40代女性「上の前歯の色と根元の黒ずみが気になる」古い被せ物(メタルボンド)を外して虫歯の治療をした後、ジルコニアクラウンで修復して自然な歯の色味を回復した症例

治療前

治療後

 

相談内容 「上の前歯の色と根元の黒ずみが気になる」とご相談をいただきました。
診断結果 診察したところ、上の前歯は右側の犬歯(3番)から左側の側切歯(2番)まで、歯の土台が金属で外側だけセラミックの「メタルボンド」による被せ物(クラウン)で、透明感がなく、不自然な色味でした。
また、歯ぐきと歯の境目は土台の金属が見えて黒くなっており、見た目が悪くなっていました。

被せ物を外して確認すると、中は二次虫歯になっており、虫歯の治療と被せ物の作り直しが必要でした。

新しい被せ物の素材について患者様にヒアリングした結果、「長持ちするもので、自然な白さのものがいい」とご希望されました。
行った治療内容 まずは虫歯を取りきり、患者様のご希望に沿って、耐久性が高く白さと透明感が天然歯に近い「ジルコニア」で1本ずつ被せ物を作り直す治療方法をご提案したところ、ご了承を得ましたので治療を進めました。
治療期間 約2ヶ月
治療回数 約7回
おおよその費用 約455,000円(税別)
術後の経過や現在の様子 治療後から現在まで、ジルコニアクラウンは問題なく使用いただけており、仕上がりも周囲の歯と違和感がない自然な色味の歯になり、患者様にもご満足いただけています。

上の前歯が白くきれいになったことから、その後 「下の歯をホワイトニングで白くしたい」と患者様からご希望があり、ホワイトニング治療に進みました。
治療のリスクについて ・ジルコニアクラウンは強い衝撃を受けると、割れてしまう可能性があります。
・メンテナンスを怠ると、再度虫歯になる可能性があります。
クリニックより 前歯の着色や色味が気になるなど、歯の見た目でお悩みがある際は、気兼ねなくご相談ください。

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。