある程度噛める」入れ歯を作るための設計や型取り、かみ合わせの取り方などに特に注力しました。
また、かみ合わせや歯並びがあまり良くない状態で作る入れ歯はあまり大きな期待ができないことを、事前に丁寧にご説明し、きちんとカウンセリングを行いました。
治療期間 およそ3か月
おおよその費用 ノンクラスプデンチャー250,000円(診断、型取り、かみ合わせ、装着、調整などすべて含みます)
術後の経過や現在の様子 「金具がある保険の入れ歯」と違って金具がないため、目立たずに見た目も良いとご満足いただいています。また、装着感も良く、思っていた以上に噛めると喜んでいらっしゃいます。
治療のリスクについて ノンクラスプデンチャーは『目立たない』、『装着感が良い』、『しっかり入り、揺れも少ないため保険の入れ歯よりも噛める』というメリットがあります。

しかし『入れ歯』であることに変わりはありません。
しかも今回のように『両方の奥歯がない場合の入れ歯』は支えている歯に負担がかかるため、結果としてその歯の寿命を短くなるというデメリットもあります。

また、インプラントやブリッジと比べると『噛むちから』が劣るため、『なんでも気にせずに噛める』わけではありません。長期間使用することで支えている歯ぐきもやせてくるため、『入れ歯と歯ぐきの隙間』も徐々に大きくなり、調整が何回も必要になるケースもあります。
ココシカバナー

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。